<   2012年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

6年生ママランチ

仲良くさせてもらっている6年生ママたちと、新年度もさっそくランチ。いつも集合をかけてくれるバイタリティあふれるママが、今回は家も提供。デリバリーランチしてきました。
e0105846_1033927.jpg
その家の子はふたり兄妹で、上下ともわが家の兄弟と同じクラスと言う密着ぶり。子ども同士も仲がいいので、その家の息子君が大のから揚げ好きと聞き、先日わが家で「神うまい」と絶賛された塩麹から揚げをその子たちへのお土産に。
e0105846_104175.jpg
ママたちへは食後のケーキを。今回もなかしましほさんのレモンパウンドケーキ。バターなしだけどしっとりおいしいと思う。

毎回そうなんだけど、今回も笑った~!子どもたちのことに共感しあったり、時に真実に驚いたり、ちょっと心配もしたり、けど見守っていこうね~とお互い心強く思ったり・・・、母同志の結束も大事だな~と思います。

この時期の子ならではで、うまく表現できずに誤解もあったり、やんちゃをしたり、それなりにいろいろはあるけれど、それでもみんなかわいい子たち。担任の先生方は総入れ替えして、そうくんのクラスの先生は若くて情熱いっぱいの聡明な男の先生になり、クラスの雰囲気も去年とはまだ違う感じに変わってきていて、この先生で、この仲間たちでよかった~ってそんな感じで卒業できそうな気がしています。ついにそうくん、6年生です!
[PR]
by higumake | 2012-04-27 20:13 | おもてなしごはん

どうぶつおっとっと

かわいさに思わず買ってしまった「おっとっと サファリ」。これも一種のパケ買いか?けどゾウとかライオンとか、ものすごい精巧さ。思わずじっくり眺めてしまいました。子どもたちもだまーって観察しながら食べていました。
e0105846_201954.jpg
うーん、よくできてる・・・。
[PR]
by higumake | 2012-04-27 20:00 | おやつ

ごはん日記~塩漬けキャベツのハンバーグ

ごはんモチベーションを上げるために、図書館で大量の料理本を借りた。その中のひとつ、渡辺有子さんの「おいしいつくりおき」という本の中のおかずに目がとまり、さっそくチャレンジ。
e0105846_9391914.jpg

おいしいつくりおき―つくりおきレシピ34、それを使った料理32 (vela BOOKS)

渡辺 有子 / 東京地図出版


まずはキャベツ半玉を細切りに刻んで、塩小さじ2(弱)となじませたものを作っておく。(ジップロックなどに密封して、冷蔵庫で1週間ほど保存可能。)

それと合びき肉、みじん切り玉ねぎ、卵、牛乳に浸したパン粉といういつものハンバーグネタに混ぜ、いつも通り焼くと、塩漬けキャベツのハンバーグのできあがり。醤油で絡めて、さらに大根おろしもかけていただくので、つくねのような感じです。アラフォーにはうれしい、さっぱり目のハンバーグになりました。
e0105846_9392759.jpg
この日の献立:塩漬けキャベツのハンバーグ、蒸し小松菜、バルサミコ風味のきんぴらごぼう、グリーンピースごはん、玉ねぎわかめお麩の味噌汁、デザートのチョコモカケーキ付き。

翌日はこの塩漬けキャベツに甘酢を加えたものとソーセージを一緒に煮て、ザワークラフト風のソーセージ煮を楽しみました。

たくさんのコメントありがとうございます。またゆっくりお返事させてくださいね。ちょっと行ってきます。
[PR]
by higumake | 2012-04-26 09:53 | ごはん | Comments(4)

ようちえんべんとう1週間

GW明けまで午前保育という、長すぎる馴らし保育をする園も中にはありますが、こっちゃんの園はいれば慣れる!といわんばかりに、あっさりお弁当も始まる園です(笑)。ますば楽しく食べてくれれば良し!ということで、バランス的にはNGなのですが(たんぱく質多めの炭水化物&野菜少ない・涙)がんばってパンダの弁当にしてみました。これもキャラ弁と言えるのかどうかは分かりませんが、がんばりました~!
e0105846_1615532.jpg
ぱんだおむすび(鮭)・・・耳は小さいごはんに海苔を巻いた、ウインナー、塩麹漬け茸入り卵焼き、塩ゆで空豆、いちご。こっちゃんのすきなものだけです。ごはんは五分づき使用なので、なんだか薄汚いパンダになってしまいました。

