<   2007年 09月 ( 41 )   > この月の画像一覧

近頃作ったもの

e0105846_14263582.jpg友達の家にお邪魔するときに持っていったシフォンケーキ。底に大きなクレーターが出来てしまったが、味は大丈夫でした。シフォンケーキって焼き上がりの見た目は良くても、こうして型から外して切り分けると、中に大きな穴が開いていたりして、当たり外れのあるケーキだと思う。でも食べれば一緒だからいっか。
e0105846_14264760.jpgこれは生クリームの消費期限が迫っていて、仕方なく?作ったチョコバナナクレープ。中は泡立てた生クリームと輪切りにしたバナナが入っています。切りながら食べるのは大変だったので、お店のクレープみたいにチョコも入れて巻いてしまった方が良かったみたい。

おまけ「クレープ生地の作り方」
卵一個を割りほぐして、砂糖大さじ1、牛乳1カップと泡だて器で順に混ぜ、最後に薄力粉2/3カップを入れて混ぜ混ぜ、30分休ませとあるけど、せっかちなので休ませず、そのまま温めたフライパンで薄く焼く、という感じです。

これはいつでも気軽に焼き菓子が食べられるようにと、冷凍庫に保存していたサブレ生地。こういうものがあると発作的に「お菓子食べたい!」ってときにすごーくうれしいということを発見しました。急のお呼ばれにもすぐに手作りお菓子を持って行けるので、そういう面でもいいかもしれません。半解凍で切り分け、焼くだけです。
e0105846_14265550.jpge0105846_1427113.jpg

他にはあずきミルクプリンを金曜日に作って、友達の家に持って行きました。その家では子供たちはお風呂にも入れさせてもらって、さらには親子でおむすびと豚汁の晩ごはんまでごちそうに!ありがたい、ありがたい。ほんとうにごちそうさまでした。
[PR]
by higumake | 2007-09-30 14:45 | おやつ

「たねや」の西木木(さいぎぼく)

e0105846_14161930.jpg去年から気になっていたのに昨年は食べそびれた栗のお菓子。今年はともさかりえちゃんのブログで見かけて思い出し、やっと夫に買ってきてもらいました。「限定」ということばにはそれほど弱くないと自認しておりましたが、この季節だけとなると、やっぱり食べたくなるのが人の常ということでしょうか。
いつも思うことだけれど、「たねや」のラッピングはすてきです。また「ここの接客は非常に良い。」とは夫談です。接客がいいと、この会社はしっかり真面目なことをしている会社なんだろうなあ、と思えます。

e0105846_14162984.jpgさて西木木ですが、いもくりかぼちゃ好きの女としてはたまらないおいしさ!こういうの好きだ・・・。でもいもくりかぼちゃにそれほど執着のない夫は、一口食べて「あとはあげるよ。」と・・・。「それほど惹かれないので、おいしいと思って食べてくれる人に食べてもらったほうがいいでしょ?」とのことでした。おいしいのになあ。けっこうしっかりと甘いので、1個半で大満足、幸せを感じました。ごちそうさまでした。
[PR]
by higumake | 2007-09-30 14:24 | おやつ

おでんとロールキャベツ

e0105846_10492012.jpg昨日はまたまた32度と暑かったけれど、彼岸も過ぎて涼しい日も多くなってきました。日中暑くても夜はかなり涼しいし。というわけで今期初登場のおでんです。
献立:おでん、キノコごはん(ようたんの大好物)、きゅうりと大根の浅漬け

e0105846_10492732.jpgこちらはホワイトソース仕立てのロールキャベツ。挽肉が少なかったので、増量の意味も込めて中にウインナーを入れてみたら、これがコクが出てかなりおいしい!スープにベーコンやウインナーを入れるとおいしくなるのと同じ理由なのでしょう。

ホワイトソースと言ってもとっても簡単。ひたひたのコンソメスープでロールキャベツを煮てから、ロールキャベツを一度取り出して、そこに牛乳、”水溶き小麦粉”(←これポイント、牛乳溶き小麦粉でもいい。)、バターひとかけらを落として、あれば粉チーズもふりふり、塩コショウをしてしばらく煮るととろりとしたホワイトソースになります。水溶き小麦粉はだまにもならず、とろみ具合も自由自在なので、我ながらいいアイデアだと思っております。
[PR]
by higumake | 2007-09-29 10:59 | ごはん

