<   2009年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

わたしの たんじょうびで ありました。

5月6月生まれの双子座が3人いるひぐま家。怒涛の誕生日月間のスタートは私からでした。朝起きると子どもたちからかわいいお手紙をもらいました。「いつも おいしい ごはんを つくってくれて ありがとう」とか、「かあちゃん だいすきだよ」とか。家族の中では紅一点の私(自分で言っちゃう)。家の中の男達には大変愛されております(笑)。

以前より「プレゼントはなにがいい?」と夫は聞いてくれていたのだけれど、来週ホテルに一泊して大好きなホテル朝食をいただけるので、それがなによりものプレゼントでしょう!と思っていたのですが、夕方花束が届きました。会社帰りに注文してくれていたらしい。お花ってやっぱりうれしい。そして「男の人がお花を買う」というシチュエーションがとにかくいいなと思う私です。
e0105846_18521534.jpg
というわけで36歳になりました。子どもの頃思っていた36歳ってものすごく大人だったはずですが、実際自分がなると、うーん、この程度でいいものなのか?と・・・。なかなか「大人の女」にはなれないものです(苦笑)。

でもやっぱり今年も「今が一番幸せだなぁ」と思うので、本当に私は恵まれていると思いました。夫と私のお父さん、お母さん、私たちを産んでくれてありがとう。今のそんな生活を支えてくれるダンナさま、一緒にいてくれてありがとう。かわいいかわいい子どもたち、わが家に来てくれてありがとう。ブログを見てくださっている皆さまも含め、たくさん出会ってきたすてきな友だち、いつも本当にありがとう。さ、今年もがんばろう!

(※なんとなくブルーな先週から一転、幸運期に突入!という感じなので、これはやっぱり掃除効果でしょうか。みなさん、やっぱり片付け&掃除が開運行動みたいです。)
[PR]
by higumake | 2009-05-30 19:13 | 日々のくらし

ごはん日記~4月中旬編

続きまして4月中旬編です。学年が上がって内容も難しくなりはじめてきたそうくんには「進研ゼミは進んでいるの~?今月中に赤ペン出さなかったらもうやめるよ~!」としょっちゅう脅しているのですが(これが予想外にようたんはさっさと終わらせてしまうのです。)、一方自分のごはん日記はダラダラ~。別に仕事じゃないし~義務でもないし~という甘えがあるからなんだけど、日常のことって適当に流そうと思えばいくらでも流せるので、こうやって公開させてもらうことで自らのモチベーションを保ち続けるのも大切ですよね。というわけで、中旬編参ります。

e0105846_8311215.jpge0105846_8311875.jpge0105846_8312515.jpg
これは結婚10周年記念の日のごはん。家族の好物を作りました。
◆ポテトコロッケ、センキャベツ、人参サラダ(ツナは入れず)、スナップエンドウの塩茹で、ワカメと油揚げの味噌汁、五分づきごはん

e0105846_8313032.jpge0105846_8313588.jpge0105846_831412.jpg
食後にはしっかりケーキも。フルーツをたっぷり乗せたタルトです。別腹別腹・・・。

e0105846_8315175.jpge0105846_8315891.jpg
◆非常にオーソドックスなジャガイモと人参と玉ねぎと豚肉のカレーライス、サラダ、水
◆シーフードドリア、シーザーサラダ(カタカナ食がつづきます。つまりらくちんメニュー・・・。)

e0105846_832224.jpge0105846_8322956.jpge0105846_832351.jpg
適当な割りにおいしく出来た炊き込みご飯(ピラフ?)と冷蔵庫の残り野菜一掃のスープ。これがおいしかった!具沢山のスープ、大好きなのです。
◆イカとチキンのカレー風味ピラフ、ゴロゴロ野菜のスープ

e0105846_834515.jpge0105846_834119.jpg
たまには麺類のごはんも。
◆ちくわ入り野菜のかき揚げ、讃岐うどん、万能葱、大葉、ゴマ

e0105846_8341953.jpge0105846_8342593.jpge0105846_8343072.jpg
◆豚肉と玉ねぎの味噌マヨ丼、水菜、白いミネストローネスープ

e0105846_8344156.jpge0105846_8344635.jpg
豚肉と白菜の鍋、大根おろし、キュウリと昆布のネバネバ和え、豆腐の味噌汁、ごはん
◆ホイコーロー、人参サラダ、白菜キムチ&オイキムチ(近所の朝市で購入)、中華風コーンスープ、ごはん
[PR]
by higumake | 2009-05-30 12:36 | ごはん

