カテゴリ:日々のくらし( 596 )

のんびり東京散歩~小型船「かわせみ」号で行く日本橋川&神田川の旅

先日、両国の北斎美術館の日記をつづりながら
かつて水上バスのことを書いたはず…と思っていたら、
どうやら書いていなかった模様。

e0105846_09594086.jpg

2年前に行った小型船で行く日本橋神田川の旅
これ、とても面白かったのです。
船はこの通りとても小さく、背も低い。
なので、普通は入れないような水路(川)にも入れるのが魅力です。


e0105846_09595853.jpg

船内はこんな感じ。

e0105846_10002621.jpg

川面もとても近く迫力があります。

e0105846_10003097.jpg

日本橋川や神田川には背の低い橋が多くかかっているので、
船の天井ぎりぎりを走るのがなんともワクワクする。
普段見ることのできない橋の裏側が見られるので、
「裏側」が好きな夫は、そんな橋裏の写真ばかり撮っていました。


e0105846_10002195.jpg

川岸の風景。


e0105846_10010109.jpg

江戸時代は知らないけれど、江戸の面影すら感じます。

e0105846_10010818.jpg

東京の、また違った顔が見られる。
建物も表通りにはない顔を見せてくれる。

e0105846_10012624.jpg

大きな隅田川にでてきました。
スカイツリーが近づいてきます。

e0105846_10012225.jpg

アサヒビール本社を拝んでUターン。

e0105846_10013548.jpg

明日もお元気で!という看板に励まされたりも。

e0105846_10013630.jpg

日本橋から乗船できます。
予約は不要ですが、運行していない時期も多いので、
要確認してからおでかけください。


※下書きのまま眠っていた日記をまとめたので、
予約投稿で次は15時にアップします。

[PR]
by higumake | 2017-03-17 12:00 | 日々のくらし | Comments(0)

剣道袴は洗うのも畳むのも大変だったけれど・・・

息子君、相変わらず上履きは持ち帰ってきませんが、
剣道着と袴は持ち帰ってきました。
この袴が大きくて、腰部には板みたいなものも入っていて
普通に洗っていいものか迷います。

e0105846_2058506.jpg

が、めんどくさいのでそのまま洗濯機に(^-^)

そして物干しざおに、ばさ~っと広げて干しました。
そして畳むのにまた悩む・・・
ひだがあって、股下もひらひらしていて、どうやって畳むのか?
しばし放心・・・。
でもそんな困った時にはグーグル先生に聞いてみる!

やはり畳み方がありました!
アイロンをかける前に試しにやってみると、
なるほどなるほど、きれいに畳めます。

そして紐の処理のなんと美しいこと!
これ、折って斜めに渡した腰ひもを抜き取ると
さっとすぐに履けるようになっているのです。

裏側でちゃんと止めれば、出世畳みというらしい。
すぐに履ける→すぐに仕事に駆けつけられる→出世するみたいな感じ。

日本のモノに対する向き合い方というのか、
合理的であり、かつ美しさも兼ねる畳み方に
しばし感動した私なのでした。

アイロンかけてからもう一度やってみようと思います。
というかこれ、実際に使う息子に教えよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は部活の三年生を送る会がありました。
朝から夕方まで一日仕事。
今年は会計をしていたので、これで今年度の会計を〆られそうです。
ざっと残金だけ計算してみたらちゃんと合っていたので、
ちょっとホッとしました。

今日は月曜日。
外は曇っているしまだまだ寒いけれど、
今週もがんばっていこう。

[PR]
by higumake | 2017-03-13 09:30 | 日々のくらし | Comments(2)

今年も多分もう出番なし・・・

3年前東京にしては大雪が降って、これは必要かも!
とその翌年買ったのです、雪かきスコップ。
それまで雪かきは、ちりとりやお菓子が入っていた缶の蓋などでやっていて
それはそれは苦労が多かったので(しゃがみこんでするので翌日の筋肉痛が半端ない!)
これは買ったほうが良いだろうと
いろいろ調べて、プラスティックではないしっかりとしたものを買いました。
さあ、これで大丈夫!いつでもこい!と。

e0105846_11404174.jpg

そうすると、雪って降らなくなりますね(キッパリ)。
今年度、ぱらぱらとそれらしいものが降ったのが2日くらいあったかな。
でもいずれもすぐに溶けました。

今年も気づけば3月。
もう雪はふらないだろうな。
そんなこんなで今年もこの子の出番はきそうにありません。
道具は使ってナンボですが、
これはまだ一度も使っていない道具なのでした。