親の仕事

e0105846_9364646.jpgこどもが通っている小学校は、百人一首を覚えることも特色のひとつです。6年間で100首覚えるのが目標だけれど、取り合えず1年生は10首覚えます。そのために親は百人一首を作らねばならない・・・。(「6年間使うから親がきれいに作れ」とのご通達あり。)とは言えそのための印刷された画用紙は学校から支給されるので、親はそれを切って上の句と下の句を張り合わせるだけ。でもこれが単純作業とは言え間違えてはいけないし、結構大変じゃないか~!しかも一枚一枚名前書くし。今まで名前付けはいろいろしたけれど、この数が最強かも。でもここは幼稚園卒園時にもらったお名前ハンコが大活躍。ありがとう!幼稚園ハンコ!!!と心から思いました。

e0105846_9422535.jpg百人一首、私も小さい頃覚えました。まだ20種くらいは覚えている!でも意味などはしっかり分かっていないから、ここは私も学び直しということで、そうくんと一緒に覚えていきたいと思います。

1年生では詩集にある詩を10以上覚えるという課題もありましたが、既に1学期中に終わられてあるので、2学期からは百人一首だけに専念すればよく実は楽ちんなのです。同じく1学期中に全ての詩を覚えてしまったお友達は、百人一首暗記スタートも早く、既に50首覚えてしまったとかなんとか・・・。でも普通に詩も覚えつつ、普段の宿題もやりつつ、百人一首も同時進行にやっているお友達は、毎日かなり大変とのことです。課題はさくさくこなす、のが実はらくだったりするようです。でもこの手、ようたんには通用するのか・・・今からいささか不安であります。

e0105846_9553758.jpgさて話は変わり、これは幼稚園のお手伝い。お祭で使う看板用のキャラクターを作ってみました。とにかく予算が無く、飾り用の材料は買えるの?という状況なので、4枚余っていた(いまいちかわいくない色の)茶色画用紙で、(なるべくかわいく見える)キャラクターを作ってみたのでした。手の部分に大きな紙を挟みこむと、看板を持っているクマになるはずです。でもコレ見たようたんは一言。「これはモグラ?」と言ってきたんだよね・・・。


e0105846_100756.jpgさらにもうひとつ、コレは全くのプライベート工作。肌寒い日、「今日は長袖で寝る」とようたんが選んだのはよりによって灰色の上下。お風呂上りそれに着替えてきたようたんを見て私、爆笑。ハイネックだし、妙に身体にぴったりだし・・・。「ねずみの着ぐるみかっ!」と突っ込んで、思わず耳を作ってあげました。とはいっても都合よく、灰色の画用紙はほとんど残っていなくて小さな耳になってしまったのが悔しい。

e0105846_9595895.jpgようたん、小道具類を身につけるのが結構好きらしい。
←ポケットが外に出ていてかなりダサい。

e0105846_1001446.jpgそのままの姿でトランプに興じておりました。その晩はもちろん、ねずみの耳とご就寝でございます。

[PR]
by higumake | 2007-09-29 10:13 | こども

サラダちらし

先日のランチ会で作ったちらし寿司。予め具や酢飯を用意出来るし、きれいでもあるので、おもてなしに良いと思いました。

e0105846_9151237.jpg
もとは「Afternoon Tea」のティールームでいただいたもの。こんな感じかな~と再現してみました。

e0105846_9153033.jpg●炊きたてごはん2合分に、酢大さじ3、砂糖大さじ1.5、塩小さじ1弱をひと煮たちさせた寿司酢を合わせ、白ゴマも混ぜておく。
●卵1個は砂糖二つまみ、塩一つまみを混ぜ、炒り卵にする。
●スモークサーモンは半分に切る(店のには生ハムも乗っていました。)
●フリルレタスは一口大にちぎる。
●キュウリは1センチ程度の角切り。
●赤玉ねぎ、なければ普通の玉ねぎをスライス。
●あれば黒オリーブを輪切り。
●あればスプラウト(キャベツでもブロッコリーでもなんでもいい)適宜。
●ドレッシングは市販の中華ドレッシング(ごま油、醤油、酢、砂糖少々)に同量のマヨネーズを合わせたもの。

