「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

のんびり東京散歩~吉祥寺へ

吉祥寺はとても好きな街ですが、実に半年振りに訪れました。前回行ったのは出産3日前。あのときはまだおなかの中にいたベビーも無事に生まれ、こうしてみんなでお散歩できることがうれしいです。
e0105846_8574768.jpg
東急の裏通り辺りを散策したり、せっかくのいい天気なので、ランチは「カーニバル」でお弁当を買って紀伊国屋裏の原っぱ公園で食べたり、「コットンフィールド」では布やリボンを買ったり・・・。

e0105846_10433319.jpg生地屋さんの店内を彷徨っているとアドレナリンとかドーパミンとかが出てくるのが分かります。テンション上がりますね~。今回は夫そうくんチームと別れて、私はようたんと一緒に生地屋にいたのですが、ようたんがまた生地好きで!フエルトを4枚買ってあげたらものすごくテンションあがったらしく、ようたん終始それで何を作るか喋り続けておりました(笑)。

写真は「ギャラリーフェブ」やパン屋「ダンディゾン」のある建物の横の公園。ここの公園も小さいながら良い雰囲気で大好きな場所です。

e0105846_857538.jpge0105846_858162.jpge0105846_858995.jpg
そんな公園でこっちゃんは給油ならぬ授乳タイム。そうくんようたんは四つ葉のクローバー探し。こどもはかわいいなぁ。男の子もまだまだかわいいなぁ。

e0105846_85816100.jpg
お散歩といえばおやつはたい焼きのことが多い我が家です。なぜならそこにたい焼き屋があることが多いから。今回より始まった『今日のたい焼き』コーナーです(笑)。本日伺ったのはハモニカ横丁にある「天音」さん。並んでいる人が5組くらいいてこちらも人気店のよう。(隣の雑貨屋さんも楽しいです。)焼いているところは見えなかったのですが、多分養殖系の額縁タイプ(勝手に分類)。額縁タイプといえば、神田神保町のがそうでした。

e0105846_8582397.jpge0105846_8583177.jpge0105846_8583754.jpg







私はおなかいっぱいで食べられなかったのですが、かりっとしていて食べ応えありそう。でも夫曰く、ここのもおいしいけど、麻布十番のがいまだに一位の座とのことでした。
e0105846_8584421.jpg
この日薄手の防寒つなぎを着て行かせたのだけど、日中気温はぐんぐん上がり、一皮(カバーオールが)剥けた娘です。こうなると帽子を持ってくるべきでした。スタイとワンピは私の手づくり。花柄スタイといえば、「サンク」のリバティで作られたスタイやワンピやバルーンスカートがかわいすぎました。でもスタイで確か2400円くらい。作って売ろうかな(笑)。

赤ちゃんを連れていると、いろいろな方に声をかけてもらえます。そして腕の中でぴちぴち跳ねていることの多い娘はいつも、「この子は元気だね~!」と言われる活きの良さが自慢。女の子なんだけどお兄ちゃん達よりアクティブな気がします・・・。今日も楽しかった~!

[PR]
by higumake | 2010-04-30 12:18 | 日々のくらし | Comments(4)

イメージトレーニング?

今日も雨ですね。新年度スタートだというのに、非常に冴えない4月の天気です。さてなかなか外で遊べない最近の子どもたちは、何をしているかといえば真剣にお絵かきを。描いているものは・・・
e0105846_8575815.jpg
スーパーマリオブラザーズ!それにしてもそうくんの空想マリオ、適当だな~(笑)。帽子大きすぎだし、オーバーオールは吊りズボンになってるし。
e0105846_858479.jpg
一面から順番に、コースやキャラクターを描いています。でもだからといって、攻略本とも違うよう。

e0105846_8581038.jpg
結局そうくんはそれぞれ紙を3~4枚つなげて、5面までの5種類を作っていました。暇人です。

e0105846_8581555.jpg
兄がしているおもしろそうなことは、弟も必ず!マネをします。

e0105846_8582131.jpg
ようたんのはダイナミック。しかもマリオ自体友だちの家で1回くらいしかしたことがないらしく、思いっきり「ようたんの!」マリオです。空想だけです。でもちゃんとコインがあったり、キノコが居たりはするのですが。

e0105846_8582675.jpg
子どもたちがあまりに真剣にマリオ絵を描いているのを見て夫は、「なんだかお金がなくてゲームが買えない不憫なこどもたちみたいだね・・・」と。

e0105846_858322.jpg
でもついに今年のそうくん10歳の誕生日には、わが家にも本物のマリオがくるはずなので、それまでのイメトレってところかな。ほら、紙鍵盤でピアノ練習するみたいな(笑)?
[PR]
by higumake | 2010-04-28 09:13 | こども | Comments(8)