e0105846_1622474.jpg








弁当を持って行く当の本人はまだパジャマでありますが、パンダの弁当はうれしいらしく、開けたり閉めたりしておりました。
e0105846_9481539.jpg
筍ごはんのおむすび(顔をつけてくれと懇願され、こっちゃんとようぴということにした)、鶏の塩麹焼き、蒸しカボチャ、胡瓜、いちご。
e0105846_9482718.jpg
シーフードピラフ、塩ゆで空豆、人参のグラッセ、りんご、レーズン。
e0105846_9484396.jpg
発芽玄米ごはんのおむすび(鮭)、サバの味噌煮、ちくわ胡瓜、蒸しカボチャ、うさぎりんご。
e0105846_9485739.jpg
グリーンピースごはんのおむすび、キャベツたっぷりハンバーグ、蒸しカボチャ&人参、きゅうり、うさぎりんご。

私の作る弁当は、基本多めに作った晩ごはんを、温めなおして詰めるだけ~というものです。なので大抵5分弁当。早いのが自慢!電子レンジは持っていないので、冷凍食品は使いません。使えない。上二人の幼稚園弁当を週5日5年間作ってきたので、ブランクはありましたが、すぐにペースを思い出しました。

さて幼稚園では・・・今までお母さんが一口ずつ食べさせてあげて子は、いきなり一人ではうまく食べられないようです。まだ適量が分からないというのもあり、この時期は残してしまう子も多いそうですが、中には完食する子もちゃんといます、と言っていました。

幼稚園始まって1週間半(通ったのは8日)。3日目からは泣いていないし、弁当はしっかり食べてくるし、昨日はこっちゃんの口から「よーちえん、たのしい!」とのことばも聞けました。適応早い。やっぱりこっちゃんはたくましいなぁ。

新年度も始まり2週間ちょっとたちました。いろいろとやらなければいけないこととやりたいことがあり、ここまでなんだかバタバタ過ぎてしまった。久しぶりにコメント欄を開けますので、ひとことふたこと残してくださるとうれしいです。家族の近況もそのうち書こうかと思っていますが、みなさまの近況もぜひお寄せくださいね。

[PR]
by higumake | 2012-04-21 09:55 | お弁当 | Comments(41)

水玉とチェックの入園グッズ

本来ならこっちゃんは来年幼稚園入園になるのですが、今年は幼稚園のプレというのでしょうか、そうくん・ようぴ時代にはなかった制度がいつの間に・・・それに通っています。

e0105846_21461688.jpge0105846_21463274.jpge0105846_21464713.jpg
お弁当の時間なんかもあります!というわけで、優先順位的には先に上履き入れとバッグなのですが、テンションあがりそうなものから手をつけてみた。小さなサイズがかわいい。アルミのお弁当箱は、そうくんが入園するときに買ったものです。9年前のもの!

e0105846_2147598.jpge0105846_21471973.jpg
プラスチック弁当箱やパンのお弁当用に、巾着型のも縫ってみた。もうひとつコップ入れも同じ布で作りましたが、写真撮り忘れ。そして右はタオル。紐とお花のマークを付けました。まだ平仮名は読めないので、自分のマークということで。そして名前はお花アップリケに直書きしちゃいます。

e0105846_2127859.jpg
入園することに決まったのは3月?それにしても時間はたくさんあったはずのに、縫いの神様がずっと雲隠れしていてまったく降りてきてくださる気配がないので、自力で重い腰を上げミシンに向かったのは、登園日3日前と言う私っぽくない展開。それだけ日々の生活に疲れ(笑)、無気力化していたわけで。

でもやり出せば早いよ!しかも予想以上にかわいく出来て満足。

e0105846_2127218.jpge0105846_21273270.jpg
通園用には指定のミニリュックがあるので、これは着替えやタオルなどの持ち帰り用バッグ。布はあらためて買い出しには行かず、手持ちのものを組み合わせました。無漂白の厚手リネンと、リネンに白い水玉模様の布、そして赤いコットンは持ち手に、裏地はフレンチコーデュロイです。

e0105846_21274949.jpge0105846_2128288.jpg
これは上履き入れ。Dかんを使うものしか作ったことがなかったのだけど、布をこのように縫えばちゃんと口が閉じる上履き入れもできるのですね。そして上履きには紐をつけろとの指令あり。このようにつけることで、上手に上履きが履けるようになるそうです。保育のプロの知恵なのでしょうね。

e0105846_21452066.jpge0105846_21454985.jpg
幼稚園年少組入園でも着替えのパンツの用意はしてくださいと言われていたものだけれど、さらに小さな子たちなので、全身の着替えとオムツの外れていない子はオムツの用意も。おそろいの巾着を二つ縫いました。

