「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 12月 ( 57 )   > この月の画像一覧

カウントダウン

e0105846_204325.jpg
あと5時間ほどで今年もおしまい。皆様いかがお過ごしですか?今日は実家のお庭の掃除をしたり(すっごく大変!)、おせち料理を作ったり(かなり楽しい!)、ばたばたしながらも心安らかな年末最後の日を過ごしています。思えば今年は精神的にとっても成長した一年だったかも。そう思うとどんな物事にもひとつも無駄なことはないんだなあ、とつくづく思います。来年は、益々いいことが起こりそうな予感!

なによりこのブログを続けて、それに対してのたくさんの好意的な評価をいただけていること、それってとても幸せなことだと思いました。心温かなコメントもたくさん戴き、すてきなブログにもたくさん出会い、刺激を受けたり、幸せを分けてもらったり、とっても楽しかったです!来年はその気持ちに少しでも恩返しできたらいいなと思っています。

皆様、どうもありがとうございました。心から感謝しています!
[PR]
by higumake | 2007-12-31 18:53 | 日々のくらし | Comments(7)

よいお年を~!

e0105846_21171666.jpg
今年もまた無事に過ごせました。ありがとう。
今年もまた新旧含めて新たな「出会い」がありました。
皆様に感謝!
嫌なこともありましたが、
(意外に思われるかもしれませんが、
今年は人生ワースト3に入る年ではあったと思う。)
でもそれを上回るいいことがありました。
というわけで収支はプラスです。

来年は「耕す」年にします。
もう一度しっかり地に足をつけて、
今後自分がどうなりたいか、
そのために今することを考えて、
日々を大切に過ごしていきたいです。

少し早いのですが、
来年も皆様にとって素晴らしい一年でありますように!
そして来年もどうぞよろしくお願いします、ねっ。
[PR]
by higumake | 2007-12-30 16:40 | 日々のくらし | Comments(10)

お正月準備その4~田作りを作る  

栗きんとんに続いて田作り(ごまめ)を作りました。これで私のおせち担当分は修了です。でもなにせ初めて作る田作り。うまくいくのかどうか。そもそも田作りっておせちの中ではいまいち人気がなく、いつもたくさん残ってしまうもので・・・。なので皆がおいしく食べられそうなものを作ってよ、という無理難題を(笑)を仰せつかった私なのです。

e0105846_2115432.jpg

e0105846_1148338.jpg田作り用の小魚は西武デパート地下を見ていたらこんなものを見つけたのでそれを。月の満ち欠けに関する話はとってもおもしろいものが沢山あるらしいのですが、これもその一つだと思う。新月に取れた魚は身がしまっていて美味しいらしいですね。

さて、肝心のレシピはクックバットで検索し、くるみ入りのおいしそうなものを見つけたのでそれで。これが大成功。子供たちも夫も、なんかうまいね?これ、と思わず何度も手が伸びていました。でも!今はまだ本気では食べないで!
レシピ クルミたっぷり!●おせち・田作り● by エルン♪

e0105846_11491842.jpg栗きんとんに、田作りに、あとはゆず大根をたっぷり漬けたのでそれを持って、年末年始は家族で実家に帰省予定のひぐま家です。処分してもいい保存容器類はとうとうなくなってしまったので、すべてジッパー付きの袋に詰ました。なんだかちょっとお惣菜屋さん気分です。
[PR]
by higumake | 2007-12-29 20:42 | おもてなしごはん | Comments(3)

お正月準備その3~栗きんとんを作る 

今年のお正月は実家で過ごすことになりました。去年、一昨年と2年ほどはお節を外注して、料亭のやホテルのを頂いたりしてきましたが、やっぱりちゃんと作ろう!と母。義妹と私もその一部を担当することになりました。数の子、黒豆、田作りは三つ肴と言われるめでたいもの。数の子は母が、黒豆は義妹が、田作りは私と分担。(とは言っても、田作りなんて始めて作ります!)それと子ども達が大好きな、つまりうちの子たちがほとんど食べてしまいそうな栗きんとんは、やはり私が作って持って行くと宣言。言ってみれば自給自足です。

e0105846_20431772.jpg
実は栗きんとんも初めて作ります。お料理上手の母ですら、作ったことがないって。こんな感じでよいかな?と簡単そうでなおかつおいしそうなレシピを研究しました。サツマイモは八百屋さんに聞いて「やっぱり金時芋でしょう!」とのこと。それを厚めに皮をむき、水にさらしているところ。甘露煮は生協とデパ地下で国産の物を買っておきました。

e0105846_20432567.jpge0105846_20433225.jpg
そして実践は子ども達と一緒に。くちなしの実と一緒に柔らかくなるまで茹でたら(よりきれいな黄金色にするためのくちなしだけど、なくても大丈夫)、茹でこぼして、バーミックスで潰し作業はするつもりだったのだけど、どうせなら感じを出して~と金ザルで裏ごしする作業を子ども達にやってもらいました。その後は栗の甘露煮のシロップと水あめを入れて弱火にかけ、ひたすら練ること20分くらい。ねっとりとしたきれいな餡ができました。あとは甘露煮を入れてさっと混ぜれば完成です。