バターも卵も砂糖も使わないビスケット達

甘さ控えめ、ざっくりとした食感がとてもおいしいビスケットでした。大好きなナッツやドライフルーツがたっぷり入っていて、かみ締めるほどに粉の味もしっかり。バターたっぷりクッキーももちろん好きですが、こんなビスケットも私は好きだなあ。
e0105846_8412126.jpg

まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本

なかしま しほ / 主婦と生活社


この方の本、けっこう流行っていますね。私は出産祝いに友だちからプレゼントしてもらったのですが、その本から今回はこの二つを作りました。こっちゃんのタッチケア(ベビーマッサージ)のクラスにまたまた持っていったら、助産師さん曰くおっぱいにも悪くないと好評です。マクロビオティック系おやつは、授乳中にもやさしいものなのですね。

e0105846_8413161.jpge0105846_8413714.jpge0105846_8414360.jpg
昨日八百屋さんの店先で、ようたん幼稚園時代のお母さんふたりに遭遇。第一声が「仕事始めたんだ?」で、「???」ときょとんとしてしまったら、「ベビーシッターはじめたんでしょ?」と言われ、どうやら私が三人目を産んでいたことを知らなかったらしい。「いやいや、これはうちの子よ~!」と言ったら「ええ~っ!いつの間に~!」と驚かれました。

確かに卒園するときは妊娠の事実は隠していたけれど、卒園アルバム配るときにはもうお腹6ヶ月になっていたんだけどなあ。言わないと気付かれないものなのですね。気付かれないといえば、わたし妊娠9ヶ月のときの保護者会で隣に座っていたお母さんも、産後会ったら「なにこれ!いつ妊娠してたの???この間会ったよね???」と驚かれた。私、存在感薄いのです。

[PR]
by higumake | 2010-04-27 08:58 | おやつ | Comments(6)

超ひさびさのごはん日記~4月だけど2月分

久々のごはん日記です。ちょっと調べたら1月以来書いてないじゃないか。やる気がないのはごはんづくりだけではないらしい。記録していないものもあるけれど、でも写真には結構撮っていたらしい(笑)。というわけで、もったいないので公開します。が、説明はなし。自分でも「なにこれ?」ってものあるし。やる気の感じられない日もあるけれど、家庭のごはんなんだからそれもいいんじゃないかと思う。

e0105846_10323634.jpge0105846_1032424.jpge0105846_1032484.jpg
e0105846_1032556.jpge0105846_1033169.jpge0105846_1033745.jpg
e0105846_10331327.jpge0105846_1033192.jpge0105846_10332629.jpg
e0105846_10333274.jpge0105846_10334318.jpge0105846_1033508.jpg
e0105846_10335621.jpge0105846_1034342.jpgこうして並べると、基本的に内容が地味。華やかな洋食が・・・ない。

でも2月ってイベントも無いし(バレンタインはあるけれど)、消費も気温もいちばん冷え込む月だから、それがよく表れているのではないでしょうか。
e0105846_10341429.jpge0105846_10342694.jpg
e0105846_10343390.jpge0105846_10343946.jpg
下のサラダは「MEAL MUJI」で食べたものをまねっこしたもの。糸こんにゃくやワカメが入っていて、それを中華ドレッシングで和えてあるのですがおいしかったです。こういう組み合わせって、デパ地下やデリ風のお店が上手ですよね。おもしろいな~と思ったものは家庭でもたまに真似してみます。

e0105846_10344863.jpge0105846_10345767.jpg

[PR]
by higumake | 2010-04-26 11:01 | ごはん | Comments(6)

