<   2009年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ごはん日記~納豆定食編

この日は和食というか粗食(笑)。ジミ飯なので、夏によく使うすだれ風ランチョンマット(「IKEA」で買ったもの)を敷いてみたりしてそれとなく定食風に。
e0105846_11285780.jpg
献立:納豆丼(しらす、海苔、刻みほうれんそう、たくあん、白ゴマ)、豆腐と小葱の味噌汁、納豆、イカと大根の煮物、蒸しカボチャ(この南瓜が卒倒するうまさであった。大あたり!)

e0105846_1129211.jpge0105846_1129760.jpge0105846_11291355.jpg
2月は引きこもり月間だったし、なんとなく気持ちにメリハリもなくなってネタも思いつかず、ごはんの記録を小出ししています(苦笑)。

今日はようたんも一応病み上がりなので、遠出のお散歩はせず電車でさらーっと行けるおでかけをしたのだけど、私はなーんにも買いませんでした。2月ってお金使ってないな~。消費冷え込む2月ですものね。でも3月4月と卒園入学ときっといろいろ入用になると思うので、今は財布のヒモはぎゅっと締めておこうと思います。

しかも4月にはお陰さまで結婚10周年。エンゲージリングは「要らない」と貰わなかったので (というか、「付き合う」から「入籍」までが数ヶ月だったから買う暇もなかった・笑)、ここはスイートテンダイヤモンドか???とかなり前から夫を洗脳しているのですが、どうなることでしょうねぇ。
[PR]
by higumake | 2009-02-28 16:40 | ごはん | Comments(12)

ごはん日記~ハンバーグ編

家族のリクエストで久々ハンバーグ。でも洋風のデミグラスにはせず、和風の茸ソースにしてみました。
e0105846_11391648.jpg
献立:大葉と大根おろしたっぷりのハンバーグ茸ソース、水菜のサラダゴマドレッシング、シラタキとさつま揚げと人参のタラコ煮、ワカメと卵のスープ、五分づきごはん

e0105846_11392141.jpge0105846_1139269.jpg飽きずに食べられるように、翌朝はケチャップ&ソースで煮絡めたハンバーグをパンでサンドして頂きました。
[PR]
by higumake | 2009-02-27 12:44 | ごはん | Comments(6)

「休日」のお昼ごはん、そして呪われた2月はまだ終わってはいなかったのであった。

水曜日は先生方の集まりがあるため区内の幼稚園はお休み。だからようたんの友だちを呼んで遊ぼう!と楽しみにしていたのに、ふっふっふ・・・2月の呪われ月間はまだ終わったわけではなかったのだった。おたふく後で抵抗力も弱まっていたのか、そうくんのインフルエンザB型がもれなくようたんにもうつって、また39度超え。そうくんが治ったと思ったら次はようたん。こういうときもあるのね。もはやちょっと笑ってしまった。でも前回ようたんが病院に行ったのって2年前のノロ疑惑のときだったから、それまでは本当に元気なのだからありがたいことです。
e0105846_8175439.jpg
持ち寄りランチにしてみんなで食べようと思っていた、菜の花チラシ寿司と和風のポタージュスープでお昼ごはんです。でも昨日は丁度よくというのか雨も降っていたし、また日を改めて集合できたらいいな。

e0105846_8203478.jpge0105846_8204132.jpge0105846_8204764.jpg
e0105846_8213931.jpge0105846_8214519.jpge0105846_8215151.jpg
ほっぺピンクでいよいよ腹話術のお人形みたいでかわいいの。この人のすごいところは、高熱が出ていても食べることですね。大人だったら39度の熱があったら食べられないですよね・・・。でも本当はこういうときには胃腸の方ではなく、病気を治す方に血流を流してあげたいから、しばし絶食した方がいいとも言うのだけど、食べたいのならエネルギーも必要としているのでしょう。子どもだからその欲求にはこちらも素直に従います。たーんとお食べ。

