カテゴリ:お知らせ( 31 )

栗やさんのホームページに

栗のシーズンにはちょっとした業者のように渋皮煮を仕込むわが家。
仕込むその量毎年5~6キロ。
でもなぜか甘露煮は作ったことがありません。
きれいに作れる自信がないから!

e0105846_10290008.jpg
※栗の甘露煮だけではなく、黒豆も、金柑の蜜煮も「自然栗本舗」のもの。
それらを詰めればそれらしく見える!らくちんおせち作りです。


そんなわけでおせち作りのシーズンには
お世話になることが多い「自然栗本舗 熊木産業」さん。
この度ホームページをリニューアルされたようで、
うれしいキャンペーン展開中です!
会員登録をしてお買い物をすると、もれなく
自然栗(渋皮煮)をもらえるそうです。

そのホームページで、2月に出版させていただいた「ひぐま家ごはん日記」を
ありがたいことに紹介してくださいました

e0105846_10164805.jpg

なぜなら、表紙にこちらの栗が写っているから!

e0105846_10165180.jpg

これです。
保存の効く瓶詰の甘露煮を常備しておくと、
急なおもてなしにも大活躍なのです。

豆乳わらび餅のレシピはこちらの本でも紹介しています。




暮らし上手、育て上手の ひぐま家ごはん日記

ひぐまあさこ/KADOKAWA



わが家の普段ごはんやお弁当、そしておもてなしやハレの日のごはん
そういった日常の中にあるごはんを
家族のエピソードと共にたくさんご紹介しています。
お弁当グッズの手づくりページも、
キッチン収納といった実用ページもあります。
今日のごはん何にしよう・・・と迷ったときなど
お役に立てたらうれしいです。


e0105846_10560949.jpg

追記
「自然栗本舗」さんの隠れた人気商品「ゆずバター」の瓶は
コロンとした形がかわいく、蓋に印字などもないので
こんな風に保存瓶としてだとか、
おすそ分け用の瓶としても活用しています。
もちろん栗の瓶もシロップ入れたりと大活躍です。
瓶がかわいいと、使用後も楽しめるので嬉しい限り。
本来捨ててしまうものが活用できると
なんだか得した気分になります。



[PR]
by higumake | 2017-04-12 00:00 | お知らせ | Comments(0)

「ひぐま家ごはん日記」発売中です

「ひぐま家ごはん日記」が発売されました。
が、私はまだ書店で並んでいるのを見ていないので実感がありません。
前著は、うちの近所の書店にはなかなか並ばず、
そのうち気づいたら棚ざしされ、一年後くらいに平積みされていたりと
不思議な動きをしていました(笑)。

e0105846_13071945.jpg

表紙に選ばれていたこちらのチキンライス。
塩麹に漬けておいた鶏もも肉をニンニクと生姜とともに茹で
そのゆで汁でごはんを炊くだけで簡単に作れます。
さらにうれしいのは、ゆで汁はスープにも活用できること。
本では誌面の都合でスープの部分が切れてしまって見えないのだけれど、
こんな風に手でちぎったキャベツを入れて少し火にかけ、
塩やナンプラーで味を調えれば、スープも出来上がります。

e0105846_9545434.jpg

こちらは12月に行われた撮影の日の様子。
娘には演技指導も付きました(^-^)
写真は物撮りしてくださっているカメラマンさんと
自分の分の撮影を終えくつろぐ娘の図。

e0105846_11053081.jpg


表紙案はいくつかあって
この左上の写真一枚を使ったデザインのものもありました。
この写真、左側で娘は、
麦茶をグラスに注いではポットに戻しとやっていて
テイク6くらい撮ったと思います。

発売日が途中で前倒しされたので、最後はスケジュールに追われ
おせちを作りながらゲラのチェックをしたりと大変ではあったのですが、
本つくり、今回も楽しかった!というのが正直な感想です。

ごはん作りに悩める全国の母達と共感しあえ、
日々のごはん作りのお役に立てますように・・・。
それができたら、これ以上うれしいことはありません。


ご興味のある方は、店頭やネット書店で眺めていただけたらうれしいです。

「amazon」で見てみる 「楽天ブックス」で見てみる

kindle版があるようなので、間違えないようにお気を付けくださいね。



[PR]
by higumake | 2017-02-02 22:00 | お知らせ

見本誌が届きました。

2月2日の発売を前に、見本誌が届きました。
e0105846_10135542.jpg

私が最後に見せてもらったものは、
印刷されたばかりのさらっとした紙質の表紙。
その後そこにつやっと加工(本当の名前は違うが失念)がなされ、
そうして出来上がった表紙は、キッチンで多少水がかかっても大丈夫そうです!