仕方がないので始めました。

ちょっとめんどくさい離乳食は、6ヶ月過ぎたら考えてもいい(笑)くらい思っていたのですが、娘としてはもう食べたくて食べたくて仕方がない!いつも家族のご飯時は私のひざの上で見学していることが多いのですが(置くと泣くから。そしてもうあんまりお昼寝もしなくなったからご飯時も起きていることが多いのです。)、その間食べている人のことはまばたきもせず直視!自分の指をくわえ、よだれを流しながらちゅぱちゅぱするので、「そんなに見るなよ~」とみんな食べにくいったらありゃしない。

e0105846_19593514.jpge0105846_19594448.jpg








そしてついに、学校からのお便りプリントをもぐもぐむしゃむしゃ食べ、おむすびに巻いてあった海苔にも手を伸ばしそれは本当に一枚食べてしまったので、ついにそのときがきたようだね・・・と私も重い腰を上げ、離乳開始をすることにしました。

「はじめはどろどろの重湯をひとさじからはじめましょう」というのが一般的な離乳スタートですが、白米の在庫はなかったのでスタートも玄米から。炊いた玄米をもう一度柔らかく煮て、バーミックスでがーっとしたものを与えてみたら、ごっくんどころかちゃんとあむあむ食べていました。

しかも「あーん」「ぱく」「もぐもぐ」「ごっくん」という一連の動作が、娘にはすでにプログラミングされている模様。こぼさず食べるし、すごいね~とみんなおもしろくって、「ぼくにもやらせて」「ぼくもやりたい~」と初日結局20匙くらい与えてしまった。でもそれでおなかも壊していないので大丈夫なのでしょう。そんなわけで、言ってみれば餌付けの楽しさに目覚めてしまったひぐま家なのでした。今日で一週間経つのだけど、そろそろお芋なんかもあげていいんだっけ?離乳の進め方・・・忘れちゃったな・・・。

[PR]
by higumake | 2010-04-26 10:55 | 赤ちゃんのいる生活 | Comments(6)

徳島の遊山箱

これは先日、新宿御苑に持って行ったお花見弁当です。おかずを入れた手提げの三段重は、徳島の遊山箱(ゆさんばこ)というもの。調べたらはなまるマーケットで水野真紀さんが紹介していたのも遊山箱でした。だんご3兄弟ママさん正解です!そしてカナさんもお持ちなんですよね!
e0105846_817162.jpg
中身は一応結婚11周年おめでとうのお赤飯と、あとは定番の鶏の唐揚げにポテトサラダとプチトマト。

e0105846_959522.jpgはじめて「遊山箱」を知ったのは2004年に発売されていた雑誌「リンカラン5月号」で。(今は休刊しちゃいましたね。たまに手にとっていたのにな。)

「遊山箱」とは、昭和40年ごろまで野山への行楽や雛まつりに使われたこどもたちが持つ弁当箱のこと。

小さな3段重には巻き寿司や煮物、ういろうなど、普段はあまり食べられない特別なごちそうを入れてもらって、旧暦の3月4日に、徳島の子どもたちはこれをもって、子どもだけで野山に遊びにでかける風習があったそうです。

昔は子どもにも水汲みや子守や農作業の手伝いなどの仕事があったけれど、この日だけはご馳走を持たせてもらって一日中遊ぶことができた。子どもにとっては幸せな一日。そんな思い出とともに遊山箱も忘れられた徳島独特の文化でしたが、近年このすてきな文化を復活させようと、徳島の方々は取り組んでいるらしい。

e0105846_9592135.jpgあるとき母にもこの記事を見せたら、母はすでに知っていて、家のしつらいにも使いたかったし、孫に女の子も生まれたことだから、初節句のお祝いにこっちゃんにあげるね、と贈ってくれました。うれしい!

そしてなぜかかわいいもの好きなようたんも欲しいというので、大きめの黒はようたんに(というか家族用に)。これは子どもの持ち物なので、普段使わないときは宝物入れになっています。

e0105846_9593115.jpgこれから娘が歩くようになったら、毎日のようにお散歩に出かけるだろうし、そうなったらこっちゃん用の小さな遊山箱にありあわせのおかずを詰めて、近所の公園や原っぱに出かけたいなと思います。

覚えていなくても、当たり前に思っていても、子どもの心のどこかにお母さんのお弁当の思い出が詰まっていたら、その子たちは健やかに育っていくんじゃなかろうか。そう信じたいです。