こんなに小さくてもお当番の仕事?とかあるらしく、一体なにするんでしょうね~。かわいい。毎日歌の練習をしたり、体育座りの練習もしたり、いろいろやることやっているようです。今年は参観できないのが残念。(お母さんがきちゃうと泣いて保育どころではなくなってしまうらしい・笑。)

こどもがまいにちつかうもの

石川 ゆみ / 筑摩書房


こちらの本を参考にしました。どれもかわいくていろいろ作りたくなります。

ここ1年ほど、こっちゃんのお世話で私もだいぶ疲れました(ストレス難聴も再発し・・・)。一方そうくん、ようぴは手がかからなくなったのをいいことに、かなりおろそかにしていた気がします。係わり比率でいえば、そうくん:ようぴ:こっちゃん=9%:9%:82%くらい?それではあまりに不公平なので、今年はもう少し上二人のことにも気にかけていきたいな、と思っています。お世話になっている小学校にも少しでも恩返しできたらいいな。

ちなみにこっちゃん、今まであんだけ私にべったりだったので、そういう子は離れるときにはさっさと離れていきそうと思っていた通り、登園2日間こそ、離れるときはワーワー泣きましたが、3日目からは自分で上履きに履き替え、手を振って教室に入っていきました。保育中も全く泣いていないようです。女の子って、こっちゃんって、やっぱり逞しい!そして私も深刻な雰囲気で引き渡したりしていないので、そういうのも大事みたいですね。お母さんが不安そうにしていたら、そりゃ子どもも不安になります。

おまけ
[PR]
by higumake | 2012-04-20 09:00 | 手づくり

おけしょう

女の子って母親のことをよく見ていますね。そしてなんでもまねっこ。それはいいのだけど、ファンデーション代わりに使っているBBクリームを、勝手に絞り出しての化粧はやめてほしかった。手がべたべただし。

途中から自分でもこれはやばいな~と思ったらしく、しおらしく私のところへ報告に来ました。思わず「ええ~っ!」と言ってしまったら、べたべたの手を差し出し威嚇されました(笑)。

話変わって、昨日やっと自分の髪を切りに行ってきた。久しぶりにカラーもして春らしく。でも帰ってきた男子たちは誰も気づかず、かろうじて夫が「あれ?髪切った?」と。そして「なんかころ(こっちゃんのこと)と同じ髪型じゃない?ころの写真持って行って、これと同じようにしてくださいって行ったの(にやり)?」と。鏡見てびっくり。前髪ぱっつんときったら、こっちゃんと同じ髪型です~。特にえりあし。

[PR]
by higumake | 2012-04-20 08:47 | 赤ちゃんのいる生活

ごはん日記~すりおろしたレンコンを蒸すともちもち!の巻

すりおろしたレンコンをボールにして揚げたものを以前食べたことがあって、そのもちもちの食感に驚きましたが、同じものを蒸しても、やっぱりもちもちの食感でありました。ふわっともちもち。
e0105846_17481528.jpg
献立:蓮根の蒸し団子、スティック野菜の和風ピクルス、ポテトサラダ(前日の残り)、筍とわかめのお吸い物、発芽玄米ごはん。
ポテトサラダがマヨネ使用と言うこともあり、陰陽のバランスもよくわからないのでマクロビオティックごはんではありませんが、一応卵乳菜食献立にはなっているかも。

e0105846_17482566.jpg
これ、ブックオフで見つけ買ってしまったマクロビオティックの本に載っていて、一度作りたいと思っていたもの。上にかけている茸のソースが、これがなんにでも合う万能選手でとってもおいしい。蓮根の団子はレシピではすべてすりおろすとなっているけれど、一部刻んで混ぜた方が食感が楽しめるのではないかと思いました。

e0105846_17483326.jpgなんでもみんなと一緒がいいこっちゃん。ごはんも箸で!とうるさいので使わせていたら、やっぱりうまくなるものだ。
[PR]
by higumake | 2012-04-18 17:57 | ごはん

この時期ホウレンソウが豊作のようです!