本の中には、ブログ内で検索の多いものをたっぷり詰め込みました。

ローストビーフ、鶏ハム、チャーシュー、
梅シロップに、秋刀魚ごはん、塩豚ポットロースト
牡蠣ごはんや牡蠣のオイル漬け、
塩麹から揚げもあるし、きつねちらしやイクラの醤油漬けも
誕生日ケーキのタルトからお手軽おやつわらび餅
餅ピザにおせち料理にお雑煮レシピなどなども入っています。

もう検索のお手間は取らせません(^-^)!

日々のごはんのつたない写真は私が撮りましたが、
コラムや季節ごとの扉の写真は
暮らしの本界で有名な方に撮っていただきました。

e0105846_10111232.jpg

さらに本のデザインは、大大大好きで全巻持っている
大橋歩さんの雑誌を担当されていたデザイン事務所にお願いすることができました。

e0105846_16315232.jpg
隣の家のごはんをのぞき見するように、楽しんでいただけたらと思います。
「amazon」で見てみる 「楽天ブックス」で見てみる
どうぞよろしくお願いいたします。

※パソコン?wi-fi?とにかくどこかのマシーン(←アナログ笑)の調子が悪いらしく、
たびたび突然ネットが切れてこのお知らせも一度きれいさっぱり消え書き直しました・・・
昨年、家電が次々壊れる惨事に見舞われ家電貧乏の我が家ですが
それ、まだ続いているのでしょうか・・・涙

[PR]
by higumake | 2017-01-27 12:00 | お知らせ

「ひぐま家ごはん日記」 出ます!

「料理は嫌いじゃないのよね。でも好きか?と聞かれたら、好きとは言えない、
言いたくない(笑)!毎日じゃなければいいのにね・・・」

これは私がまだ子どもだった頃、大勢のお客様料理に腕を振るっていた母がふと漏らした言葉。
料理上手な母がそうつぶやいたことに当時は驚きましたが、母には及ばないけれど、
今同じ立場にはなって、その気持ちがよーくわかる私です。

そう!ごはん作り、せめて毎日じゃなければいいのにね、と。
e0105846_08414909.jpg


たまに愚痴をこぼしながらも、それでも続けてきた毎日の食事の準備。
そんな日々のごはんの記録が本になりました。

テレビや雑誌や書籍のお料理より、
ときには友達の家の晩ごはんの方が参考になる、ということがあります。
そんな風に、わが家のリアルごはん日記とそのレシピが、
言ってみれば「毎日がネタ切れ!」の食卓の一助となれば
とてもとてもうれしいです。


内容は・・・
「これでいいんだ!」と全国の母たちを脱力させたお弁当や
検索件数の多い塊肉料理「鶏ハム」「チャーシュー」や「塩豚のポットロースト」等
(↑私もいちいち自分のブログを検索して作っていた(^-^)
秋刀魚ごはんに、牡蠣のオイル漬けや持ち寄りおかず
お正月やクリスマスのテーブル、青梅や新生姜などの季節の仕事
その他、大学芋から誕生日ケーキまで、おやつのレシピもいろいろです。

さらに、うちのキッチンの間取りや
台所仕事の工夫などのコラムもいくつか挟んでおります。

e0105846_08523249.jpg

※図もキッチン眺めながら自分で起こしました。
すべて書き下ろし、写真もいくつかを除いてほぼすべて撮り下ろしましたので、
また新鮮な気持ちで眺めていただけるのではないかと思います。

e0105846_08415238.jpg
もう買っちゃう!というありがたくも稀有な方のために
こちらにリンクを張っておきます。

「amazon」で予約  「楽天ブックス」で予約

最後に・・・
こんな本を出させていただけるのは、
いつもブログを見てくださる皆様のおかげです。
この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございます!
本は2月2日に発売予定です。よろしくお願いいたします。

e0105846_9254016.jpg


毎日のごはん作りは決して楽な仕事ではありません。でも、
誰かのためにごはんを作ることは、
誰かの生きる力にはなっている、と思っています。


[PR]
by higumake | 2017-01-20 17:20 | お知らせ | Comments(68)

