<   2011年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

新しくなってる!

今週はじめて「おかあさんといっしょ」と見たら、なんと新しくなっているではないか。おねえさんとおにいさんは同じだけど、人形キャラクターが総入れ替えしていて、それに気づいたこっちゃんがテレビを二度見してから(笑)釘づけになり、その後びっくりした顔で教えてくれました。

e0105846_9282316.jpge0105846_9283485.jpge0105846_9284243.jpg
つづく0~2歳児向けの「いないいないばあ」もはじめの歌から変わっていて、なぜかそうくんようたんが大興奮で見ていました。しばらく「うーたん」が出てこなかったので、「うーたんがいないっ!」「え~!うーた~ん!うーたん、クビ?」とそわそわ。いくつかのコーナーの後うーたんが登場したときには、二人で抱き合って「うーたん、いたぁぁぁぁ!よかったぁぁぁ!」と喜んでいました。乳児の番組にこれだけ盛り上がる小学生もいないだろう・・・。

新しい構成とキャラにまだ慣れないけれど、こっちゃんにとってはこっちがスタンダードになるのでしょうね。これからもよろしく、教育テレビ。
[PR]
by higumake | 2011-03-31 17:02 | 赤ちゃんのいる生活 | Comments(4)

まずは知ることから

脱力系反原発アニメーションを見つけました。とても分かりやすく原子力発電のことが学べます。どれも1本が2分前後と短いので、お時間あるときにぜひ!

第一弾は数字のからくりのこと。




第二弾は原子力発電はCO2を出さないって本当?ということについて。




第三弾のテーマは放射性廃棄物です。




第四弾は原発問題の本丸ともいうべき地震について考えます。




第五弾のテーマは津波です。




More
[PR]
by higumake | 2011-03-31 12:25 | 日々のくらし | Comments(8)

みんなで幸せになりなさい

e0105846_9392385.jpgしあわせって じぶんのこころのなかにあって
さがすものではなく つくるもの とはよくいわれることですが
さらにいえば つくるものですら ないのかもしれません
ほんとうは すでにあるから 
それに きづきさえすればよい というのかな

ちょっとおちこんでいたときに 
メールをくれたかたの しりあいのおかあさまが 
おっしったことばが あるそうです

e0105846_9393872.jpg「みんなで しあわせに なりなさい」

ようちえんじにもわかる このシンプルでやさしいことばが
いまになってあらめて こころにひびきました

こういうことばを こどもや じせだいのひとたちに かけられるって
やさしいいなあ あたたかいなあ おおきいなあ
みんなの おかあさんだよね

じぶんだけが よければいい
かぞくだけが しあわせならいい
いまがよければいい

e0105846_9421248.jpgそんなわけはなくて 
みんなでしあわせにならないと
ほんとうのしあわせにはなれないはず

だれかのぎせいのうえのしあわせは
ほんとうのしあわせではなかったし
だれかの「まける」のうえにかっても 
うれしくありません
だれかとくらべて 
ゆういにかんじるのもむなしい

e0105846_940415.jpgだってわたしたちは 
たくさんのひとたちが すんでいるせかいに いきていて
バラバラにみえて みんなつながっている
もっといえば ひとつなんだなあ~
と これは りくつではなく かんじたりします

わたしたちは どこにいて なにをしていても
うんめいきょうどうたい だから

そしてわたしたちには 
しあわせになるひましか 
ないはずなんだよね

そうおもって いままでみんな 
いきてきたとおもうから

ぎじゅつも てつがくも いろいろも
もっとしあわせになりたくて
やってきたんだとおもうから

e0105846_9422848.jpgでもこれからは「みんなで」しあわせになることを
かんがえないといけないなぁ
そんなことをおもいました

そのためにどうしたらいいのかを
これからけんめいにかんがえ
こうどうしなきゃいけないのだけど・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


これ、1年前に非公開の日記として書いていたものなのだけど、今の自分へのメッセージにも思えて公開することにしました。(一年前もおんなじこと考えていたんだね~。むしろ予言の書!?)

