カテゴリ:レシピ( 109 )

煮込みハンバーグ

生協デミグラスソース缶を使うので、本格的なのにかなりお手軽煮込みハンバーグです。

サラダ油を大さじ1ほど入れた鍋でざく切り玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモを炒める。赤ワイン(なければ日本酒)少々に、塩コショウしてから水とデミグラスソース缶詰を入れたところへ、ハンバーグをフライパンで焼いたもの(後で煮込むので中まで火が通っていなくても大丈夫)を投入、煮込めばできあがりです。最後に冷凍アスパラも入れてみました。

e0105846_9141727.jpg

献立:煮込みハンバーグ、豆腐と貝割れ大根のコンソメスープ、五分づきごはん。
[PR]
by higumake | 2007-01-23 17:09 | レシピ

塩豚のその後

仕込んでおいた塩豚の報告をしていませんでした。しないといけませんか(笑)。少々気が重いです。塩豚は仕込んで3~6日寝かせていただきます。熟成4日目の塩豚は、シンプルに小松菜と炒めていただきました。

e0105846_13273044.jpg

塩豚を薄切りにしたものをフライパンでじっくり焼いてから小松菜も投入。味付けは塩コショウと隠し味にナンプラー少々。

お肉がとっても柔らかく、塩気もあって、豚の味が濃い!という印象。そして脂もたくさん出るのでそれが野菜に絡まっておいしい味です。でもこの塩豚は味もかおりも豚肉~って感じで、すっごくおいしい!また作りたい!という気分にはならなかったのよね・・・。なぜだろ。

そして問題は次の日。保存していた容器の蓋を開けると、なんとなく豚肉独自の匂いがきつい。熟成されているからこんなものなのかな。この日はスープにするつもりだったけど、せっかく時間をかけて煮込んで、やっぱりこの匂いが気になったらいやだな、と数分悩んで私はなんと処分してしまった。

なんだかね、こういう感じでよかったのかもしれないけど、痛んでいるのかもしれないし、それが見極められないというのが問題。お手本がないからいかんせんわからないのです。オリジナルを食べてみたい、とこのときほど思ったことはありません。お肉はいつも新鮮なものを提供してくれる信用あるお肉屋さんのものなのだけど、いずれにせよこの塊に塩大さじ1/2ちょっとって保存するには少ない気もする。塩豚といえば、塩釜みたいなイメージがあるから。私も風邪気味だったしお腹壊したらやだ、という思いで処分に至らせてしまいました。

夫も「この塩豚はとても味が濃いので、酒飲みのつまみ的味なんだと思う。だからこれで合ってるんだろうけど、うちが好む味じゃないんだろうね。」と言っていた。そうなのかも・・・。というわけで、なんとなく失敗?という結果に終わったので、当分これは作らないだろうなあ。お肉もったいないし、また食べたいって思わないし。塊肉はいつもどおり、角煮か焼き豚にしますわ・・・。

豚肉と高山なおみ先生、ごめんなさい。
[PR]
by higumake | 2007-01-18 08:50 | レシピ

鴨汁せいろ風

日曜日のお昼ご飯は蕎麦に。でもいつもどおりのつけそばには少々飽きてきたので、温かいつけ汁で頂くことにしました。実家の近くにあるお蕎麦屋さんは手打ちでそれはそれはおいしい。そこではよく鴨汁せいろや、鶏とキノコの入った温かいつけ汁に冷たい蕎麦をつけて頂く鶏キノコせいろを注文します。それが家でも出来ないかなあ、ということで作ってみました。

e0105846_13253368.jpg

キノコはあいにく家に無かったので、ぶつ切りのネギと鶏モモ肉をフライパンで焼いてから、常備してあるそばつゆで煮て、貝割れ大根を乗せ、刻みネギとゆずコショウを添えました。この温かいつけ汁にはゆずコショウがとても合います。簡単に出来てしかもおいしくお腹も満足するので、たまには具沢山の温かいつけ蕎麦もいかがでしょうか。