親が子にしてあげられることなんて、きっとそんな小さなことの積み重ねなんだと思う。

e0105846_9594051.jpgこれは「漆器蔵 いちかわ」のもの。「楽天」あたりでも遊山箱の扱いはあるけれど、お手ごろ価格でも中がプラスティックだったりとちょっと残念なので、こんなちょっとぜいたく品だからこそ、木製のしっかりしたものを使いたい。この遊山箱、これからたくさん活躍してくれることと思います。
[PR]
by higumake | 2010-04-20 14:20 | お弁当 | Comments(19)

のんびり東京散歩~麻布十番・東京タワー・芝公園

今週は雪まで降って4月なのに寒すぎる日々でしたが、週末は久々に太陽が見られて、思わずお散歩に出かけてしまいました。思い立って出かけた場所は東京タワー。

e0105846_17184147.jpge0105846_1718491.jpg
麻布十番駅下車でさっそく「浪花家」でたい焼き(150円)を買いました。ここのたい焼きはぱりっとした薄皮で、あつあつあんこもたっぷり美味でした。ちなみにここのは一尾ずつ焼く「天然もの」のたい焼き。(たくさんの並んだ型で一気に焼くのは養殖。)いろいろな街に名物のやい焼きやがあるものだけれど、それぞれに違っていて比較もおもしろいです。

e0105846_17185640.jpge0105846_1719158.jpge0105846_1719817.jpg

e0105846_17192858.jpge0105846_17193523.jpge0105846_17194193.jpg
e0105846_17194813.jpge0105846_17195541.jpg麻布十番って近代的なビルの合間には古いビルや家も残っていて、商店街は昔ながらな下町風、それらが渾然一体となっていてなんともおもしろい街でした。

ほんとは「ブラタモリ」で見たディープな三田の街を探索するつもりでいたのですが、至近距離まで来て内部にまで潜入できず、残念な思いをしたのです。行く前に復習するため見ようと思った番組・・・残念ながら削除してしまったようで(涙)。

写真の近代的な建物はオーストラリア大使館。この街は大使館だらけです。

e0105846_1720337.jpgそして本日のメインの東京タワーにやってきました。近くでみると本当に大きいな~。そしてきれいなデザインなのですね。

e0105846_1720994.jpg夫はその昔来たことがあるようですが、私は実ははじめて登ります。子どもたちももちろんはじめて。東京にいると案外こないものですよね。はとバスも何台も止まっていてお土産やさんもたくさん、ここは観光地なのだなと改めて。(なんとここで近所の友だちに遭遇!びっくりしました~!)

その後近くの芝公園で持ってきたおにぎり弁当を食べました。芝公園・・・地図でみると原っぱが広がっているように広々見えるのですが、実際は・・・ちょっと違っていた。行き当たりばったりなので、ま、そんなこともありますね。

ところで素朴な疑問が浮上。東京タワーは墨田区に新しく作られているスカイツリー完成後は壊されてしまうのでしょうか?私はラジオ電波など一部の電波は残るんじゃないかと思っていて、だからタワー自体も壊しはしないだろうと思っていたのですが、夫は壊すんだとばかり思っていたと。東京のシンボルみたいなタワー、役目を終えたからって壊しちゃうのかな~???
[PR]
by higumake | 2010-04-18 17:10 | 日々のくらし | Comments(18)

朝ごパン

一時朝はごはん(米)ブームが来て、私なんかは三食玄米を食べていたりしていたのだけれど、そうすると月に10キロ弱届けられる玄米があっという間に底をついてしまう。それで残り10日間くらい白米を食べていたら、明らかに代謝が悪い!玄米パワー恐るべしです。

e0105846_8493592.jpg最近朝はまたパンばかり食べてます。今はパンがブーム。パルシステムの天然酵母の食パンがおいしいです(写真は違うけど)。トーストすると外側かりっと中はもちもちふんわり。ちなみにコーヒーに見えるのはタンポポ茶です。