そんなわけで比較的元気なのだけど、病気なんだから寝ろ!そうくんも病み上がりなんだから寝ろ!と昨日は3人で昼寝した。やけくそで4時間も寝た。昼寝も本気だ!それなのに夜は普通に23時半に寝た私。起床6時半。つまり昨日私は11時間も寝たのであった。(←夫には「赤ん坊並」と呆れられた。今朝、私も熱を測ってみたら36.5度あり、体温もコドモ並です。日中の私の体温は36.8度あるときもありますからねぇ。)いっぱい寝てすっきり。さ、今日も一日がんばってまいりましょう。
[PR]
by higumake | 2009-02-26 09:02 | ごはん | Comments(20)

うまし!黒蜜寒天

ぱんださんのごはん記録でたびたび見かける黒蜜寒天。寒天ブームのわが家が100g入り粉寒天を買ったのは記憶に新しいことですが、ええ、もうこれで惜しみなく寒天が楽しめるわけで・・・。今回はずっと気になっていたその黒みつ寒天を作ってみました。寒天って使う材料や作り方の単純さもすてきなんですよね。
e0105846_18524377.jpg
ははは~、おいしくて笑っちゃう。女子ってきな粉も好きじゃないですか?それと黒蜜ときたらおいしくないわけがないのですね。レシピはこちらの記事にあります。おいしいレシピをごちそうさまでした!
[PR]
by higumake | 2009-02-25 18:51 | おやつ | Comments(2)

こども作品、その後・・・

コメント欄で、ようぴたちの描いた絵や作った工作はその後どうしてますか?といった話題があったのでちょっと紹介します。
e0105846_20115876.jpg
そうくん、ようぴ用とそれぞれに1冊ずつ「無印良品」で買った透明なクリアファイルに、よく出来たと思われる絵や貼り絵や半立体作品は、忘れなければきちんと日付を入れて収納しています。ほぼ幼稚園卒園までの作品達がここに収まっているのだけれど、とにかくわが家の子たちは日々膨大な量の「作品」を生み出すので、全て取っておくのはそもそも無理。でもなるべく取っておきたい!とは思うのですが、これが限界かな。これだってもはやファイルというか、「ものすごい分厚いナニモノか」になっていますしね・・・。

さらに後で整理しようと、クリアホルダーにとりあえず入れてある作品が既に二人それぞれのが厚み3センチくらいにはなっているのでした。またこれとは別に半立体作品が収まっている箱がひとつあります。さらに、幼稚園で描いた絵や作品は幼稚園から支給された大きな作品ホルダーに各学年1冊ずつあります。(つまりわが家には幼稚園作品だけで3年分×2人の計6冊がある!でもこれはいずれそれぞれ1冊ずつに整理したい。)

ここまで書いたら、ん?以前記事にしたよな?と思い出し、検索してみたらでてきました。こちらの方が分りやすいかもしれません。そうそう、「収納見たい!」という割には反応ゼロか~っと、その記事公開後に思ったんでした(笑)。

今回作品ファイルを見ていたらこんなかわいいもの(自分で言っちゃう)も出てきました。

e0105846_20214838.jpge0105846_20215475.jpg
これはそうくん、2歳時代に描いた絵を私が画用紙に貼って絵本のようにしたもの。お友だちの顔とか、家族の絵とか、すっごくかわいいと思います!

e0105846_2022145.jpge0105846_2022798.jpg
こちらはようたんの作品。本人と同様、生み出すものも癒し系です。写真右のは「犬」という作品。2歳4ヶ月のときのものだけど、ちゃんと顔が描けていますね。

e0105846_20221270.jpgこちらはそうくん2歳6ヶ月のときの絵。ちゃんと形が分りますよね。「でんでんむし」と「くるま」と「でんしゃ」と左下のは「そうくん、ちゅー」という名前が付いていました。本人の説明付きなのです。2歳時代ってほんとかわいい!