ここまで事前に準備して、あとは適当に盛り付けるだけです。
[PR]
by higumake | 2007-09-27 09:30 | レシピ

石神井公園へ

徒歩や自転車でちょっと行けば大きな都立公園が二つあるって、なかなか恵まれていると思いました。というわけで週末は石神井公園へ、秋を探しに行って来ました。どんぐりがたくさん落ちていたのだけど、子供たちと夫は公園に来ていた見知らぬ方からザリガニ釣り用の竿をもらってしまったので、エビ釣り、ザリ釣りに勤しんでいたようです。(私だけどんぐりを拾いに森の方へ行っていました。)

e0105846_901870.jpg
おかず:ホイコーロー、キュウリの昆布和え、ゆかりおむすび、鮭おむすび。
これは持って行ったお弁当。スーパーの特売で4個セット200円だったものだから、仕切り付きの密閉容器を買ってしまいました。これ食べ終えたらきれいに重ねられるし、とっても軽いしで、プラスティックもなかなか捨てがたいですね。ここにサンドイッチとサラダにスイーツを詰め合わせて、デリカテッセンで売られているようなランチボックス風弁当を作るのも、いつかやってみたいことの一つです。

e0105846_902689.jpg
この後雨がぱらついて、早々に引き上げてしまいましたが、緑のある場所ってとってもリラックスできます。何をするわけでもなく家族と一緒の時間を過ごす、というのがいいのかもしれません。
[PR]
by higumake | 2007-09-27 09:10 | お弁当

鮭いくら丼

メンドクサイときは丼ごはんに限ります。それだけでメインはオーケーだし、なんとなく豪華にも見えるし。ごはんをよそったら白ゴマ、刻みのり、大葉を乗せて、鮭フレークにしょうゆ漬けいくら、最後に刻み万能ネギを散らせば完成。ああ、ありがたや丼ごはん。

e0105846_18295797.jpg
献立:鮭いくら丼、湯葉ひろうすとインゲンの煮物(湯葉のおダンゴ=生協の加工品とインゲンを、作り置きしている麺つゆと水少々で煮ただけ。)なめこと豆腐のお味噌汁
[PR]
by higumake | 2007-09-26 10:50 | ごはん

ドミノとリリアン

今年の誕生日プレゼントはようたん「ポケモンシールがいい!」っていうので、ポケモンシール(210円)をあげました。子供はそれで大喜びなのでよかったのですが、前々から与えたいなあと思っていたドミノ倒し用ドミノを一緒に買ってあげました。こういうどんな遊びにも応用できる玩具が最後には残ります。我が家で言うとポケモンの家を代表する、それだけにしか遊べない玩具って、結局子供もすぐに飽きてしまうんです。でもこのドミノはドミノ倒し始め、積み木になったり、囲って家になったり、線路になったり、組み合わせて形作り遊びをしたり、子供の想像力でいろいろな遊びに化けています。そして親の思惑通り、とっても集中して遊んでいるので、これで集中力&器用さを身につけていくことでしょう。しめしめ。
↓片付け用袋入り、1575円だったと思います。

e0105846_116327.jpge0105846_1164098.jpg
e0105846_1164777.jpge0105846_1165383.jpg
そして今そうくんがはまっているものの一つにはリリアンもあります。これ、スーパーの片隅に駄菓子屋さんが出ていて、そこで見つけました。私が懐かしい!と飛びついて買いそうくんに渡すと、さすがそうくん私の思惑通りハマりました。この人はやはり器用です。私がためしに編んでいた部分より、そうくんが引き続き編んだ部分の方が網目揃っていてきれいでした・・・。そうくん、あの人は典型的几帳面なA型と思われます。
↑リリアン、本体と糸2色入り150円でした。
[PR]
by higumake | 2007-09-26 10:39 | こども