日曜日、夫の実家に遊びに行ってきました。純和風の畳の部屋を対面キッチンにリフォームしたというので、どんな風に変わったのかとっても楽しみでした。見たらびっくり。最近のリフォームって、やったところはもう新築みたいなのね。キッチンも広く明るくなっていて、ただただうっとり。

e0105846_22101323.jpge0105846_22101397.jpg
実家の両親というのは、いつもいろいろ持たせてくれるものではないですか?今回もいろいろ頂いちゃったのですが、なかでも圧巻はホウレンソウの山!知り合いからダンボールひと箱もらったようなのですが、わが家がほぼ横取り状態です。写真だとあまり多くは見えませんが、イキのいいホウレンソウの束5つ分は軽くあります。とりあえずひと束分はさっそく食べて、残り4束分はさっと茹でておきました。一部残してあとは冷凍しちゃいます。

e0105846_22104023.jpg
私はおやつを焼いていきました。またまたなかしましほさんの本から、レモンのパウンドケーキと、チョコモカケーキ。いまいちまだシリコン型の特性を把握できていなくて、一つは焼きがちょっと足らず、もうひとつはなぜか膨らみ過ぎで、同じ型で焼いたとは思えない大きさの違いが出ました(涙)。

e0105846_22103887.jpg
筍もたくさん茹でておいたので、わかめと一緒に煮たものも持って行きました。

そうそう、リフォームのお祝いは何がいいかあらかじめ聞いておいたのですが、その時は思い付かなかったようで、翌日夫の携帯にCメール!が入っていました。Cメールなんて、地震速報以外受け取ったことがないね!と言いながら、夫がにやにやと内容を見せてくれたのだけど、そこには・・・ 「昨日はありがとう スリッパがいいな らいきゃくよう」と電報のようなあっさりした文面が。もう後半は漢字変換が面倒になったんでしょうね。もうこういうところ、夫のお母さんらしくてすっごく好きです。基本子どもを絶対的に信じていて、小さなことにはこだわらない。なにせあのよく出来た夫を育てた人、学ぶべきところはたくさんあるのだ!
[PR]
by higumake | 2012-04-18 08:10 | おやつ

兄の読み聞かせ

夜、寝る前の光景。兄ようぴセレクトの「ぼくが選ぶベスト3絵本」を、ようぴ自らが読んであげているところ。きょうだいっていいじゃないか!とこういう光景に出会うと改めて思います。

ちなみに読んであげているのは長新太さんの「チョコレートパン」。これはもう名作かと!長新太さん、大好きです。このナンセンスさがたまらない。

初めての子そうくんは、親としても気合いが入っていたのか、それはそれはたくさん読み聞かせしてきたけれど、3番目ともなると、これがまた肉体派というのもあって(笑)、そういえば読み聞かせてないね?というありさまだった。でも気づいた時から読んであげれば良し!とやっていたら、その言葉をオーム返しするようになり、一気に言葉が出てきたのだった。絵本の力ってすごいと改めて思ったりしたものです。

チョコレートパン (幼児絵本シリーズ)

長 新太 / 福音館書店


[PR]
by higumake | 2012-04-16 22:16 | 赤ちゃんのいる生活

ごはん日記~たけのこ3段活用

大好きな筍の季節が到来しまして、さっそく下ゆでし、まずはやっぱり筍ごはんで頂きます!
献立:筍ごはん、鶏ささみの塩麹焼き、青菜いろいろのソテー、青大豆の浸し豆、ネギのスープ。
e0105846_107530.jpg
わが家の筍ごはんは、一緒に炊かず、煮たものをあとで混ぜる派です。実家流。あらかじめ大きめにスライスした筍と油揚げを甘辛く煮ておくのです。それを炊きたてごはんに混ぜれば完成。

e0105846_1071211.jpg
で、その煮たものは翌日も活用。オリーブオイルでにんにくを炒めて、その煮た筍油揚げと、何か青菜を一緒に炒めて、パスタを絡めれば、筍のぺペロンチーノの完成です。

e0105846_1073156.jpg
下ゆでしただけの筍はスライスしてドライカレーにも投入。このアイデアは無印良品のカフェから。

最近出たこの本。やっぱり買ってしまいました。デリ風のおかずは普段の食卓も華やぎ、持ち寄りにも最適です。野菜がたっぷりなのもうれしいところ。

Cafe&Meal MUJI 野菜いっぱい人気のデリレシピ60

中村新 / 徳間書店



さて、これから夫の実家に遊びに行ってきます。畳敷きの和風の部屋を、ダイニングキッチンと合わせてフローリングにリフォームしたというので、どんなふうに変わったかすっごく楽しみ!たまたまだけれど、今日持って行くつもりのものも、とわかめの煮物であります。
[PR]
by higumake | 2012-04-15 10:18 | ごはん