[PR]
by higumake | 2017-03-06 00:00 | 日々のくらし | Comments(0)

世界の中心で叫ばない『この世界の片隅に』

先週、夫が有休を取れたので、一緒に映画に行ってきました。
派手さはないながらも、確実に来場者数を伸ばしている
「この世界の片隅に」を観に。

・・・・・・・・・・・・・・・

戦時中の広島の軍港、呉市の片隅に暮らすふつうの人たちの話。
戦争の足跡が聞こえてきて、
そのうち戦争に駆り出される人が毎日出るようになって、
その人たちが死んで帰ってくることも当たり前になっていく。

そんな日々にも、
少ない食料を工夫してごはんを作って食べ、
洗濯物を干す日常がある。

戦時中ではあるけれど、ただただ暗く苦しいだけではなく、
人を好きになったり、
おもしろいことがあれば笑ったりもする。
でもどう見たって悲しく辛い日々ではある。

激しい戦闘シーンはない。
なのに、じんじんと迫ってくる
戦争というものの残酷さと悲惨さはなんだろう。

とても近しい家族が亡くなっても、
「すぐに伝えられなくてごめんね」「うん」と
彼らはどこまでも声を荒げない。

でも人の見ていない所でわんわん泣いていたりはする。
でもまた家に帰って、ごはんを食べる。

平和な日常なんて一瞬で壊れてしまうけれど、
壊れてしまった後も、また新たな圧倒的な日常を、
人は生きている限り、けなげに、たくましく続けていくのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うちの小学一年生の娘が見たらどうかな、
まだわからないかもしれないけれど、
少なくとも高学年になったら、
そして大人は、みんな見たほうがいいです。

推薦図書ならぬ推薦映画
新しい形の戦争映画に思えます。
息子たちにも、これは見るよう薦めておきました。


[PR]
by higumake | 2017-03-01 16:30 | 日々のくらし | Comments(2)

のんびり東京散歩~すみだ北斎美術館へ

以前から浮世絵が見たいといっていた次男。
期末テストも終わったので、週末いっしょに
「すみだ北斎美術館」へ出かけてきました。

e0105846_1530347.jpg

その日は東京マラソンの日だったようで、
両国駅に降り立ったら目の前にランナーの列。

たくさんの人が走っていて驚きました。
これ、走る権利を得るのも抽選のようで、なかなか当選しないらしいです。


さて、こちらの美術館の存在は新聞で知りました。
去年の11月に開館したまだ新しい美術館。
でも浮世絵人気がきているようで、
開館当初は長蛇の列だったとか。

浮世絵は今見ても全く色あせていません。
それどころかむしろ何かと比較できないくらい、
独自でモダンで大胆で新しさすら感じる。
その繊細さも、これ版画なんだよね?彫ってるんだよね?
とひたすら驚かざるをえません。

e0105846_830513.jpg

ミュージアムショップで息子その2に買ってあげたポストカードブック。
24枚の浮世絵カードが入っていて1000円。お買い得(^-^)

小さな美術館ですが、
特別展常設展を合わせると見ごたえあり、でした。

両国からは水上バスも出ているので、
その後船で川巡りも楽しいと思います。
下町散歩にぜひ。

[PR]
by higumake | 2017-02-28 09:30 | 日々のくらし | Comments(2)

心の栄養を溜めるには・・・

昨日、お知らせなどのプリントを整理していたら
こんなものが出てきた。
これ、中学校で長男がもらってきたもの。
何かの授業で使ったもののようです。
中学生、こういうことも学んでいるのですね。

e0105846_8322320.jpg

詳しくはきちんと学んでいないのでわからないのですが、
ストロークとは、自分や他人の存在や価値を認めるための言動や働きかけのこと。
心の栄養になるもののようです。

上記のプリントのそれぞれのタイトルは
それがたまりにくくする思い込みなので、
否定的な「貧困の法則」の方。
なので、その逆「富裕の法則」を実践することが
心豊かに暮らせるコツのようです。