ごはん日記~4月上旬編

e0105846_10185145.jpg今日も東京は雨です。しかもなんだか寒い・・・。ごはん日記は久々の公開でしょうか?5月も終わるというところで、やっと4月の分から・・・。

◆献立:作り置きミートソースでラザニア、ニース風サラダ、フランスパン
e0105846_10185859.jpge0105846_1019410.jpge0105846_10191112.jpg
◆献立:タケノコとピーマンと豚肉のオイスターソース炒め、トマトのサラダ、もやしと葱の味噌汁、グリンピースご飯、シバ漬け

e0105846_10191827.jpge0105846_10192559.jpge0105846_10193148.jpg
この日はおでかけしていたので、帰りにデパ地下に寄りお刺身を購入。そんな日の夜は準備も簡単!手巻き寿司で。
◆献立:我が家にしてはちょっと具材豪華目の(笑)手巻き寿司、アサリの澄まし汁

e0105846_10211823.jpge0105846_10212480.jpg
◆献立:焼いた鮭をほぐして鮭丼、ホウレンソウやエノキダケの入った湯豆腐
この日のお昼は多分外食してる。それで晩ごはんはカロリーダウンなこんなのがいいよね、って話した記憶があります。

e0105846_1022257.jpg◆献立:ドライカレーにスライスしてトースターで焼いたカボチャをトッピング。グリルしたカボチャって独自の甘みが出ておいしいと思う。あとは千切り野菜のコールスローサラダ
e0105846_1022895.jpg◆献立:肉じゃが、納豆、シバ漬け、(多分残り物の)野菜スープ、五分づきごはん
e0105846_10221489.jpge0105846_10222166.jpg
◆献立:エビフライタルタルソース添え、グリーンサラダ、シバ漬けのワンプレートごはん、絹さやの味噌汁
エビは重曹水や酢水にしばらく漬けて下処理しておくと、臭みも取れ、ぷりっぷりの食感になります。

e0105846_10233820.jpg家族揃った週末は餃子がよく似合う。
◆献立:野菜たっぷり餃子、たたきキュウリのショウガ風味、かき玉スープ、五分づきごはん
餃子は結局3皿分焼きました。

4月は中旬編に続きます。
[PR]
by higumake | 2009-05-29 09:53 | ごはん

ブルーな気分を晴らす

たまに陥る「なんだかな~」期。ごはん作ってもちーっともおもしろくないし、読書しててもイマイチ入り込めず、ブログも楽しめない。家の中もうっすら汚れてきて、でも普段の家事をこなすだけで疲れてしまう・・・。「なんだかな~!」そういうときは私の存在価値はゼロだな・・・と本気で思ってしまう。プチ鬱か???要はそれでも生きていける環境に甘えてるんだと思います。

e0105846_9443561.jpg一方の夫なんて今週は月曜長野、水曜岡山、金曜静岡に出張(しかも全て日帰り)と本当によく働いていて、しかも愚痴ゼロどころかいつも朗らかで、偉いなあと思う。(感情のブレが無いそうくんの原型は夫です。)

私もこれではいかん!と思って、家にある古めのタオルを全部半分に裁って、雑巾8枚縫いました。(これでふいの学校からの雑巾提出にも当分は慌てないぞ。)

それで昨日は普段の掃除の後、洗面台を磨き、鏡も磨き、キッチンの換気扇のフィルターを交換し、換気扇の油汚れを落とし、ガス台の天板を外して丸洗いして、五徳なども磨きました。キッチンのカウンターも磨いたし、ステンレスの流しもクレンザーでゴシゴシ。そして今日は今日で冷蔵庫の中身を全部出し、中の棚を外せるものは全部外して、丸洗いしてやりました。やってやったさ!