赤すぐみんなの体験記

『家しごとがもっと楽しくなるノート術』
のページが紹介されました。

e0105846_9392162.jpg
ひとって悲しいかな、これいいな~とその時は思っても
そのコトやモノをけっこう忘れてしまうもの・・・。
それを忘れないで次に生かす
それを活用して生活をより楽しくするために
それぞれの家のノート術は、どうやらあるようです。

家事も、家計も、子育ても・・・みんなのアイデアが満載! 家しごとがもっと楽しくなるノート術

家しごとのノート研究会(編集)/KADOKAWA




[PR]
by higumake | 2017-01-17 09:00 | お知らせ | Comments(0)

「家しごとがもっと楽しくなるノート術」

この度、表題の書籍にちょこっとだけご協力させていただきました。
「なにかノートつけてますか?」
「はい、いろいろ ちょこまかと・・・」
昔からメモ魔だったことは確かです。なぜなら、
わーすごい!うーん、考えさせされる・・・。これ、おいしい。
感動してもすぐに忘れてしまうから。

e0105846_941687.jpg

だからささっとメモしておく。
いいな、と思ったものは、時にあやしいくらいに
じーっくり観察して頭に記憶させておく。
そして帰宅後すぐにアウトプット。

そしてそれらをヒントにモノを作ってみたり、
おいしかったものに関しては、
家族や友人たちと分け合いたいなと言う気持ちがあるのだと思う。
その方が単純にうれしいから。

そうして書き続けてきたメモノート、
どのページが採用されるのかは誌面のチェックまでは知らされず。
あ、このページが採用されたんだ!と私も楽しかったです。

自分が読んで使うものなので、
読みづらいところもあるかと思いますが、
他のページも一部、こちらでお見せします。

e0105846_942033.jpg

2006年!長男幼稚園時代のもの。
よくママ友たちとごはんの持ち寄り会をしていました。
みんな、子連れでの外食が大変な時期で
その分家ごはんを充実させていたんだと思う。なつかしい。
あの園児たちが、今ではもう高校生だ!

e0105846_9434921.jpg

デザートも真似っこして作ってみたりしました。
あんことパンナコッタを合わせるなんて、
自分では思いつかない。

e0105846_9435029.jpg

e0105846_9435022.jpg

この二つは、「アフタヌーンティー」で頂いたもの。
当時かなりオサレに感じていたカフェ・・・
次男も4歳になり、外でもおとなしく食べられるようになったので、
たまにいっしょに出かけていただくこんなカフェごはんが、
本当に、ほんとうに幸せで、リフレッシュになっていました。

e0105846_10061704.jpg

サラダちらしはその後、家でもたまに作っていました。


e0105846_9435153.jpg

斬新な盛り付けのスープ。これはまだ試していません。

e0105846_9435024.jpg

食べ物じゃないけれど、
お店のテーブルにあって、すてきだなと思ったものも書き留めたり。

e0105846_9434967.jpg

「無印良品」のカフェも、お惣菜のヒントがたくさんです。
ここで知って、その後作り、わが家の定番になったものも数知れず。


e0105846_9435033.jpg

こちらは比較的最近のメモ。
「星野珈琲」のモーニングです。

娘と早朝家出(笑)をしたときにいただいたものです。
この日は息子に腹が立ち、家出をしてみたわけですが、
これがおいしかったのでなんだか怒りも収まってしまい。
同じテーブルでパンケーキを朝から食べた娘と
おいしかったね~幸せだね~と帰路は大変ハッピーだったという・・・。

やはり、おいしいものってダイレクトに
人を幸せにしていくんだな、と思った。

e0105846_9435161.jpg

10月31日発売です。
料理関係のみならず、
育児に家計に日々のスケジュール管理に
他の方々のノートがとてもおもしろいです。

皆、もとは人に見せるために描いているわけではないものでしょうから、
ちょっとのぞき見の楽しがあるのかもしれません。

みな、それぞれの場所で
バタバタしつつも工夫を重ねて、
日々を生きているんだな~がんばっているんだな~と
そういうことを感じられるだけでも、
ちょっとやる気が出てくるというものです。

ご興味のある方はぜひ、本屋さんで手に取ってごらんになって見てください。

[PR]
by higumake | 2016-11-04 00:00 | お知らせ | Comments(12)

