カテゴリ:日々のくらし( 602 )

ブログ終了します。今までありがとうございました!

パソコンの調子が悪いついでに、ブログからも遠ざかっていたのですが、
どうやら無線LANの調子が悪いようで、息子からもその指摘。
ついにネットにつながらなくなってしまったので、
只今試行錯誤して、無線から有線に変えて久々の更新です。

e0105846_8462152.jpg

新年度が始まって、自分を取り巻く環境を変えたら
時間を有効に使う必要がでてきました。
さてどうする?と考えた時に
パソコンとブログを断捨離することが一番効果的に思えました。

とはいえ、パソコンは完全には捨てられないし、
ブログもまた気が向いたら更新すればいいと考え、
あいまいなままにしていましたが、
その間にも毎日のように見に来てくださる方がいて、
さらには安否の確認までしてくださる方も増えてきてしまったので
これは申し訳ないなと思いました。

家族はみな元気です!毎日とても楽しいです。
私はつくづく、なんてことない「ふつうの暮らし」
が好きなんだなぁと思いました。


そんなこんなで、ひとまずここで、
ブログは卒業しようと考えていることをお伝えします。

こちらで皆さんといろいろ話したりすることがとても励みになったし、
更新自体が、日々の生活のモチベーションアップになっていました。
今まで見てくださり、応援もしてくださり、ありがとうございました。


e0105846_8444537.jpg

毎日ごはんやお弁当を作って、天気のいい日は布団を干して、
掃除をして、洗濯をして、片付けをして、
平日はせっせと働き、帰宅後は家族と話をして笑い、
ごはんを食べて、お風呂に入って、寝る。

働かせてもらえる日はうれしい。
お休みの日もまたうれしい。

家の仕事だろうと、給料をいただける仕事だろうと
たとえ自分の代わりはいくらでもいたとしても
今ここで私がこれをしなければ誰かが困る
ということにも価値はあるはずです。

そして
小さな家庭の一見変わり映えのしないような毎日を
腐らず、淡々と、感謝を持って、
日々変わらず営み続けていくことが
とても尊いことに思えます。

でも、代わり映えしないように見えて、
毎日何かしら新しいことやおもしろいことがある。

そしてたまにしんどいときもある。
そんなときは手を動かし、足を動かし、身体を動かすといいようです。
答えのない問いが頭の中をぐるぐるするようなときは
料理をする、何かを作る、掃除をする、片付ける、歩く、走る、なんでもいい。

頭と心がぐるぐるしている暇がないくらい
無心に身体を動かす。せっせと仕事をする。
そうすることで心も整っていくように感じます。
整うまでいかなくても、保てることはきっと出来る。

そんな話を先日、大事な友人たちともしたところです。

振り返ると、
泣くこともできないくらいのときでさえも
歩いて、作って、走って、鍋磨いて、働いて…
といった無心の行為で救われていたんだね~って。
みんなそうやって乗り越えてきたんだね~って。


e0105846_8453846.jpg

・・・・・

冬の間枯れ枝で、もうダメかなと思っていた植木。
4月になったらちょっとだけ芽が出てきて、
今では一番上の写真にまで成長しています。

ひとも負けていられない。
わたしもまだまだがんばります。
またどこかで!

[PR]
by higumake | 2017-05-26 10:00 | 日々のくらし | Comments(71)

おべんと探訪記

お弁当本は一体いくつ持っているのか。
ちょっとしたコレクションほどはあります。
実用書としてはもう必要ないのかもしれませんが、
モチベーションアップのためにまた買ってしまいました。

e0105846_1240080.jpg

暖かかった週末は公園にお散歩。
桜はもう大部分散ってしまっていたけれど、
新緑鑑賞もよいものです。
むしろ葉桜の頃のほうが好きかもしれません。

e0105846_9321453.jpg

[PR]
by higumake | 2017-04-21 16:00 | 日々のくらし | Comments(0)

増えてる・・・

夫の椅子の上に靴下が2セット・・・

e0105846_22314239.jpg

会社から帰ってきてご飯を食べ、お風呂に入った後に履いた靴下です。
で、会社用は別のものを履くので、
おうち用の靴下がこうして残っている感じ。
入浴後~寝るまでの1~2時間しか履いていないので、
次の日もう一回履くつもりで置いてあるのだと思うけれど
次に日はその存在を忘れてまた新しいのを履いてしまうのでしょう。

思わず夫に「これはだんだんと増えていくのでしょうか?」と
聞いてみたところ、
「この種類の靴下はあともう1セットあります」と返ってきました(^-^)

[PR]
by higumake | 2017-04-13 00:00 | 日々のくらし | Comments(0)

のんびり東京散歩~日暮里、西日暮里、谷中

名門、開成学園そばの神社にて。

e0105846_8491694.jpg

e0105846_8491669.jpg

散歩の記録はすぐにまとめないと忘れる。。。。


[PR]
by higumake | 2017-04-11 00:00 | 日々のくらし | Comments(0)