映画「めがね」を観て来ました。

秩父に行った日はそのまま国立の実家へ寄り、1泊させてもらいました。それで日曜日は親に甘えさせてもらって、夫と二人で映画デートすることが出来ました。わ~なんだか独身時代のデートみたいだ。隣駅のシネマシティはネットで席の予約が出来るので早々にして、上映直前に行ってみたけれど席空いてる???公開二日目なのにこの程度?半分埋まってるかな~くらいでした。人気があるのは私たちの周りだけなのかしら・・・。というわけで予約した席はS席の後ろあたりの劇場ど真ん中のナイスな席。今回は定価で見たけれど、ワンドリンク付いていてなかなかいいかも、ここ。しかも映画館で大人二人だけで映画を観るというのが、そうくんを妊娠して以来のことで、なんだかゆったり映画の世界に浸ることが出来てとてもうれしかったです。その間子供たちを見ていてくれた両親に感謝です。

e0105846_8452210.jpg

          「何が自由か、知っている。」

映画館で見る映画というのがまた良いのですね。大きな画面、暗い劇場内、誰にも邪魔されずその世界にどっぷりと・・・。

e0105846_850548.jpgほんとうに何も起こらない映画でした。でも何かがしっかり残っている。今私に必要なものを教えてもらったような気がしました。

そして前作「かもめ食堂」と同じく、おいしいものがたくさん出てきましたよ。


e0105846_8553388.jpgその後は国立に戻って「文流」でランチ。お魚のコースを頼んだけれど、相変わらず安くておいしいと思う。こういうトラットリアが近所にもあればいいのになあ。

さて今回の滞在中にはせっかくなら近くに住んでいる弟夫婦と甥っ子達(先月生まれたスーパーちびっこいのもいる!)にも会いたかったのだけど、ちょうどその日は弟家族が風邪気味だったり体調悪かったりで会えなかったのが残念でした。それより大丈夫かな?身体は悲鳴をあげているのに、それでもがんばり続ける人間・・・。そこまでして頑張らないといけないのかな。ちょっと前のうちがそんな感じだったから、なんだか心配です。今はそれはそれはいろいろ言い(戦い)、3日しか取れなかった夏休みや出張で失い過ぎた休日を取り戻すべく交渉したら、なんだか夏休みが取れそうな気配です。言ってみるものです。やっちゃったもの勝ちです。
[PR]
by higumake | 2007-09-25 09:05 | 日々のくらし

なんちゃってティラミス

先週のランチ会で出したデザート。見た目ティラミスだけれど、これはマスカルポーネやカスタードクリームを使わず、クリームチーズと市販のカスタードプリンで作る偽ティラミスです。マスカルポーネはお値段も高いので、それならティラミスのおいしいお店のものを買った方がいいし、手作りは安価でおいしいのもポイントだと思っています。

e0105846_11194059.jpg
e0105846_11194755.jpg自分なりにアレンジしたものは、野田琺瑯の浅型Sサイズの容器にぴったりのサイズになりました。そうしたら友達は、まずはこの容器を買う!って。形から入るのも私はいいと思います。それで手作りのハードルが低くなったらそれはいいことですよね~。

【下準備】
市販のフィンガービスケットを型に敷き詰める。(この容器だとちょうど10本並べられました。)インスタントコーヒー大さじ1、砂糖大さじ1/2を50ccの湯で溶かしたものを、ビスケットにしみこませる。

e0105846_11195330.jpg【ティラミスを作る】
クリームチーズ200gを市販のカスタードプリン(「メイトー」の3連カスタードプリンが無添加で好きです。)85g×2個とともに泡だて器でしっかりと混ぜる。(プリンのカラメルソースも一緒に混ぜてください。)そこに生クリーム50cc、砂糖大さじ1.5を加えてしっかり混ぜたら、下準備した型に流し込み表面を平らにして、表面にココアをたっぷりと振り冷蔵庫で冷やす。

これをスコップでざっくりとすくって盛り付けるのがまたいいのです。

元のメモによると、フィンガービスケット16枚、インスタントコーヒー大さじ2、砂糖大さじ1、湯100cc、クリームチーズ200g、プリン200g、生クリーム100cc、砂糖大さじ2となっていました。毎度の事ながら、多少の増減は全く問題ない、ということです。
[PR]
by higumake | 2007-09-24 11:35 | レシピ