e0105846_1764526.jpge0105846_176529.jpgそれでちょっと気分も晴れた。やっぱり気分の下降時には掃除が効きますね、というおはなしでした。
[PR]
by higumake | 2009-05-28 17:08 | 日々のくらし

おやつ日記~洋菓子と和菓子と・・・

気が向いたときにはおやつを作ります。バター消費が鈍っていたけれど、冷凍庫に丸々1本バターが眠っていたのでそれを使ってスノーボールクッキーを焼きました。「ありがとう」を伝えたい人が何人かいたので、「ボンヌママン」の空き瓶につめて簡単にラッピングしました。リボン代わりに使ったのは、布の切れ端です。
e0105846_936414.jpg
スノーボール(アーモンドボール)クッキーのレシピはこちら。粉砂糖をまぶしたものも、まぶさずプレーンな素朴なものもどちらもすきです。

こちらはバターなしレシピの塩バナナマフィン。バター無しでもしっとりコクのあるマフィンが焼けるんですよね。ビフォア↓
e0105846_920173.jpge0105846_9202474.jpg
焼くとこうなります。アフター↓
e0105846_9203121.jpg
塩バナナマフィンはぱんださんのブログに作り方が載っています。私もごま油は菜種油に変えたり、ない材料は適当に代替しています。

e0105846_1031327.jpg
和のおやつも大好きです。好物のナッツときな粉に黒砂糖、それがモチモチな食感でまとまっている、おいしくないわけがない。クルミ餅は初チャレンジだったのだけど、まさに私ごのみなおやつでした。電子レンジがあれば、さらに手軽に作れるようです。

作り方は、小鍋に白玉粉50gと粉末の黒砂糖50をよく砕いてからいれ、水1/3カップを少しずつ加えて混ぜる。弱火で半透明になるまで練る。ローストしてから粗く刻んだクルミ20gを混ぜ、適当な大きさにちぎったらきな粉をまぶす。電子レンジを使う場合は、耐熱ボールを使い、ラップをしないで1分レンジにかけ、さっと水でぬらしたヘラで一気にこね、なめらかになったらクルミを加えるだけでよいようです。
e0105846_8461686.jpg
あんみつも作りました。アイスクリームはなかったのでクリームあんみつにはならなかったのですが、白玉だんごとフルーツをたっぷり乗せてフルーツ白玉あんみつです。「おなかいっぱい・・・」と言っていたのに、こういうのは別腹なんですよね。

e0105846_850449.jpg
これは抹茶のデザート。栗原はるみの本で見ておいしそうと思い作ってみたのですが、作りながら「ん?なんかヘン・・・」と。そういう「なにかがおかしい」予感って当たりますね。ゼラチンを使うべきところ、寒天パウダーで作ってしまいました。ぷるんぷるんのゼリーを期待していたのに、出来上がったのはあっさりな寒天で私は大層がっかり。でもへんな期待のない子どもたちは、これはこれで良いようで、「おいしいじゃん!」と食べていたのでまあいいか。

e0105846_9181036.jpg
コーヒーゼリーも作りました。普段より濃い目に出したコーヒー液500ccにふやかしたゼラチン14gを溶かし容器に流しいれ冷蔵庫で冷やし固めたものに、練乳と牛乳を半々で溶いたものをかけて頂く、とても簡単なコーヒーゼリーです。バニラアイスを添えてもおいしいですよね。

e0105846_9182036.jpge0105846_9182832.jpge0105846_9183673.jpg
e0105846_9184343.jpge0105846_9185546.jpge0105846_919483.jpg
日曜日はプールに行ってみよう!と意気込んでいたのに朝起きたらあいにくの雨・・・。先日ようたんと「カルディ」でチョコレートの飾りなどを買っておいたので、それを使ってクッキーつくりをしました。レシピはこちらです。その日は楽しい型抜き作業だけでなく、アイシングを塗ってチョコスプレーを振りかけて・・・といった作業もあったので、子どもたち大喜びでありました。ちなみにアイシングは粉砂糖に水を少し入れ、適当な固さに練ったものです。
[PR]
by higumake | 2009-05-25 21:46 | レシピ