今回のことがあって、日本中もっといえば世界中の人たちが、全ての人ではないにしても、「今自分にできることはなに?」と自分のことより他人を思って、懸命に自身の心に問いかけました。また自身が被災しているにもかかわらず、なお自分のすべきことを見出し復興に当っている人も大勢居て、大きな力にもなっています。そういう話を聞くたびに、人間っていいな~人間ってたくましいなと、本当にほんとうにうれしく感じた。

そして誰のことも、どんなことも批判しないで、ただ淡々と自分のすべきことをしているひとも、すごくかっこいいな~と。

不安があっても冷静に行動している人のことも、すてきだな~と。

あれ以来、小さなことから大きなことまで、毎日いろいろな気づきを得られているように思います。私たちは明らかにこの転換期に向け、一緒にバージョンアップしていかなければならない。ちょっと大変だけど、そんな時代に生かされていることに、今日もまた感謝です。


たいせつなmさん 
1年前に頂いたお手紙のことばを紹介させてもらいました
ありがとうございました!

[PR]
by higumake | 2011-03-31 09:46 | 日々のくらし | Comments(4)

元気でいよう!

e0105846_20581487.jpg今日もいい天気でうれしい。
心の中もとても静かです。
宿題のない春休みの子どもは幸せそうです。
明日もいい日になりますように・・・。
[PR]
by higumake | 2011-03-28 20:58 | 日々のくらし | Comments(6)

放射能に負けない食生活

先週の、東京の水道水からも放射性物質が検出されたというニュースは、近所のママ友からのメールで知りました。我が家は問題の浄水場からの給水ではなかったので、入っているとしてもごく微量、もしくは0で心配には及ばなかったのかもしれませんが、周りのスーパーやコンビニや自販機からはあっという間に水が消えてなくなりました。

その晩心配した母から電話があり、放射能に負けない食養生の話を聞き、その直後は仲良しのママ友からもメールで同じ話を聞きました。今は水道水から放射性物質は検出されなくなり、一安心ではありますが、これから再びそのような状況にならないことを祈りつつ、万が一のことも考えて、情報を共有できたらと思います。大切な友人から「ご自由に流してどうぞ」というレポートを頂いたので、転記したいと思います。

放射線に負けない食生活の知恵
[PR]
by higumake | 2011-03-28 16:11 | 日々のくらし | Comments(3)

お参り

昨日は午前授業だったということもありますが、子どもたちはめずらしく誰とも遊ぶ約束をしてこなかったようです。

e0105846_1833391.jpg午後ふと思いたって、子どもたち3人を連れて、お散歩に行きました。その帰りにはっと気づき神社へ。なんで今までわすれていたんだろ。

そこで手をあわせ神様にお参りをしたら、不安やなにやらでふわふわと地に足が付いていなかった心が、すこし落ち着いた気がしました。

神様は私たちを罰したりはしないはず。大きな心でそこにいらっしゃる気がした。

私たちの前に、小さな女の子を二人を連れたお母さんらしき人もお参りしていて、それもなんだかうれしかったです。きっとみんな気持ちは一緒なんだね、と。


[PR]
by higumake | 2011-03-25 08:43 | 日々のくらし

ようぴの日記

年度末なので、観察日記やら作文やらレポートやら・・・いろいろ持ち帰ってきます。その中には日記帳も。去年のとある日の日記には、こんなことが書いてありました。

e0105846_22201753.jpg6月28日
きょうのあさ ふとんのへやで
おかあさんと いもうとと ぼくで
ころんとして あそびました。
いもうとは わらっていました。
とちゅうはみがきを しにいきました。
かえってきたら いもうとは、ミルクを のんでいました。
「かわいいね。」「かわいいよね。」と話しました。
いもうとは、たのしいとおもいながら わらっている と思いました。
朝は いい一日でした。
ぼくは いもうとといて たのしかったです。


e0105846_22202749.jpgなにげない日常。そんなあたりまえの日常に感謝して、明日も共にがんばりましょう。

※本人はたぶんお化粧のつもり!
 
e0105846_9253671.jpge0105846_9254532.jpg
これは一歳ちょうどくらいのようぴ。兄妹でやること一緒だよね・・・使う色まで。
[PR]
by higumake | 2011-03-22 22:36 | 赤ちゃんのいる生活 | Comments(3)