ちなみに茸は、エノキ、舞茸、エリンギ、椎茸、シメジ、なんでもオーケー。ほぐして刻んで麺つゆに加えてさっと煮れば、おいしい茸汁が出来そうですね。この場合も鶏肉を入れるのを忘れずに。この鶏肉から出る出汁や脂がおいしさの秘訣だと思います。
[PR]
by higumake | 2007-01-15 16:42 | レシピ

塩豚熟成中

週末安くておいしいお肉屋さんでせっかくお肉を買い込んだのに、子供たちはノロ後&ノロ中と来てあまり食べないので、焼き豚用のロース肉は塩豚にしてみた。以前テレビで高山なおみさんが作っていた塩豚。とても興味があったので、ちょうど良い機会だと仕込んだのであった。

e0105846_11302663.jpg

こうして冷蔵庫の中でだんだんとおいしくなっているはず。
野田琺瑯の深型Mサイズが、600グラムの塊肉にぴったりサイズでした。


e0105846_11303782.jpg
塩豚とは500グラムの塊肉に対して大さじ1/2の割合の塩をすり込み、ラップにしっかり包んで3~6日冷蔵庫で熟成させるというもの。3日目くらいからは薄く切って野菜と共に焼いたり、煮物にしたり、5、6日したらスープにするとおいしいらしい。この週末のお楽しみです。
[PR]
by higumake | 2007-01-10 22:43 | レシピ

キッシュ

友達が持って来てくれて野菜嫌いな子ももりもり食べていたキッシュ。作り方をファックスしてもらったので、ここでもご紹介させていただきます。

e0105846_931414.jpg
<生地を作る>
振るった薄力粉120グラムと塩少々に、サイコロ状に角切りしたバター60グラムを手ですばやくばらばらとした状態になるまで混ぜる。水50ccを加えひとまとめにして、冷蔵庫で30分ほど休ませてから、麺棒で伸ばしては畳みを2,3回繰り返す(パイ生地の層が出来る)。

生地つくりが面倒なときは、市販のパイシートを買います。

それを22センチくらいの型に敷き込み、余った生地は切り落としておく。底はフォークで穴を開けておく。

<中身を作る>
パイ生地を休ませている間に、フライパンでジャガイモ(これを入れる場合はあらかじめレンジをかけておくか、蓋をして火を通しておく)、ベーコン、薄切り玉ねぎ、しめじ、ホウレンソウなど好みの具財をいため、しっかり目に塩コショウをする。(最後に隠し味でマヨネーズを加える。無くても良い。)

<仕上げ>
パイ生地を敷き込んだ型に炒めた具材を半量入れ、とろけるチーズを加え(ケチャップを乗せていもいい)、残りの具材を入れ、卵2個に生クリーム(牛乳でも可)1/2カップを混ぜたものを流し込む。

<焼く>
200度のオーブンで20分位(少しこげた程度)焼き、更に180度で10分焼く。

焼き上がりは生地が膨らんでいますが、冷めると落ち着きます。
今回は冷凍庫に眠っていたウインナー、アスパラ、コーンと、ジャガイモ、玉ねぎで作りました。
それともったいないので余ったパイ生地を木の葉型に抜いて、キッシュの上に乗せて焼いています。あまり良く見えませんが。
[PR]
by higumake | 2006-12-27 08:55 | レシピ

クリームチーズとハムのディップ(ペースト)

これは以前行ったバーミックスのお料理教室で習ったレシピです。よってバーミックスやフードプロセッサがあると簡単にできますが、材料を切ってヘラなどで混ぜていくだけでもできると思います。

1:クリームチーズ125グラムは筒状の容器に入れ、室温に戻しておく。
2:ロースハム薄切り100グラムはざっとちぎって1の容器に入れ、
 マヨネーズ大さじ1、マスタード大さじ1/2、を加えバーミックスでつぶし混ぜる。
3:セロリのみじん切り大さじ1と玉ねぎのみじん切り大さじ1を加え、へらで混ぜ合わせる。

と細かくグラムが書いてありますが、私はいつも冷蔵庫にある材料で適当に作っています。今回もセロリは無かったので、つけっぱなしで酸っぱくなってしまったピクルスを刻んで入れたりしました。ハムの変わりにスモークサーモンやホタテでもおいしいとのことでした。クラッカーにつけてよし、パンにぬってよし、野菜につけてよし、おいしいディップだと思います。(写真が無くてすみません。クリスマスパーティの写真を見てくださいね。)
[PR]
by higumake | 2006-12-24 12:15 | レシピ