つまり、

褒めることがあれば人を褒めよう。
ほめ上手になれます。
分かってほしいことややってほしいことがあれば伝えよう。
求め上手になれます。
嬉しいことを言われたら素直にもらおう。
褒められ上手になれます。
嫌なことを言われたら無理してもらわなくても良い。嫌と伝えよう。
少しだけ断り上手になれます。
誰も認めてくれなくても、自分自身を認めてあげよう。
元気になります。


これ、大人も学び実践できたらよいのではないかと思い、覚書。

[PR]
by higumake | 2017-02-28 00:00 | 日々のくらし | Comments(6)

簡単!便利!「Famiポートアプリ」を使ってみました!

この度、「エキサイトブログ」と「Famiポートアプリ」
のモニター企画に参加しました。これ、
コンビニ「ファミリーマート」で写真プリントができるサービスです。

今は昔とは違って、スマホやケータイでも写真が撮れるようになり
とても手軽で便利になりました。
一方で、写真は撮りっぱなし、パソコンに保存されているだけ
ということが多くなったのは事実かもしれません・・・。

e0105846_10490874.jpg


でも、みんなで撮った集合写真などは
データでやり取りすることもあるけれど、
ちゃんとプリントアウトしてあげると、
特に子どもは喜んでくれます。

そんなときに、さっと手軽にプリントアウトできたらうれしい。
それが身近にあるコンビニでできたらもっとうれしい。

さっそく「Famiポートアプリ」をダウンロート。
マシーンに弱い私でも、これはすぐにできました(笑)。
そして写真を選んで保存しておき、出かけたついでにファミマに寄って
マルチコピー機にプリント番号を入力し、プリントアウトしてきました。
これも、すぐにできました(^-^)

写真もきれいです!

e0105846_14173208.jpg


それを画用紙で作った台紙に貼って、
こんな感じで差し上げようかと。
こういうの、幼稚園や保育園で先生がよく作ってくれます。
もらうとうれしいんですよね。
このまま壁にも飾れます。

e0105846_8265645.jpg

3月には中学の部活の三年生を送る会なんかもあって、
その日に撮った集合写真はすぐにプリントアウトして色紙に貼らないといけないので、
そんなときにもこのアプリが活躍してくれそうです。

e0105846_10491725.jpg

また、私はハガキホルダーとメモ用紙を使って
アナログなレシピノートを作っているのですが、
こんな風にプリントアウトした写真を貼ると、
とても見やすいページが作れます。

e0105846_10491889.jpg

今年のおせち料理の覚書と、パイシートを使ったミニチョコパイのレシピ。
写真を使えばイラストで描くより簡単で、しかもわかりやすいです。

e0105846_10492011.jpg

写真は見返してナンボでもあると思っています。
でもアルバムの写真整理はついつい溜めてしまうのですが、
近くのコンビニで写真がプリントアウトできるのなら、
気軽に続けられそうです。

e0105846_10491573.jpg

そして子どもが小学生だと、たまに学校の方から
「振り返りの学習があるから、行事の写真を用意してください」
と言われたりしませんか?今まさに言われている我が家です。
さらに年度末だと、先生にアルバムを作ってあげたいから、
写真を提出してくださいと要請があったりもしがち。

そんなときにも、
「え~なんで今言うかな~。もうお店やってないよ~」とならず、
コンビニに駆け込みプリントアウトして提出できるではないか!

iOSはコチラ    Androidはコチラ

上記クリックでアプリをダウンロードできます。
あると便利なファミマで写真プリントアプリでした!