気分転換の効果

新聞で読んで、おお!と思ったこと。
記事をとって置かなかったので
ちょっと詳しい内容までは覚えていないのですが、
確かコオロギやザリガニなどの話。

e0105846_2372750.jpg

彼らは生存競争のために個体同士闘うことがあるわけですが、
負けが続くと、普段なら負けないような相手にも
負けるようになってしまうらしい。
心があるかは定かではないのだが、
メンタルが影響しているとしか思えない状態になる。

そうなったときにはどうすればいいか。

それは、ひとり(1匹?)になって孤独をしばらく味わったり
気分転換するといいのだと。
昆虫の気分転換とは
コオロギなら飛んで文字通り羽を伸ばしたりすること。
そうするとまた闘いに勝てるようになるのだそうだ。

か、かわいい!
しかも人間と似てるじゃないか!

それ以来、
昆虫を見る目も変わり、
彼らにも同士のようなものを感じるようになったのでした(^-^)

[PR]
by higumake | 2017-04-10 00:00 | 日々のくらし | Comments(2)

いつやるの?どこでやるの?

脳科学者の茂木先生の話。

効率よく勉強するためには、
始めたらいきなりトップスピードでやることが大切なのだと。

「さ、はじめるか」と思ったら、
例えば英単語を覚えるのならこの2ページを5分で覚えてやる!
とあえて自身を追い込むようにする。
すると脳からドーパミンが出て活性化するようです。
そういう無茶ぶりをして初めて脳は成長する。
ダラダラとはやらない。
いつやるの?今でしょ!の真意はそれだ、と。

そしてもう一つ、それをもじって茂木先生が提唱しているのが、
どこでやるの?居間でしょ?というもの。

静かなところで集中できるのは当たり前。
そうではなくて、
リビングではお母さんがテレビドラマを観ている、
横では弟がゲームをしている、
後ろでは妹が倒立の練習をしている(これはうちの場合・笑)
そんな中でも集中してやれることが大切なのだと。

どんな時でも、どんな場所でも、集中してできるのが本物の集中力で、
それは普段からノイズのあるところで訓練しないと身に付かない。

そしてその集中力が大事なのは、
世の中はいつも静かな環境を用意してくれるわけではないから。
トラブルやハプニングがある中でも、
集中してこなさなきゃいけない場面の方が多いのだから。

e0105846_9314611.jpg


わが家では小学生はリビング学習をしています。
毎日の宿題はリビングと一続きのダイニングテーブルでしている。

そしてなぜか高校生もリビング学習を続けております。
部屋があるのだから、そこに机もあるのだから、
そこですれば?と思ったものですが、
もうこれは変えられないスタイルのようで、
このままここで大学受験勉強もするらしい・・・。
兄と妹がそんな感じなので、最近は中学生までもが
ダイニングテーブルで学習するようになってしまいました。

なので本来食事をする場所であるダイニングは
皆が集って勉強する自習室のようになっています。
そしてごはんは、リビングの座卓で食べるのがスタンダードになりました。
(そして個室の机2台は、単なる物置と化しております。)

このスタイル、試験前などは気を使うのですが、
というわけで、気をつかわずにOKということですね!

いつでもどこでも集中できる力。
ぜひ、養ってほしいものです。


[PR]
by higumake | 2017-04-07 00:00 | 日々のくらし | Comments(3)

のんびり東京散歩~小型船「かわせみ」号で行く日本橋川&神田川の旅

先日、両国の北斎美術館の日記をつづりながら
かつて水上バスのことを書いたはず…と思っていたら、
どうやら書いていなかった模様。

e0105846_09594086.jpg

2年前に行った小型船で行く日本橋神田川の旅
これ、とても面白かったのです。
船はこの通りとても小さく、背も低い。
なので、普通は入れないような水路(川)にも入れるのが魅力です。


e0105846_09595853.jpg

船内はこんな感じ。

e0105846_10002621.jpg

川面もとても近く迫力があります。

e0105846_10003097.jpg

日本橋川や神田川には背の低い橋が多くかかっているので、
船の天井ぎりぎりを走るのがなんともワクワクする。
普段見ることのできない橋の裏側が見られるので、
「裏側」が好きな夫は、そんな橋裏の写真ばかり撮っていました。


e0105846_10002195.jpg

川岸の風景。


e0105846_10010109.jpg

江戸時代は知らないけれど、江戸の面影すら感じます。

e0105846_10010818.jpg

東京の、また違った顔が見られる。
建物も表通りにはない顔を見せてくれる。

e0105846_10012624.jpg

大きな隅田川にでてきました。
スカイツリーが近づいてきます。

e0105846_10012225.jpg

アサヒビール本社を拝んでUターン。

e0105846_10013548.jpg

明日もお元気で!という看板に励まされたりも。

e0105846_10013630.jpg

日本橋から乗船できます。
予約は不要ですが、運行していない時期も多いので、
要確認してからおでかけください。


※下書きのまま眠っていた日記をまとめたので、
予約投稿で次は15時にアップします。

[PR]
by higumake | 2017-03-17 12:00 | 日々のくらし | Comments(0)