ある晩ツナ入りの惣菜パンを焼いていたら、「もしかして明日食べるパンがないから焼いてるとか?それもすごい話だね。なかなかそんな人いないよね。」と夫。

「だってパル宅配前で、パンどころか、ごはんを炊いてもおかずになりそうなものもなくて、もはや家の食材では受けがない(=打つ手なし。万事休す。)から惣菜パンを焼いた。」と将棋用語で答えたら、それを聞いていたそうくんがすかさず「つめろのがれのつめろ?」と将棋用語で応酬してきて、おかあさん、その用語は分かりませんでした。そんなひぐま家。


e0105846_8494763.jpg産後?授乳中?ってこうも免疫力が衰えるものなのでしょうか・・・。暖かかったり寒かったりでなんだかまた風邪気味の私です。健康優良人の名前は返上だな、こりゃ。喉と体が痛いので(たぶん微熱はある。)何もやる気起きず。ごはん作るのやだなあ・・・。

しかも今朝は夢でダンナが浮気していて(笑)、しかもその浮気を月20日していることがわかって、20日ってほぼ会社に行ってる日全部!全然気付かなかった自分にも、20日浮気できるダンナにもアッパレなんだけど、夢の中でどっぷりブルーになった私は、「たかくんて、やさしいふりしてこっそり浮気できる人なんだ・・・。」と現実の夫を責めた悪い妻です。は~だるい~。こんなことしてる場合ではなかった。でも今日は金曜日だし、なんとかがんばろう・・・。
[PR]
by higumake | 2010-04-16 09:56 | ごはん | Comments(16)

「黄色い鳥洋品店」へ

一度行ってみたかった器屋さん。でも私たちが行ったときは、画家と布作家さんのコラボ作品が展示販売されており、「黄色い鳥洋品店」に様変わりしていました。写真の窓辺にかかっている子ども用ワンピースがとてもかわいかった!でもいいお値段だったので、自宅でまねっこして作りたいと思います。そのためにも怪しいまでに観察してきましたよ(笑)。

e0105846_16212787.jpg

e0105846_16213850.jpg駅から12分。住宅地にひっそりとあるので、案内図があっても途中で不安になります。それでも来てよかった、と思わされるセレクト。だからなのかお客さんもたくさんいました。次は器を見に来たいな。

「黄色い鳥器店」 東京都国立市北2-33-11
営業時間11:00~18:00 定休日:月・火
一緒に行った母が「こっちゃんに」とうさぎのTシャツを買ってくれました。100センチサイズなので着られるのはまだまだ先ですが、ロールアップしたジーンズに合わせてもかわいいし、黒の三段ティアードスカートにスパッツなんかと合わせてもかわいいと思いませんか?というわけで、先日さっそくそのスカート縫った私です。

e0105846_1621508.jpge0105846_16215659.jpg
それにしても自宅用のものにもかわいいラッピング。おしゃれなお店はやっぱりマスキングテープ使用ですね。次回の案内も入れてくださったのだけど、これもまた魅力的な企画!

e0105846_16561716.jpg
普段ほとんど来たことのない国立駅北口はお屋敷が多かったです。写真の左奥は元国鉄研究所跡地。ここは国分寺市光町になるのですが、ここで研究されて作られたのが新幹線「ひかり」なんだそうです。光町で生まれたから「ひかり」!地元なのにしらなんだ~。

e0105846_1657820.jpge0105846_16571623.jpg
「黄色い鳥器店」までの道中、こんなお店も発見しました。絵葉書やさん。京都のモーネギャラリーでも展示会をされるような方のアトリエ兼店舗のようです。古さが心地よく、古さがかえって新鮮、そんなお店でした。

e0105846_16574366.jpg
「黄色い鳥・・・」の隣には器と古道具の店「GARAGE」が。なかしましほさんの「まいにち食べたい”ごはんのような”クッキーとビスケットの本」はこちらのお店で撮影されたようです。

e0105846_16575240.jpge0105846_1658087.jpg
帰り道では「匙屋」さんに寄りました。もうすぐ離乳食が始まる娘に木のお匙でも買ってあげようと思って立ち寄ったのだけれど、匙屋なのにお匙は品切れ。あまりの売れ行きに生産が間に合っていないようで、欲しい方は注文して下されば2,3ヵ月後にお渡しできるとのことでした。残念・・・。

e0105846_13252412.jpg
どこかのお店でこのチラシを頂いたのですが、「food mood」・・・どこかで聞いたことがあるな~と思ったら、なかしましほさんのお店ではないですか。あいにくこの日はオープンしていなかったのですが(週1くらいしかオープンしていない。あとは通販。)、いつもお世話になっているレシピの方が国立在住だとは、やっぱり知りませんでした。