e0105846_11502420.jpg
はい、できました~!初挑戦にしてはなかなか。私の知っている栗きんとんになりました。

来年用の覚書。栗の甘露煮固形量400g、サツマイモ(金時芋)500g(大きいの1本分)、甘露煮のシロップ1瓶分くらい、水あめ大さじ4、(あればくちなしティーバッグタイプ1個)
砂糖は入れなかったのだけど十分甘い。それに明々後日食べるから保存の方もこれで大丈夫だと思う。
[PR]
by higumake | 2007-12-29 11:53 | レシピ | Comments(6)

お正月準備その2~廊下の飾り

e0105846_15423318.jpg玄関飾り用に買った花が少しだけ残ったので、小さな花器に挿していたら、廊下の棚のことを思い出しました。最近余裕がなく、クリスマスもなんとなーく小さなツリーを飾って終わりにしていた場所だったのですが、新しい年を迎えるにあたって、せっかくの飾り棚をちょっと復活させてみました。とは言っても今からいろいろ調べて正しいしつらえを工夫する余裕は無く簡単に!意味や形はこれからおいおい勉強していくことにして、今は気持ちを大切にしたい。要は心を盛ることだと思うから。

上の小さな棚には千両と松の小さな花器、華やかに赤い紐を結んで乗せてみました。
e0105846_15424082.jpg下の棚には三方に奉書を敷いて、本物の!鏡餅をお供えしました。今日は買い物ついでに鏡餅も探したのですが、最近の鏡餅って鏡餅型の真空パックですらなく、鏡餅型のプラ容器の中に角餅が数個入っていたりするんですね。偽モノにもほどがあると思う。そんなこんなでがっくりうなだれながらスーパーを出たら、商店街のお米やさんが店頭で本物の鏡餅を売っているではないですか。「こちらで作られたんですか?」と聞いたら、「そうなの、本物よ。さっきもお客さんが、最近は食品の不祥事だとか偽モノもたくさんあるけれど、やっぱり本物はいいわね、と言ってくださって。子どもにもちゃんと伝えていきたいわよね。」と店主のおばさま。「そうなんです!こういうのが欲しかったんです!」と私も大いに感謝し、来年からも毎年必ず来るので作り続けてくださるよう固く要望し、店を後にしたのでした。

e0105846_15424734.jpgあ~でも家に帰って乗せてみたらちょっと小さかった・・・ははは。うちの三方は小さいからと小さいの(400円でした)を買ったら小さすぎました(笑)。でも!次のサイズは1400円・・・。縁起物をケチってはいけないのかもしれないけれど、かびてしまうかもしれないものに1400円は、とっさの場で私には払えなかったのでした。でも来年は買うぞ!なんてったって、年神様へのお供え物なんですから。

全体はこんな感じ。三方の横に3つ置いたのは駒の形の漆の箸置きです。箸置きは季節モチーフのものも多くあり、小さい(つまり安価でもある)ながらに食卓を演出してくれる力強いアイテムだと思います。この季節にはこの箸置きを使う、そんな小さな贅沢もいいのではないかと。そして時にはこんな風に飾ってしまうのもありなのではないかと。

追記:生の鏡餅は間にワサビを塗るとカビないそうです。空気に触れている表面はそもそもかびは生えないらしい。
[PR]
by higumake | 2007-12-28 16:59 | インテリア | Comments(18)

お正月準備その1~玄関飾り

e0105846_15321391.jpg大掃除も尻すぼみというか・・・、正直飽きてきたというか・・・(笑)、このあたりでO型の血が出てきまして、こんなもんでいっか、と・・・。玄関を水拭きしたら、作った正月飾りをフックにかけました。一気に正月気分、盛り上がる!

昨日お花屋さんで松と千両を買ってきたので、それを適当な長さに切り、毎年使いまわしのリース(もとはクリスマスの!)に拾った松ぼっくりと共に針金で留めて、最後に金の水引を締めたら完成。今年はシデもなし、現代風のこんな感じの飾りになりました。

今ゆず大根を漬けようと、パソコンを開いて自分のブログのレシピを検索ついでに、うれしいコメントを読み読み、お返事を書き書き、ついでがついでを呼び、新しく今日の出来事まで公開している次第であります。あぁぁっ時間がっ!・・・家事に戻ります。
[PR]
by higumake | 2007-12-28 16:49 | 手づくり | Comments(0)

冬至には南瓜料理とゆず湯で

e0105846_9535293.jpgこのような写真が埋もれていました。今日は28日、冬至は22日・・・。6日も過ぎましたがせっかくなので公開。

冬至は一年で一番日照時間の少ない日。この日に南瓜を食べ、ゆず湯に入ると風邪を引かないといわれています。昼には南瓜たっぷりのほうとうを食べたし、夜はゆずのお風呂。これで今年も完璧です!
ゆずには身体を温める作用もあるといいますが、ゆずの香りの湯ってそれだけで気持ちよくて、ついつい長湯。そりゃあ身体も温まるというもの。