業務委託

週末の朝の光景。親はまだ布団の中、子どもたちもまだパジャマ姿だけど朝勉に励んでいたそうです。暇だったからと勉強する子ども・・・どうやって育てたらそうなるんだろう(笑)。

e0105846_8534998.jpgその親も起きたら起きたでいろいろやることがあるから、本来は親がしなきゃいけない丸付けを、「悪いけどそうくんにやってもらって!」とそうくんに丸投げ。でもちゃんとやってくれるからえらいよね。ようたんとは2歳違いの兄弟なのですが、既に先生役もこなします。夫ともよく話しています。「俺もそうくんみたいなおにいちゃんが欲しかったなあ・・・」と。私も同感です。

話は変わりますが、
[PR]
by higumake | 2009-05-25 17:32 | こども

ごはん日記~トマトな気分

以前に比べてスーパーの棚にも、いろいろな種類・ブランドのトマトが並ぶようになった気がします。そして今私はものすごくトマトな気分!ぷりっぷりのトマトを見ると、ついつい手に取っております。

e0105846_9513097.jpge0105846_9513697.jpg
これはある日のお昼ご飯。朝、片づけをしながら同時進行でトマトソースを仕込んでおいたので、ランチの準備はらくらくでした。
e0105846_9514286.jpg
献立:モッツァレラチーズ入りトマトソースのスパゲティに、水菜とベビーリーフ(そう、お庭で採れたヤツです。)とプチトマトのサラダ温泉卵乗せ
このパスタは「アフタヌーンティー」で見かけたメニュー。食べてないくせにこんな感じだろう、とかなり似せて作ってみました。
e0105846_9514988.jpg
これはその日の晩ごはん。やっぱりトマトを使ったメニュー。
献立:豚肉とトマトの重ね焼き(洋風鍋)、塩茹でアスパラ、キュウリとオクラと昆布のねばねば和え、オクラの味噌汁、五分づきごはん

e0105846_9515576.jpge0105846_952165.jpg
翌日の朝は、少し残しておいたトマトソースでピザトースト。
トマトといえばリコピン。これだけトマトを食べれば若返っちゃうかしらねぇ・・・。

e0105846_952715.jpg【豆知識「リコピン」とは】
トマトには、黄色の色素「カロチン」と赤い色素「リコピン」が含まれています。このリコピンは体内の活性酸素を除去してくれる抗酸化物質です。活性酸素は体内で発生し、侵入した細菌を殺す役目があるが、過剰になると正常な細胞まで破壊するようになり、これがガンや老化の原因と考えられています。リコピンの効能には、ガン、心臓病、高血圧、老化の予防などがあります。

[PR]
by higumake | 2009-05-22 22:24 | ごはん

ようたんの頭の中

ようたんネタをふたつほど。

女の子は小学生にもなると、目の中に星が描かれたりして、大変乙女チックで漫画チックな画風に変わってきたりもするものですが、男の子はいつまでも子どもらしい素朴でユニークな絵を描き続けるようです。特にようたんは発想がユニークな気がします。不思議な生物も、その絵の中にはよく登場しますしね。
e0105846_1057962.jpg
e0105846_10571550.jpgネコの頭にネジがついていてそこから花が咲いていたり、トリのような生き物の足はドリルになっていたり、アンテナもついていたり。

この絵の説明もしてくれたのですが、どうやら太陽光線を使用したエネルギー循環システムらしいです。こう見えて結構アカデミックなのです。

非常に魅力的な絵を描く絵本作家の荒井良二さんは、「自分の中の子供をうまく開放してあるのだ。」と言います。大人にはいろいろな思い込みがあるし、こうしなければらないというつまらない既成観念もあるけど、それではのびのびとした表現はできない。絵を描くということは、つまり解き放つことなのらしい。とすれば、現役の子どもには敵わないですよね。彼らはそのままで十分解き放たれているのですから。解き放つべき子ども、そのものなのだから。
[PR]
by higumake | 2009-05-22 08:48 | こども