(※写真はクリックすれば拡大して見られます。)
[PR]
by higumake | 2009-02-24 20:38 | 収納とくらしのアイデア | Comments(8)

接待クッキー製作 ~クッキーレシピ付き~

ちょっと古い先週の話なのですが、接待ゴルフならぬ接待クッキー製作の模様です。私がご接待させていただいたのは、わが家のおたふく王子ようぴなのですが・・・(笑)。病み上がりだからかなり母はやさしいけれど、今だけだからね!

e0105846_15463949.jpge0105846_15464468.jpge0105846_15465025.jpg
e0105846_15465790.jpge0105846_1547491.jpge0105846_15471048.jpg
e0105846_1547211.jpge0105846_15472782.jpge0105846_15473460.jpg
いきなりハニーミルクティーでホッと一息するようぴ(笑)。そこから泡だて器でまぜまぜ頑張ってくれました。粉を振り入れゴムベラに持ち替えせっせと混ぜたら、台に打ち粉をして生地をのばして楽しい型抜きタイム!その後オーブンで焼いてチョコペンでお絵描き。楽しんでいただけたようでなにより。半分はそうくんにもちゃんとあげていました。
e0105846_15473964.jpg
クッキー生地は五万とあれど、このピーナツバター入りの生地は香ばしく扱いやすく、子どもとの型抜き作業ベストワンレシピと思っています。こちらは省材料薄めのタイプ。

◆材料と作り方◆
ボウルにバター90グラムとピーナツバター(「スキッピー」など)40グラム、砂糖100グラムを入れ、泡立て器で白っぽくなるまですり混ぜる。溶きほぐした卵1個を加えて更に混ぜる。薄力粉250グラムを振るい入れ、ゴムベラでさっくり混ぜる。打ち粉をした台の上で生地を薄く伸ばし、型で抜いて(この時点で竹串やスプーンを使って目鼻を付けてもかわいい。)天板に並べ、180度のオーブンで12〜15分ほど焼く。
(わが家の強力デロンギオーブンの場合は170度で12分でしたが、レンジオーブン使用の友人は20分以上焼かないと生っぽいと言っていました。途中天板の向きを一度変えるとムラなく焼きあがります。)


試行錯誤しているのですが、元々作ってみたこちらの方が配合がシンプル。厚めに生地を伸ばすと子どもでも扱いやすいです。その分焼き時間も長めに。

[PR]
by higumake | 2009-02-23 08:50 | レシピ

おうちでの過ごし方

e0105846_10464399.jpgそうくんインフルエンザにより、おうちで過ごすことになった週末。ようぴ画伯はまたまた絵を描いておりました。
鉛筆画の後、myアートボックス(色鉛筆、クレヨン、水彩絵の具のセットで「ハンズメッセ」で買いました。1500円くらいなんですよ。)を出してきて、水彩で色付けをしていました。ようたんは絵の具そのままの色を使うことは少なくて、いつも色を混ぜて渋ーい色にしてから彩色しています。

e0105846_1047561.jpge0105846_10471181.jpg
「ねっず」という作品。「なきむし。バレンタインで(チョコを)もらったら(嬉しくて)泣く。暗い所に行くと(怖くて)泣く。その代わりかくれんぼが上手。」という解説付きです。

e0105846_10472112.jpgさてお医者さんで予想通りインフルエンザと言われてきたそうくん。39度以上の熱があるのに読書。執念。
さすがに午後「ナルニア国物語2」のDVDを見た後「ちょっと寝れば?」とお昼寝させたけれど、昼ご飯もすいとんを少し食べていたし、晩ごはんのおでんはかなり食べていて、お陰さまで今朝には普段どおりのそうくんに戻っています。よかったよかった。
[PR]
by higumake | 2009-02-22 10:59 | こども | Comments(12)

お茶の時間、そして呪われ月間(涙)。

ほっとお茶の時間って大切ですよね。ようたんと作ったピーナツバター入りクッキーでお茶の時間。今週はおたふく休暇のようたんと家にこもってこんなもの作っては食べ~していたせいか、明らかにおなか周りに肉がついてしまいました(涙)。家にいると太ります・・・。
e0105846_1943245.jpg
恐竜にカエルにヒツジに魚、かわいいクッキー型は4人の友だちからそれぞれ頂いたもの。いろいろな形があって、楽しいですよね。魚のは多分、お弁当用の抜き型なのだろうけれど、ほら私ってキャラ弁は作らないから(笑)。

More
[PR]
by higumake | 2009-02-21 10:14 | おやつ | Comments(6)