豚肉の味噌マヨ丼

これは昨日の晩ごはん。豚薄切り肉と玉ねぎとエリンギを焼いて塩コショウを軽くふり、味噌とマヨネーズを1:1の割合で混ぜた調味料を絡めて炒め合わせたものを、丼仕立てにしてみました。せんキャベツとポテトサラダも一緒に乗せてしまい、汁物と丼で二品で晩ごはんです。普段の夜は子供と3人で食べるし、ぱぱっと丼仕立てにしてしまうことも多いですね。

e0105846_21282363.jpg

献立:豚肉の味噌マヨ丼、コーン入りポテトサラダ、大根と三つ葉と花麩の味噌汁

味噌とマヨネーズのしっかりした味付けなので、ごはんともとてもよく合います。丼には最後白ゴマを振って香ばしく頂きました。
[PR]
by higumake | 2006-12-07 08:37 | レシピ

ル・クルーゼ鍋大活躍の季節~白菜と豚バラの鍋

土鍋や鉄鍋も持ってはいるけれど、最近鍋といえばもっぱらル・クルーゼです。友達から教えてもらって、以前レシピをご紹介てから、その後いろんな家庭で作られているらしい白菜と豚バラの鍋、復習を兼ねてもう一度作ってみました。
e0105846_1414279.jpg
作り方の部分で、豚肉と白菜を挟んでざくざく切ったら並べるというのを、縦に積み重ねるのではなく、年輪風にバラの花びら状に並べた方が火の通りも均一になってよし、とのアドバイスももらったので、今回はきちんとその教えを守って作らさせてもらいました。(ふわふわ先生、こんな感じで良ろしいでしょうか?)あとはニンニクのスライスを乗せて日本酒を回しいれ、塩コショウしたら蓋をして蒸し煮。

e0105846_1415398.jpg
蓋を取るとニンニクの食欲誘う匂いと共に、白菜から出たスープが下の方に出ていておいしそう!もちろんお味の方も大変よろしゅうございました。この鍋、簡単でおいしくてほんといいわ~。友達は残ったスープで素麺を頂くようですが、残念ながら素麺はなかったので、鍋のラストを飾る王道のうどんでしめさせてもらったのだけど、うどんもなかなかにおいしかったです。

e0105846_14266.jpg次の日のおやつは蒸しパンに。そんなときにもル・クルーゼは活躍してくれます。すのこなど敷かなくても、このように水を1~2センチ張って蒸すこともできます。
[PR]
by higumake | 2006-11-28 14:02 | レシピ

ゆず大根

これを作ると、今年もこの季節がやってきたなあ、という気持ちになります。今年は大根や白菜などが豊作らしくて、太くて白くておっきい大根が100円もせずに手に入ったりします。それでゆずも買っていそいそとゆず大根を作りました。もとはお料理上手の友達から教えてもらったレシピです。
e0105846_13203939.jpg
作り方:大根1kgを大きめの拍子切りにして(私は皮も剥かないで使ってしまう)、2〜3%(20〜30g)の塩をふりまぜ、重石をしておく。大根からでてきた水分はすてる。砂糖150g、酢67g、塩13g、ゆず大1/2個分(皮は千切り、汁はしぼる)を合わせた調味料で大根をあえる。
(砂糖は私は100gまで減らして作りますが、それでもさっぱり目でおいしいです。)

半日後くらいから食べられると思います。調味料は始めはどろどろですが、そのうちに大根から水分が出て、いい感じに漬かります。生野菜嫌いな子も、これだとばくばく食べたりします。甘い漬け物っておいしいですよね。これ、大好きです。友達が大量の大根を前に大根料理何かないかと言っていたので、ゆず大根がいいからうちのブログ見て!と言おうとして調べたら、まだこのレシピは載せていないことに気づき、急遽載せている次第であります。1本あっという間に使い切るので、是非作ってみて下さいね。さっそく近所の友達にもお裾分けしました。
[PR]
by higumake | 2006-11-28 13:33 | レシピ