キャッチ&リリース

入学してひと月半、ようたんにはまた新たに気になる女の子が出来たのだとか。っていうか、入学当初からラブラブだったYちゃんはどうしたのか???確かに数週間前、調子に乗りすぎてしまったようたんがYちゃんにカンチョーしてしまったのが原因で、「ようぴいなんかきらい!」と嫌われはしたらしい。それを告白してきたようたん、涙目でした。でも好きでも嫌いでも毎日顔を合わせなきゃいけない同じマンションの住民同士、仲直りはしたようですが、もはや恋ではなく友情に変わったようで。

で、次のターゲットはAちゃん。なにやら体力測定でペアになった子らしく、そこで腹筋のときに足を持ってもらったりして触れ合っているうちに仲良くなったのだとか。単純である。で、ニヤニヤしながら言うんですよ。

e0105846_1094411.jpgようぴい「明日はAちゃんのこと、捕まえちゃう!」
私「・・・捕まえちゃうってなにするの~???」
ようぴい「追いかけてキャッチするんだよ。」
私「キャッチしたらどうするの?抱きしめちゃうの?まさかちゅーとかしちゃうの???」
ようぴい「捕まえたら・・・離す!」

釣りかっ!!!!!

惚れっぽく冷めやすいようたんの恋路を見守って行きたいと思います。こういう話、私にはむしろ非常に嬉しそうにでれでれしながらするようたんなのですが、夫(とうちゃん)には「絶対に言うな!」とまで釘をさし、自分からも絶対にしないんですよね。むりやりすると泣くくらい。なぜ?
[PR]
by higumake | 2009-05-22 08:35 | こども

新聞記者2号

子は親の背を見て育つといいますが、弟というものは兄の背を見て育つようです。兄が楽しそうに新聞を書いているので、弟ももちろん真似をします。そうして出来たのはこちら、「つきよたけ しんぶん」。つきよたけ・・・固有名詞。それこそすぐにネタもつきそうなものですが、なんと現在5,6号まで出来上がっております。写真は3号までしか撮っていないのですが。
e0105846_10223447.jpg
まずはつきよたけとはなんぞや?の説明ですね。
「ツキヨタケにはイルジンCという毒があります。ツキヨタケを食べると下痢、腹痛が起こります。夜になるとぼんやり光ります。」
e0105846_10223965.jpg
第二号は題名にもある通り「説明」新聞。なんの説明かと言うと、これから登場予定の人物(キノコ)の名前と学年の説明です。
「家族は10人、お友だち家族は6人家族。つき君(年長)、つるこちゃん(6年生)、つれちゃん(2年生)、つきよ君(5年生)、つう君(4年生)、つきよたろう君(3年生)、つうこちゃん(高1)、つこ君(高2)、つりたろう君(1年生)、つみちゃん(赤ん坊)」
ようたん、どうやら世の中には高校の前に中学校というものがあることを知らないようですね。
e0105846_10224484.jpg
3号は校歌の特集。つきよたけの世界にも学校があるのですね。
「(1番) 春の木(キノコ)ツキは おともだち
ころんだ こども ほけんしつ 
せんせいから おこられた おともだち 
ああ ああ われらの つきよたけ 
(2番)夏の木 ツキは しらないこ 
おともだちできた おともだち いっぱい たのしいよ 
ああ ああ われらの つきよたけ」

こういうものを真顔で真剣に書いているんです。ようぴい、不思議な子かも。さらにこれ、3番と4番もあるのですが新聞自体がなくなりました。どこいっちゃったのかしら?見つかり次第また掲載させていただきますね。この後、校歌の中でインフルエンザが蔓延したりといろいろ大変だったはずです。

e0105846_1048347.jpgそもそもツキヨタケがどこから来たかと申しますと、これもまたそうくんの愛読書「有毒生物のふしぎ」から。終わりの方のページにひっそり、あまり内容も無いので半ページちょっとしか掲載されていないツキヨタケですが、ようたんの心を掴んでしまったようです。
[PR]
by higumake | 2009-05-21 19:02 | こども