一隅を照らす

かつて「オレの座右の銘ってなんだっけ?」と夫が言った。「座右の銘なのに忘却!?」とおもわず突っ込みましたが、それは「一隅を照らす(これすなわち国宝なり)」というものです。

e0105846_12222024.jpg比叡山を開かれたお坊さんのことばで、自身の置かれた場所で精一杯努力し、明るく光り輝くことのできる人であれというもの。一人ひとりがそれぞれの持ち場で全力を尽くすことによって、社会全体が明るく照らされていく。自分さえ良ければという考えは捨てて、人の幸せ、人類みんなの幸せを求めていこう。

今も被災地では必死に生きているひとたちがいる。そして事故を起こした原発の周りでは、職員、技術者、消防士、自衛官・・・彼らは大げさでなく本当に命をかけて一隅を照らしている。

e0105846_12223265.jpg死ぬ気でがんばれ!」と時に人は言いますが、死ぬ気で頑張っても大抵死ぬことはないんだよね、と言った友人がいて目からうろこだったけれど、今の彼らは本当に死ぬ気でがっばっているのだよね。そう思うと、尊敬敬意を抱くとともに、家庭を持つ一人の人間としてただただ苦しくもなります。と同時に自分の力のなんてちっぽけなこと!と、無力さも大いに感じ・・・。

でも、「ほぼ日」イトイさんじゃないけれど、助けるがわにいる私たちは元気です!今日も働けます。被害は深刻だけれど、その分働ける人ががんばって働いて埋めていくしかない。復興の見通しなんて立ってないけれど、彼らにはずっと心を寄せ続けていきたいと思う。日本だけでなく、世界も彼らを見捨てないし、いつも心は共にあります、と日々祈っています。たまたまあそこだっただけで、地震は私が受けたかもしれない。

だって皆つながっているし、仲良くさせてもらっているブロガーさんも言っていたように、どこにいて何をしていても運命共同体なんだと私も思うから。

今日も家族が元気でうれしい(こっちゃんは風邪気味だけれど)。友人たちも元気でうれしい。被災地のみなさんも少しずつでも元気になってくれたら、本当にうれしい!!

みんなが一隅を照らすことによって、世界がもっと明るく元気になったらいいな~。
[PR]
by higumake | 2011-03-22 14:11 | 日々のくらし | Comments(1)

マクロビオティック料理教室

地震前に途中まで書いていたものなのですが、これからわが家でもたまに取り入れていこうかと思っているので、ご紹介したいと思います。
e0105846_9225638.jpg
先月このあたりでは高級目のスーパー(笑)で、幼稚園時代の友だちにばったり遭遇。実に2年ぶりの再会だったのに、昨日別れたかのように話が弾んでしまい、気づいた時にはその翌週に彼女が自宅で開いているマクロビオティックのお料理教室にまで潜入してしまった私です(子連れで)。

幼稚園卒園から2年の間に、マクロビオティックにすっかりハマり、ついには人に教えられるほどにもなっている彼女。なにかやることに遅いなんてないんだな~といろいろな面で教えられました。

この日のメニューは玄米巻き寿司とキャラメルナッツタルト、とのことだったけれど、残った煮汁でさっとお吸い物を作ってくれたり、デドックス効果抜群の切干大根のお茶のダシがらでは、ピリ辛の煮ものを作ってくれたりと、応用もたくさん教えてくれました。

e0105846_92389.jpg土鍋の火のあたりが身体にもとても良いらしく、徹底している彼女はクリステルのステンレスなべなどを、既に処分してしまっていた!すごい。

土鍋と言えば鍋かごはんを炊くかくらいしか使わなかったけれど、蒸して良し、炒めて良し、焼いて良しといろいろ使えるものなのですね~。

これはお茶を煮だした切干大根と水で戻した海藻類を、菜種油と韓国唐辛子で炒めているところです。ここにお醤油をひと回ししたら完成。お出汁も何も使っていないのにとてもおいしい!

e0105846_9231979.jpge0105846_9233093.jpg


e0105846_21581574.jpg素材は出汁まですべて植物性のもの。巻き寿司は先に具だけ海苔で巻いて、それをごはんを乗せた海苔で巻くという二段製法なので、技術がなくてもきれいに巻けます。