国立は一橋大学のある南口の方が栄えているし、実家も南口の方にあるので今まで北口はほとんど歩いたことがありませんでした。でも北口にも次々と魅力的な店が出来始めていて(今回ご紹介した以外にもいろいろ)、これからは北口が熱いと見ました!今回は短時間でささっとだったので、次回はもっと掘り下げて国立散歩をしたいと思います。
[PR]
by higumake | 2010-04-14 08:44 | 日々のくらし | Comments(8)

縫いの神様降臨

久々にきた私の縫いブーム。でも今年子どもたちは進級するだけで、学校から用意するように言われているグッズはなし。というわけで自主的にいろいろ作っていました。
e0105846_1245462.jpg
そんなときに、家族に赤ちゃんがいるとちょっとうれしい。小さな赤ちゃんのものってそれだけでかわいいのです。(髪の毛がなさすぎるのでお下がりの帽子を被せてみました。でも・・・兄達には爆笑されていました。)

e0105846_12462440.jpge0105846_12463141.jpg
まず作ったのは、私のブラウスの残り布を使ってワンピース。パターンは月居良子さんの「あかちゃんの服てづくりの服」から。今まで90センチの子ども服ばかり作ってきたけれど(それしかパターンがなかったから)これは75センチとこの夏ジャストといったサイズ。すぐに着られるからうれしさも倍増です。私とおそろいだけど、おそろいで着ると抱かれた娘が擬態化しそうなので(笑)、別々に着るかな・・・。

e0105846_12575178.jpg
赤ちゃんらしいこんなセットも。夏は本当に暑いので、ノースリーブのこんなものがあると便利だと思う。もう1セット作ろうかな。これも月居さんの同じ本から。サイズは60~70センチ。まさに今ぴったり。

e0105846_12575949.jpge0105846_1258891.jpge0105846_12581626.jpg


e0105846_1393150.jpg
1m買っておいた布で娘のワンピを作って、まだ余っていたので肩ヒモブラウスも縫えました。これは伊藤まさこさんの「少女の服」のパターンで。

e0105846_1393953.jpg
上と同じ形のブラウスとパンツも縫ってみました。パターンは全て「少女の服」から。

e0105846_1394611.jpg
これもラップワンピを作ったコットンリネンの余り布で、3段スカートを。

e0105846_1395566.jpg手持ちのうさぎのTシャツには黒のティアードスカートを合わせたい!と思いついて、即実行してしまいました。なのでそのTシャツと同じ100センチサイズで作りました。パターンは荒木由紀さんの本。着られるのはまだまだ先だけど、こんな風にあわせたらかわいくない?

おまけコーナー。↓この布も上の布などと一緒にネットでぽちっと50センチだけ買ってみたのだけれど、実際を見たらイメージと全然違う・・・。間違えて買ったか?と思ったくらい。ネットだとそういうところがありますね。
e0105846_132212100.jpg
生地の質感もイメージと違って厚めだったので、これで子ども服を縫う気分になれず、そのうち絶対に使う給食ナプキンセットを作ってしまいました。ちょうど2セット完成。これを見た夫。「給食って小学校入学でしょ・・・何年後???」と苦笑しておりました。その前に幼稚園(保育園?)グッズだってまだまだ先の話ですからね(笑)。

e0105846_13222830.jpg
かなり昔に買っておいた生地では私のスカートも縫いました。作り方は「天然生活4月号」を参考にしました。

ちょっとレトロな雰囲気もある大柄なので、他のアイテムはシンプルに。甘め×甘めは苦手なので、上は白のノースリーブにジージャンでもいいし、もっとスポーティにグレーのジップアップでもいいかな。足元はもちろん白スニーカーで、近所の公園仕様です。

ここまで作ってちょっと気が済んだ!そうしたら夫が「臨時収入があったから、リバティプリントとか買ってあげるよ。」と言ってくれるではないですか。ええ~ええ~!また縫いの神様が微笑んでしまいそうです!服つくりも段々とコツがつかめてきたし、このあたりで禁断の(笑)リバティデビューしても許されるかな?
[PR]
by higumake | 2010-04-12 11:53 | 手づくり | Comments(14)