<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

時にはデパ地下ごはん

週末夫がうれしい提案をしてくれて、晩ご飯はデパ地下ごはんになった。まいにちまいにちごはんを作っていると、こうしてたまにさぼれるのがとっても有り難くうれしく感じるものです。でも出来合いの物を買って来ても、そのままパックを並べたりはせずお皿にあける、ごはんは炊くかなにか一品作る手間は惜しまないようにしています。「そういう一手間は大事。食べ物に愛情のオーラがこもり、食べ物を通じてお母さんの気持ちが伝わるのだ。」とスピリチュアルカウンセラーの江原さんも言っていることですし、直感としても大事なことなのではなかろうかと感じ、今までもそうしてきました。

e0105846_10412139.jpg

献立:おこわ3種類(鮭、五目、キノコ)、ナスのショウガ風味の煮物、手羽元のオレンジペッパー風味、結びこんにゃくと五目野菜の煮物、生春巻き、ホウレンソウのお浸し、中華コーン卵スープ春雨入り。お浸しとスープは私が作りました。


e0105846_10461192.jpg
おいしかったものはその後真似して作ってみる。デパ地下ごはんはマンネリ化しがちな食卓に風穴を開けるいい機会だ、とかなんとか言って買ってもらったりもする(笑)。


e0105846_10471830.jpg
生春巻きはビーフンがちょっと多いように感じた。ちょっとぱさぱさなの。折角なのだから、野菜たっぷりで瑞々しく食べたかったなあ。
[PR]
by higumake | 2006-11-29 11:21 | ごはん

少年よ大志を抱け

現在『Dr.コトー診療所2006』が放映されていますね。コトー先生ものは前作、スペシャル版などいろいろあったようですが、今まではノーマークで全然見ていませんでした。が、今回のは観てます。第一回目を観てちょっとハマりました。一瞬コトー先生が『北の国から』のじゅんくんとかぶり、またドラマ自体の雰囲気も『北の国から』の南の島バージョン?という雰囲気でもあるのですが、『北の国から』同様絶対に1回の放送で1回は泣いていますね。前回放送は祝日だったので夫も一緒に観ることが出来て、そして彼からも一言「おもしろいから録画しておいて。」と言われました。が、その裏番組NHKの『プロフェッショナル〜仕事の流儀』も見逃せないのよね。木曜日だけはテレビッ子の私です。

前置きが長くなりましたが、始めの頃の放送にタイトルの言葉があって、いいなと思ったので書き留めておきます。「少年よ大志を抱け(Boys Be Ambitious!」は北海道大学を作ったクラーク博士の名言ですが、その後に続くのはこのドラマの創作なのかなー?そのあたりはよく分からないけれど、とにかくいいことばではあるので、いつかうちの息子達にも聞かせてあげたいです。以前同じく男の子を持つ友達がmixi日記にも書いていたので、それをコピーさせてもらいます。使わせてね〜。

少年よ大志を抱け
お金の為ではなく
私欲の為でもなく
名声と言う空虚な志の為でもなく
人はいかにあるべきか
その道をまっとうする為に
大志を抱け


こどもたちにはそんな大志を抱ける人間になってほしいです。
そして元少女の私たちもそんな風に生きて行けたらいいですね。
かっこいいおばあちゃんになりたいです。
[PR]
by higumake | 2006-11-29 11:15 | こども

ル・クルーゼ鍋大活躍の季節~白菜と豚バラの鍋

土鍋や鉄鍋も持ってはいるけれど、最近鍋といえばもっぱらル・クルーゼです。友達から教えてもらって、以前レシピをご紹介てから、その後いろんな家庭で作られているらしい白菜と豚バラの鍋、復習を兼ねてもう一度作ってみました。
e0105846_1414279.jpg
作り方の部分で、豚肉と白菜を挟んでざくざく切ったら並べるというのを、縦に積み重ねるのではなく、年輪風にバラの花びら状に並べた方が火の通りも均一になってよし、とのアドバイスももらったので、今回はきちんとその教えを守って作らさせてもらいました。(ふわふわ先生、こんな感じで良ろしいでしょうか?)あとはニンニクのスライスを乗せて日本酒を回しいれ、塩コショウしたら蓋をして蒸し煮。

e0105846_1415398.jpg
蓋を取るとニンニクの食欲誘う匂いと共に、白菜から出たスープが下の方に出ていておいしそう!もちろんお味の方も大変よろしゅうございました。この鍋、簡単でおいしくてほんといいわ~。友達は残ったスープで素麺を頂くようですが、残念ながら素麺はなかったので、鍋のラストを飾る王道のうどんでしめさせてもらったのだけど、うどんもなかなかにおいしかったです。

e0105846_14266.jpg次の日のおやつは蒸しパンに。そんなときにもル・クルーゼは活躍してくれます。すのこなど敷かなくても、このように水を1~2センチ張って蒸すこともできます。
[PR]
by higumake | 2006-11-28 14:02 | レシピ