ミモザと朝のひと時

e0105846_1565333.jpg今日は東京も久々の雨。たまにはいいかな。

さて先日、花屋店頭のミモザがあまりに鮮やかだったので、一抱え買って帰りました。さっそく生けたら、ダイニングもリビングも鮮やかな黄色のミモザで春らしさいっぱいになりました。
うわ~、なんだかいいことがありそう!(・・・という気持ちって大事ですよね。)

e0105846_1272663.jpgそしてこのミモザに触発されたようぴが、「お花の絵を描きたい・・・」と紙と色鉛筆とサインペンを取り出し、無言で一気に絵を描き上げていました。

いつもそうなのですが何かモノを描くときにようぴは、一瞬見てインスピレーションを得たら、あとはもう実物は見ないんですよね。だから写実的ではないのですが、自分のイメージでそれらしいものは描き上げるので、そういうタイプなのでしょう。

e0105846_115768.jpgそもそもきれいなもの、かわいいもの、美しいものに反応しがちなようぴ。彼は右脳タイプなのでしょうか。

そしてそうくんは分析的理論派なので左脳タイプかと思われ、兄弟でもちゃんと住み分けしているようです。
さて下の写真は登校登園前の子どもたち。彼らは6時半起床の、家を出るのは7時50分~8時だから、朝は比較的余裕があるのです。まだパジャマなのですが、ようたんはりんごを切り始め(皮を剥くのは私です)、そうくんは自ら進んで朝学習・・・。勉強っておもしろい!に気付いた子は、自分から課題を見つけどんどん学習していくのですね。

e0105846_1565970.jpge0105846_157654.jpge0105846_1571349.jpg
先日、そうくんに罫線入りのメモ帳を買って欲しいとせがまれました。何に使うのかと聞くと、作文を書くときなどのアイデアを書きとめておきたいんだとか。君は作家か!と心で突っ込みながらも大いに感心。
そういえば地図も辞書もそうくんから欲しいとせがまれて買ったのでした。何があると便利か、何があればもっと知りたいことを知ることが出来るか、こちらが与えなくても自らの必要なものがわかってくるって、良いスパイラルにハマッタな!よしよし~と思ったのでした。
[PR]
by higumake | 2009-02-20 18:09 | こども | Comments(8)

「石垣島ラー油」と角煮丼

家の近所にある沖縄屋さん(店名すら知らず・笑)。そこに「石垣島ラー油入荷しました!」のビラが貼られていたのは先月末。BEAMSでも扱っている例のものかな~?と思いつつ、いつも自転車で通り過ぎていたのですが、先日ついに買ってみることにしました。
e0105846_16502454.jpg
店番のおばちゃん曰く「これが最後の1本よ~。もう次に入荷するのは1年数ヵ月後だからね。しかもうちには25本しか入らないの。」と言っておりました。ありがたや、これもご縁。家に帰ってネットで調べると、やっぱりこれだ!「ぺんぎん食堂」の「石垣島ラー油」

「ペンギン食堂」だなんて、「かもめ食堂」みたいでかわいらしい・・・と思ったのですが、本名なのですね。辺銀暁峰さんがやっている食堂らしいです。

e0105846_16502997.jpge0105846_16503694.jpge0105846_16504384.jpg
この日はとっても久しぶりに角煮を作りました。煮卵がまたおいしいのよね。付け合せはエリンギとチンゲン菜の塩炒めで。もみ海苔と白ゴマをたっぷり乗せたあつあつのごはんに、ほろりと煮崩れるまで煮込んだ角煮と野菜などを乗せていただきました。わが家の男子達が「うまいうまい」と狂喜していおりました。

e0105846_1650492.jpg
さて「石垣島ラー油」。さっそく豆腐とワカメのシンプルな中華スープにひとたらししてみたら、一気に深い味わいに!しかも辛いだけじゃない!おいしいキムチは甘みすら感じるものですが、まさにそんな感じ。

液の下半分くらいは島唐辛子やウコン、ニンニク、島コショウ、黒糖に石垣の塩(と身体にいいものいろいろ入ってます)が沈殿していて、そこからいい出汁が出ているようなのでした。よくふってすべていただいちゃいます。炒め物や和え物にもいいようなので、ラー油ってなかなか減らないものの一つですが、これは案外すぐになくなっちゃうかもしれませんね。うーん、説明するより、ここは是非味見してほしいです!
[PR]
by higumake | 2009-02-19 09:24 | ごはん | Comments(18)