他は千切りにした胡瓜とショウガを入りゴマと醤油少々で和えたサラダ、椎茸・かんぴょう・高野豆腐を煮た煮汁利用のお吸い物、蒸したセニョール(ブロッコリーの芽みたいなもの)、グリルで焼いた甘い焼き芋まで。

e0105846_21582573.jpge0105846_2158368.jpg
デザートは、これも乳製品卵砂糖不使用のキャラメルナッツタルトと、豆乳チャイ。

e0105846_21584569.jpge0105846_21585459.jpg
元海外在住奥様らしい友人の暮らしぶりはとてもスタイリッシュで、家も隅々までピカピカ。この日はいろいろな面で刺激を受けました。

e0105846_9122748.jpgさて、マクロビオティックのことは以前からとても興味があって、レストランに食べに行ったり、本を何冊も読んだり。そもそもわが家が年間予約しているお米のパッケージには、マクロを推奨する記事まで載っています。

それでも肉も乳製品も甘いものも世の中の「おいしい」ものも諦めきれず、家族も巻きこむ話だから、たまに食べておいしいな~と楽しむ程度でした。

でもこのひと月、友人に誘われたランチはマクロビオティックのもので、また別の友人からはこのお料理教室の誘い。なんだか「そろそろ普段のごはんにも取り入れてみたら?」と言われたような気がしました。

そしていつか来るとは言われていた食糧危機。こんな形でも来るとは思わなかったけれど、今回のことはその予行練習のような気がしました。わが家は買占めはしていないので、1/4欠品でもそれでも来てくれたパルシステムの食材と、毎月届けてくれる二袋の玄米(来月は届くかな?)と、近所の八百屋さんの野菜で、素材を無駄にせぬよう考えながら、いつもより品数少ない献立を作って食べています。腹八分目で良く噛んで。

今回は原発事故もあり、一時不安になりましたが(今も通常通りの値だから心配ありません)、それでもいざとなったら玄米の強力なキレート作用(デドックス効果)で、放射性物質だって排出できる!と思えば玄米食は心強い。

現代栄養学は、食べ物にはカロリーがあって、こんな栄養素が入っていて、一日にこれだけ食べるのがよろしいみたいに言うけれど、それはあくまでも現代科学のものであってそれがすべてではない、本質はもっと違う風に私も感じています。

元「命」でなかった食べ物はないから、私たちはその命のエネルギーを分けてもらっているのだと。さらに言えば、作る人の気持ちもその中にエネルギーとして入るし、加熱する方法だって、炭火を使うのかIHを使うのかでこれは違うだろうということは、もう科学的根拠云々ではなく、勘としてちがうよな~と感じるのです。露地物の野菜、工場で作られた野菜、たとえ分析した栄養素は同じでも、やっぱりそれは別物でしょ。

「人は食べたもののようになる」おそらくそうなんだと思います。

そういえば以前母や妹たちと行ったとあるセミナーでも、これからは玄米菜食だよ、と言われたことを思い出しました。ジャンルの違う書物にも、同じようなことが書いてあったり。なんだかもうあっちこっちからやれ~と言われているようで・・・。

だからといってすぐに完全転向は出来ないと思いますが、まずは少しずつ・・・、そして身体の声を聞きながら・・・今後いろいろと考え実行していこうかな、と思っています。
[PR]
by higumake | 2011-03-18 10:04 | ごはん | Comments(5)

元気に過ごしましょうね!

こっちゃんがもっと小さな頃お世話になった、助産師さんのブログで紹介されていました。原発事故もあり、被災していない私たちですら少し不安定な日々を過ごしている現在だけれど、とある小学校の先生が、今自分に出来ることはなんだろう?と考え、作ったものだそうです。善意のものであっても、チェーンメールのようなものは、基本広めないのですが、これは見た人を元気にしてくれるものなんじゃないかと思ったので、こちらのブログでも紹介させてもらいますね。



http://www.youtube.com/watch?v=IxUsgXCaVtc

「たくさんの方に見ていただきありがとうございます。
小学校の教師で、子どもたちに希望を伝えたいと考え作成しました。

世界中からのエール
日本中にあふれるやさしさ
それらを中心に編集しました。

一人でも元気になってもらえたら、
本当に嬉しいです。」

情熱教師シャーク
http://ameblo.jp/hideyumo/



私たちは後ろめたく思うことなく日常や仕事に戻り、今自分の置かれた場所で、自分の仕事をしっかりやっていけばいいのだと思います。元気に過ごしましょうね!
[PR]
by higumake | 2011-03-17 09:33 | 日々のくらし | Comments(2)