剣道袴は洗うのも畳むのも大変だったけれど・・・

息子君、相変わらず上履きは持ち帰ってきませんが、
剣道着と袴は持ち帰ってきました。
この袴が大きくて、腰部には板みたいなものも入っていて
普通に洗っていいものか迷います。

e0105846_2058506.jpg

が、めんどくさいのでそのまま洗濯機に(^-^)

そして物干しざおに、ばさ~っと広げて干しました。
そして畳むのにまた悩む・・・
ひだがあって、股下もひらひらしていて、どうやって畳むのか?
しばし放心・・・。
でもそんな困った時にはグーグル先生に聞いてみる!

やはり畳み方がありました!
アイロンをかける前に試しにやってみると、
なるほどなるほど、きれいに畳めます。

そして紐の処理のなんと美しいこと!
これ、折って斜めに渡した腰ひもを抜き取ると
さっとすぐに履けるようになっているのです。

裏側でちゃんと止めれば、出世畳みというらしい。
すぐに履ける→すぐに仕事に駆けつけられる→出世するみたいな感じ。

日本のモノに対する向き合い方というのか、
合理的であり、かつ美しさも兼ねる畳み方に
しばし感動した私なのでした。

アイロンかけてからもう一度やってみようと思います。
というかこれ、実際に使う息子に教えよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は部活の三年生を送る会がありました。
朝から夕方まで一日仕事。
今年は会計をしていたので、これで今年度の会計を〆られそうです。
ざっと残金だけ計算してみたらちゃんと合っていたので、
ちょっとホッとしました。

今日は月曜日。
外は曇っているしまだまだ寒いけれど、
今週もがんばっていこう。

[PR]
by higumake | 2017-03-13 09:30 | 日々のくらし | Comments(2)

今年も多分もう出番なし・・・

3年前東京にしては大雪が降って、これは必要かも!
とその翌年買ったのです、雪かきスコップ。
それまで雪かきは、ちりとりやお菓子が入っていた缶の蓋などでやっていて
それはそれは苦労が多かったので(しゃがみこんでするので翌日の筋肉痛が半端ない!)
これは買ったほうが良いだろうと
いろいろ調べて、プラスティックではないしっかりとしたものを買いました。
さあ、これで大丈夫!いつでもこい!と。

e0105846_11404174.jpg

そうすると、雪って降らなくなりますね(キッパリ)。
今年度、ぱらぱらとそれらしいものが降ったのが2日くらいあったかな。
でもいずれもすぐに溶けました。

今年も気づけば3月。
もう雪はふらないだろうな。
そんなこんなで今年もこの子の出番はきそうにありません。
道具は使ってナンボですが、
これはまだ一度も使っていない道具なのでした。



[PR]
by higumake | 2017-03-06 00:00 | 日々のくらし | Comments(0)

世界の中心で叫ばない『この世界の片隅に』

先週、夫が有休を取れたので、一緒に映画に行ってきました。
派手さはないながらも、確実に来場者数を伸ばしている
「この世界の片隅に」を観に。

・・・・・・・・・・・・・・・

戦時中の広島の軍港、呉市の片隅に暮らすふつうの人たちの話。
戦争の足跡が聞こえてきて、
そのうち戦争に駆り出される人が毎日出るようになって、
その人たちが死んで帰ってくることも当たり前になっていく。

そんな日々にも、
少ない食料を工夫してごはんを作って食べ、
洗濯物を干す日常がある。

戦時中ではあるけれど、ただただ暗く苦しいだけではなく、
人を好きになったり、
おもしろいことがあれば笑ったりもする。
でもどう見たって悲しく辛い日々ではある。

激しい戦闘シーンはない。
なのに、じんじんと迫ってくる
戦争というものの残酷さと悲惨さはなんだろう。

とても近しい家族が亡くなっても、
「すぐに伝えられなくてごめんね」「うん」と
彼らはどこまでも声を荒げない。

でも人の見ていない所でわんわん泣いていたりはする。
でもまた家に帰って、ごはんを食べる。

平和な日常なんて一瞬で壊れてしまうけれど、
壊れてしまった後も、また新たな圧倒的な日常を、
人は生きている限り、けなげに、たくましく続けていくのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うちの小学一年生の娘が見たらどうかな、
まだわからないかもしれないけれど、
少なくとも高学年になったら、
そして大人は、みんな見たほうがいいです。

推薦図書ならぬ推薦映画
新しい形の戦争映画に思えます。
息子たちにも、これは見るよう薦めておきました。


[PR]
by higumake | 2017-03-01 16:30 | 日々のくらし | Comments(2)