ゆず大根

これを作ると、今年もこの季節がやってきたなあ、という気持ちになります。今年は大根や白菜などが豊作らしくて、太くて白くておっきい大根が100円もせずに手に入ったりします。それでゆずも買っていそいそとゆず大根を作りました。もとはお料理上手の友達から教えてもらったレシピです。
e0105846_13203939.jpg
作り方:大根1kgを大きめの拍子切りにして(私は皮も剥かないで使ってしまう)、2〜3%(20〜30g)の塩をふりまぜ、重石をしておく。大根からでてきた水分はすてる。砂糖150g、酢67g、塩13g、ゆず大1/2個分(皮は千切り、汁はしぼる)を合わせた調味料で大根をあえる。
(砂糖は私は100gまで減らして作りますが、それでもさっぱり目でおいしいです。)

半日後くらいから食べられると思います。調味料は始めはどろどろですが、そのうちに大根から水分が出て、いい感じに漬かります。生野菜嫌いな子も、これだとばくばく食べたりします。甘い漬け物っておいしいですよね。これ、大好きです。友達が大量の大根を前に大根料理何かないかと言っていたので、ゆず大根がいいからうちのブログ見て!と言おうとして調べたら、まだこのレシピは載せていないことに気づき、急遽載せている次第であります。1本あっという間に使い切るので、是非作ってみて下さいね。さっそく近所の友達にもお裾分けしました。
[PR]
by higumake | 2006-11-28 13:33 | レシピ

クリスマスツリー

今年もそんな季節がやってきましたね、クリスマス!勤めていた頃は店舗のクリスマス装飾も担当していたので、街の装飾はついつい見てしまいます。でもバブルはじけて10数年経つけれど、スタートこそ10月末からと年々早まっているようだが、街のクリスマス度は年々低くなっているような気がします。以前住んでいた街の商店街の方が、よっぽど都心より盛り上がっていたよ。やはりもうちょっとセンスよく盛り上がって、わくわく感を味わわせて欲しいなあ。

e0105846_12132745.jpg


ひぐま家のツリー。引越した年に買ったので、今年で5年目。ゴールドでシックにまとめてみたのだけど、ちょっと大人し過ぎるかな。今年はオーナメントも買い足していないので、少々飽き気味です・・・。

さて、子供達にはプレゼントをなんとなくリサーチ。まだまだサンタさんを信じているので、去年はサンタにお手紙を書かせたっけ。そして今年そうくんの欲しいものはといえば将棋盤(しぶい)。ようたんはいろいろ変わるので、あまり聞かずにこちらで用意してしまおうと思っています。それは大好きなペネロペのぬいぐるみと、ペネロペのクリスマス絵本。

今時は幼稚園児もゲーム機やゲームソフトを欲しがるようだけど、園児にゲームはまだまだ早いと思っています。なのでなるべく与えたくないもののひとつなのだけど、中には持ってないと友達とも遊べない、友達から仲間はずれにされる、という話も聞くのでちょっとゆれそうになるけれど、お母さん達と話していても「ゲームはなるべく持たせたくない。」という人も沢山いるので、皆がみんな、合わせて買うことは無いんじゃないかなと思いました。貸してくれるお友達がいたらたまに貸してもらったり、だめーと言われたら、持ってないお友達とたくましく遊べる、そんなこどもに育ってほしいなあ、と思ったりします。

ちなみに夫はi-pod(音楽が聞けるもの)が欲しいと言っていて、私はイッタラのサラダボウル(スープポウル)6個を考えています。サンタさんは大人には来ないようなので、これらは夫婦でプレゼントしあいっこしたいと思います。
[PR]
by higumake | 2006-11-27 12:30 | インテリア

今月の飾り棚:クリスマス編

ひぐま家には玄関突きあたりにニッチ(飾り棚)があります。今月15日をもって七五三の飾りは撤去したので、ここもクリスマスに変更。今年はこんな感じにしてみました。

e0105846_12213074.jpg

テーマは森の中に舞い降りたサンタクロース、といった感じでしょうか。


e0105846_11153754.jpg
渋谷の雑貨屋さんで去年見つけたサンタその1は上の棚に置きました。


e0105846_11165380.jpg
同じく昨年買ったブリキのサンタその2は、吊り下げタイプなので天井からテグスで下げました。


e0105846_11181254.jpg

下の棚部分には、週末北欧家具雑貨店『イルムス』でなんと320円で見つけたツリーを置き、去年作ったフエルトの玉をそこに下げてみました(作ったはいいが、何にするか考え中だったもの。ちょうどよかった。)。そしてまわりには鉄製のウマやシカを置いて、公園で拾って来た松ぼっくりも散らし、森の中という雰囲気に仕上げてみました。
[PR]
by higumake | 2006-11-27 12:20 | インテリア