「朝の瀬戸内ゆずバター」

「自然栗本舗」さんから新発売の「朝の瀬戸内ゆずバター」。
これがおいしいのです!

e0105846_10473395.jpg

トーストに塗って良し、デザートにトッピングして良しの
フルーティーな万能バター。
ジャムといったほうがいいかしら。
わが家では今日も朝食にいただきました。
ホームページでもご紹介させていただいています。

「朝の瀬戸内ゆずバター」の楽しみ方

e0105846_10473545.jpg

シンプルなパッケージで、贈り物にも最適。
ご興味ある方はぜひ!

[PR]
by higumake | 2016-07-08 00:00 | お知らせ | Comments(0)

エキサイトの「暮らしノート」に

エキサイトブログの暮らしサイト
「暮らしノート」に、わが家の写真整理が掲載されました。

次男が生まれるまでは、随時作っていたものの
よくある話だけれど、次男が生まれてぱったり途切れたアルバム作り・・・。

そんなアルバム作りをEmiさんの本をきっかけに再開したわけですが、

e0105846_10151261.jpg


いかん、また写真が溜まっております・・・。
簡単に続けられるはずだったのだけど(^-^)

e0105846_10150598.jpg


でも、トライ&エラーを繰り返し、
この方法が一番簡単だとは胸を張って言えるので、
そう自分にも言い聞かせ、またまとめておきたいと思います。
小学校に入ると、自分の小さな頃の写真を持ってきて、と突然言われることもありますから。



[PR]
by higumake | 2016-01-16 10:30 | お知らせ

「nid」42号

ニッポンの イイトコ ドリ を楽しもう。
が、キャッチコピーのすてきな雑誌「nid」
そんなにすてきではない「うちの収納」が掲載されました(^-^)

e0105846_12101440.jpg

だいたいこんなかんじで・・・と聞かされていただけで、
あとは当日お話ししながら、ここも撮らせて、ここもいいですか?という
抜き打ちテスト的取材でしたので、
当日は、ええ~!そこも~!と驚きながらの撮影でした(笑)。

雑誌の中身は
それぞれの方らしいおうちの中身をたくさん見ることができて、
とても興味深かったです。
目の保養にもなりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真の観葉植物。何年か前に100円で買ったものだったのだけど、
枯らしてしまい、今年の3月までは丸裸だったもの。
もうだめかな・・・とベランダにほったらかしになっていたのだけど、
そこにかすかな命を感じ、
鉢植えに移し変えて水をあげていたら、
なんとひと夏超えた時にはこんなに元気になっていたの!
もうほんと・・・植物の生命力にはかなわない。
そのエネルギーを分けてほしいと、切実に思います。



[PR]
by higumake | 2015-11-20 12:00 | お知らせ

「PHP くらしラク~る♪」

PHPから出ている「くらしラク~る♪」という雑誌にわが家が掲載されました。
私自身初めて読む雑誌だったのですが、
内容いっぱい!読ませる生活情報誌ですね。
今回のテーマは今ブームともいえる「持ちすぎない暮らし」。

e0105846_1181010.jpg

我が家の場合、リビング・ダイニング・和室に物が出ていないだけで、
押入れやクローゼットなどの収納の中には、実は物がいろいろ詰まっています。
だから決して「持たない」暮らしってわけじゃない。
だからこの、「持ちすぎない」っていうのがちょうどいい感じです。

e0105846_1172542.jpg

しかし、片づけや収納関連の本、これでもか!これでもか!!って出てきますね。
でも人間すぐに忘れてしまう生き物なので、これでもかと出てくる本を手に取るたび、
そうそう!そうだった、だから片づけがいいんだ!と思い出し、
部屋の片付けを始めたりしています。

「お金を貯める一番の近道。
それは家をキレイにすることです。」

そんなコラムもあって、思わず読んでしまいました(^-^)

最近は整理収納アドバイザーなる方々も日々生まれているようで、
片づけに需要があるのだなあ。

物を手に入れることが幸せだった時代が過ぎ、
今は、必要なモノを選び、好きなモノだけに囲まれて暮らすことこそが幸せ
という価値観への転換期と言えそうです。

e0105846_15265686.jpg

[PR]
by higumake | 2015-11-10 10:00 | お知らせ