[PR]
by higumake | 2017-02-24 14:00 | 日々のくらし | Comments(2)

マツコの知らないハンドクリームの世界

「マツコの知らない世界」という番組が好きで、家族でよく見ています。
ひとつことを極めるというのは、どんな分野でもすごいなと感心します。

e0105846_8254091.jpg

うちの次男君はハンドクリームに詳しい。
昔から乾燥肌で、冬は自身の手のをお手入れを欠かしません(^-^)
お年玉でハンドクリームを買ったりもします(今年)。

詳しい銘柄は忘れてしまったが、
「○○は伸びはいいけれど、保湿力はいまいち」だとか
「○○は着け心地はさらっとしていてしかもジューシーなんだけど、
意外としつこく付く感じ」だとか
「最強の組み合わせは、○○と○○をブレンドしたもの」だとか
「○○は結構いいんだけど、香りがローズで中学生男子的にNG」
だとか、ハンドクリームを語らせると止まらない・・・。

そしていくつか使った後に到達した彼のおすすめは、
夜寝る前に超定番「ニベア」の厚塗りをすること。

ニベアはその成分が、とある高級クリームと似てるだか同じだかで
一時期ニベア美容法が流行ったりしましたが
改めて使うとやはりよいです。

お風呂上りに化粧水で整えてからニベアを厚塗りして寝ると
顔も手も翌朝ものすごくしっとり!つやつや!
使用感は少しべたつくので、寝る前にたっぷりというのが良い感じなのです。
私の中で、今ニベアブームが来ています。
お値段が安いというのもうれしいところです。




[PR]
by higumake | 2017-02-20 09:00 | 日々のくらし | Comments(8)

のんびり東京散歩~「おばあちゃんの原宿」巣鴨

大塚に用事があり、帰りはとなり駅巣鴨までお散歩。
途中の「猿田彦神社」では
見ざる聞かざる言わざるくんたちにも出会うことができました。

e0105846_19102410.jpg

巣鴨は「おばあちゃんの原宿」と言われているだけあって
驚くほどたくさんのおじいちゃんとおばあちゃんとおばちゃんがいらっしゃる!
巣鴨地蔵通り商店街は、おばあちゃんの竹下通りです。
駅前の「マック」も、
ソフトクリーム片手に楽しそうにおしゃべりしているおばあちゃんたちだらけでした。
みなさんお元気です。

商店街には健康グッズと甘味処とお茶やさんがたくさんあります。
巣鴨・・・街自体が元気で楽しい。
わたし、おばあちゃんになったら巣鴨に通ってしまうのではないかと思いました(^-^)
塩大福とドクダミ茶を買って帰ります。

今日はバレンタインか!
どうしよう・・・何も考えていませんでした!


[PR]
by higumake | 2017-02-14 12:00 | 日々のくらし | Comments(0)

バレンタインも女の子だけでやるらしい

新宿伊勢丹でこんな冊子をもらってきました。

”バレンタインが男の子にささげるイベントだって誰が決めたの?
ガールズが主役でわがままに過ごしたってそろそろ良いんじゃない?”
つまり、GAL+VaientineでGalentine

という新しいバレンタインの提案だった。

e0105846_11302858.jpg

いつからか、デパートのバレンタイン特設会場は
世界のチョコラティエたちが競い合う聖地になったけれど、
ここで女性たちが買うチョコで一番予算が高いのは、
自分へのご褒美チョコという統計を見たことがあります。
真剣に選ぶのは自分用。

以前次男が、「友」と書いてある友チョコを女子からもらってきたり、
ついには男子からもチョコをもらってきて、これには本人も
「ホワイトデーにはお返ししたほうがいいんだよね?男子にだけど・・・」
とかなり戸惑いを隠せずにいたけれど、
ついに時代は男子要らないというところまで来たのか!!!
と、その昔男子にチョコをあげるあげないで
キャーキャー言ってた時代を過ごした身としては
とても感慨深かったです(^-^)

余談ですが・・・
スパッツのことをレギンスと言うようになって久しいですが、
最近ようやく夫も、スパッツではなくレギンスと言うようになりました。

新宿デパ地下で夫がつぶやく。
夫「チョコをいつからかショコラとか言いはじめたでしょ。
もうそのあたりからそれは俺の物ではなくなった感じね。
違和感を感じるんだよ、ショコラには。」

私「じゃ、これもそうでしょ。
マシュマロのことをギモーブとかいうようになったこと。」

夫「・・・ギモーブに関しては、俺はまだ知らない。
知るところまで至ってはいない。」

42歳のおじさんは
日々流行から取り残されているようなのでした。

[PR]
by higumake | 2017-01-31 12:00 | 日々のくらし | Comments(4)