以前柔らかめのゆずをそのまま湯船に浮かべたら、ぼろぼろもそもそ実が崩れてしまって(子どもがゆずでキャッチボールをしたせいもある!)、後片付けがとっても大変でした。なのでこんな袋を余り布で何かのついでに縫ってみました。でもゆずのあの黄色い実が、湯船にぽっかり浮いている方がやっぱりいいかな・・・と思いました。

今日はお節の買い物をして、柚大根を漬けて、お節の田作りあたりも日持ちするものだから作ってみようと思っています。あと、ケーキも焼けたらいいな。それと新聞の整理と、出窓や棚ももう一度拭きたい・・・ってまだまだ年末のどたばたは続いているのでした。
[PR]
by higumake | 2007-12-28 08:25 | 日々のくらし | Comments(2)

クリスマスナプキンリング

e0105846_22105485.jpg冬休みのようたんの工作に混じって、私もこんなものを作っていたのでした。

既にクリスマスデザートのところに写ってはいますが、画用紙製のナプキンリングです。挟むナプキンも紙にして、カジュアルに使えるものです。

e0105846_2211487.jpge0105846_22111147.jpg

[PR]
by higumake | 2007-12-28 08:19 | 手づくり | Comments(4)

フリーマガジンとムーミン、そして冬眠へと話はつづく・・・

e0105846_2019994.jpg「R25」をはじめ、近頃はフリーマガジンもなかなかに内容のあるものがありますが、これも全頁カラーで結構楽しめました。キャラクターに関するペーパーらしいので、過去はミッフィとかキティとか・・・だとしたら目に入らなかったと思いますが、今回はムーミン・北欧ときた!しかも私はムーミンの本を読んでみよう~とムーミンの文庫を買ったその日に目に留まりました。これも何かの縁かと・・・。こうなったら唯一ひとつだけ持っているムーミンマグで、ミルクティーを入れてムーミン三昧。時には読書タイムも大切な心の栄養です。

e0105846_20191925.jpgそれにしてもムーミンの本は文庫になっているとはいえ、そこらの書店にはぜんっぜんありません!大きな書店でやっと一冊手に出来たほどですから。本当は「ムーミン谷の冬」が読みたかったのだけれど、それはアマゾンで買うことにします。ムーミンは児童文学だと思って侮るなかれ!私はハマりました。あれは一種の哲学ですぞ。

そして読みながら思ったこと。私も冬眠とやらがしてみたいということです。ようたんのクリスマスプレゼントだった「がまくんとかえるくん」シリーズの絵本にも冬眠の話があって、皆が私を刺激してくるのです。冬眠、なんて甘い響きなんでしょう~。・・・そう思うのは私だけ???夫に「お願いですから冬眠させてください。」と真顔で頼んだら、「あなたは人間だから。」と一蹴。子ども達には「かーちゃん、冬眠しないで~!」と半泣きされ(笑)、冬眠は諦めました。今日も張り切っていきましょう!

たのしいムーミン一家 (講談社文庫 や 16-1)
トーベ・ヤンソン / / 講談社
ISBN : 4061380621
スコア選択:


ムーミン谷の冬 (講談社文庫 や 16-5)
トーベ・ヤンソン / / 講談社
ISBN : 4061380966
スコア選択:
[PR]
by higumake | 2007-12-27 08:44 | 日々のくらし | Comments(12)

ツリー撤収

ブログをお持ちの皆様のページにお邪魔しながら思ったこと。小さな子がいるとなかなか出かけてゆっくり食事もできないものですが、その分ちゃんとおうちですてきなクリスマスをしているんですね。しかもどんなレストランにも負けないようなテーブルもあったりして、なんだか見ているこちらまで幸せ気分に。もちろん公開することのない家でも、きっとすてきなクリスマスがたくさんあったんだろうと思うのです。「今時」のお母さん、最高!身奇麗にしている人多いし、自分のやりたいこともしっかりやり活き活き、子供のいる見方によっては不自由ともいえる生活こそとっても楽しんでいて・・・。見習うべきところ、たくさんあるなあって思いました。ありがとう。

e0105846_2226659.jpgさて昨日早々にツリーを片付けました。いつもは横着してオーナメントもつけたまま、ツリーだけ分解して箱に仕舞っていましたが、来年はツリーもイメージチェンジしようかと思っているので、針金でしっかり取り付けたオーナメントも今年はしっかり外して、まっさらな状態で収納です。

そのためにオーナメント収納用の袋をさらしで縫ってみました。端を縫って、上部を三つ折りして紐を通しただけなのですが。でもなんだか小さなサンタ袋みたいで、我ながら上出来!かわいい!と満足しております。
[PR]
by higumake | 2007-12-26 09:24 | 手づくり | Comments(12)