緑のソースのスパゲティー

友達から借りた『AFTERNOON TEA RECIPE BOOK』をうっとり眺めていたら、以前その店でそうくんが頼んでいた、おいしいパスタのレシピがあったので早速作ってみました。せっかくだから、そのお店Afternoon Tea風に紅茶と共に頂きました。

e0105846_8253599.jpg

休日のお昼の献立:小エビのグリーンクリームソースパスタ、アールグレイのミルクティー

レシピに比較的忠実に作ってみたのですが、ソースの緑の色が薄いです。レシピにはホウレンソウ二人分1株と書いてあるけれど、ホウレンソウは葉っぱの部分だけ使った方がいいように思います。バーミックスは繊維に弱いので、茎の部分が歯に絡んでしまってうまくミキシングできませんでした。

e0105846_1043323.jpg本当はこんな感じなのです。そうそう、エビがなかったので、帆立を使ったのでした。そしてマッシュルームも入れてみたんだった。あんまりレシピに忠実ではなかったですね(笑)。でもお味の方はgood!おいしかったです。
[PR]
by higumake | 2006-11-27 10:49 | ごはん

鍋つかみ

店頭で一目惚れして取りあえず1メートルだけ買ったイギリス製の生地。以前それで自分のエプロンと、お料理ブームに入っている息子ようたん(4歳)のエプロンを作りましたが、その端切れがまだ残っていたので鍋つかみも作ってみました。

e0105846_12524819.jpg

家にあった麻布や手ぬぐいの切れ端と合わせてこんな感じに。化繊のキルト芯だと熱に弱そうなので、中は要らないタオルを挟んでいます。ひももつけたので、今はキッチンのフックにかけています。すぐに使えて便利。


e0105846_12554356.jpg
これは以前作ったこども用エプロン。


e0105846_12563784.jpg
それでこっちが私用エプロン。ギャザーの寄ってる昔風エプロンでけっこう気に入っている。
[PR]
by higumake | 2006-11-25 13:02 | 手づくり

ハンバーグ弁当とチキンカツ弁当

相変わらず毎日幼稚園に通う息子達のお弁当は作っている。夫のお弁当はおかずがある日だけ、ぼちぼち作ったり作らなかったり・・・。

e0105846_16505720.jpg

これは夫のハンバーグ弁当。その昔新婚旅行のタイで買って来た!ステンレスのお弁当箱に詰めました。献立:ハンバーグ、キンピラレンコン、カボチャと小豆の従姉煮、蒸し野菜(キャベツと人参とキノコ)、五分づきごはん、ゆかりふりかけ

e0105846_16524061.jpg

これは本日のチキンカツ弁当。左ようたん(年少)の、右そうくん(年長)の。幼稚園の分だけで夫のは無しです。献立:チキンカツ、ポテトフライ、マッシュルームフライ、ゆで卵、ブロッコリー、黒ごまごはん

今週もおしまい。おつかれさまでした〜。
[PR]
by higumake | 2006-11-24 16:55 | お弁当

11がつ23にちのばんごはん

23日の祝日は雨予報だったけれど、結局雨は降らなかった。買おうと決めていたパソコンを買いに行ってから、またまた『ガンダム』の続きを借りてきて家族みんなで観てしまう。今だから分かる奥の深い話に感動し、横でようたんがうるさくなければ確実に泣いていただろう。更に夜は『Dr.コトー診療所2006』を観て、やっぱりちょっと泣いたのであった。こうして私はしょっちゅう感動の涙を流しているので、ストレスはあまり溜まらない。

e0105846_17192588.jpg

そんな日の晩ご飯はチキンカツにした。冷凍庫のお肉コーナーには鶏ささみ肉とウインナーとベーコンしかなく、魚コーナーは在庫ゼロ。鶏は焼く?煮る?と考えたが、やっぱり揚げちゃうのが一番手っ取り早くボリュームもあり、みんな喜んで食べるんだよね。そして冷蔵庫の瓶の中には、かつて作ったピクルスなんかも入っており、これはいい!とタルタルソースの中に刻んでたっぷり入れた。卵とタマネギとマヨネーズを合わせたタルタルソースは、ピクルスが入ると断然おいしくなると思う。と書いたが、当のタルタルソースはこのときまだキッチンにあって、写真には写っていないのであった。

献立:チキンカツ、ポテトフライ、マッシュルームフライ、タルタルソース、三つ葉入りグリーンサラダ胡麻ドレッシング、大根と油揚げの煮物、大根とホウレンソウの味噌汁、白ごはん

e0105846_17414333.jpg

こども達を寝かした後は、大人だけでデザートタイム。最近またまた食べることをやめられません。デザートは作ったバナナケーキとバニラアイスクリーム。幸せタイム。
[PR]
by higumake | 2006-11-24 14:30 | ごはん