<   2013年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ごはん日記~一汁一飯!

久々のごはん日記ですが、ごはんは当然毎日食べています。これは昨日の晩ごはん。ここのところごはん作りモチベーションがまたまた下がっておりまして、がっつりごはんを食べて、あとは具だくさんの汁物で許して~という感じになっております。

e0105846_8345739.jpge0105846_835927.jpg
ついに秋刀魚が一尾100円になっていたので、2尾塩焼きにしてさんまごはんにしました。すだちと万能ねぎを添えて。新米で炊いたせいなのか、水加減が絶妙だったのか、ものすごくおいしく出来て大満足。

あとは新潟産のお米つながりで、新潟の郷土料理のっぺい汁にするつもりが、野菜の切り方を間違えてのっぺい風に。でもとろみをつけてこちらもおいしく出来ました。野菜がたっぷり入っているので、2品で晩ごはんだけど、これでよしとしました!漬けものも添えたけど。

e0105846_8352041.jpge0105846_8353027.jpg
これは一昨日の晩ごはん。夫の帰りが遅いと言うので、この日も一汁一飯ごはん。沖縄のわしたポークを焼いて、スパムおむすびにしたものと、肉団子、春雨、白菜、茸たっぷりのエスニック風スープ。ショウガとナンプラーを効かせました。

e0105846_8353887.jpg
これは日曜日のごはん。今年もオイシックスの鍋を頼んでみた。スープも野菜も全て揃ったセットなので、準備も楽ちん、お店の味を楽しめます。メインが鍋の時も、言ってみれば一汁一飯ですね。

今日はおもらしをした人がなんとふたりいて!朝から洗濯祭です。こっちゃんは二度寝して朝寝坊。これから幼稚園なんだけど、なんとものんびりしちゃっております。おもらしの原因に心当たりあり。昨晩とろけていた柿を使ってみんなでジュースを作って飲んだんです。柿は身体を冷やすというけれどてきめん!やはり果物は朝がいいのだろうな。
[PR]
by higumake | 2013-10-31 08:51 | ごはん | Comments(0)

4さいのたんじょうびケーキ

起きるときにちょっとぐずぐず言っていたこっちゃん。突然おめめぱっちりぱっと起き上ったと思ったら、「そうだ!今日は誕生日だ!」と。ずっとこの日を指折り数えていたからね。自分の誕生日はうれしいんだね。
e0105846_16533052.jpg
ケーキは生クリームという気分では(私が)なかったので、土台は人参ケーキ、それに豆腐のクリームと柿でデコレーションしました。

こっちゃんには「(プリキュアの)キュアダイヤモンドのケーキにしてね」と言われていたので、チョコペン買ってチャレンジしたのだけど、どうにも無理で、ハートやダイヤがクローバーなんかを作ってみたのだけど、飾る時に「わたしがやる~」とでしゃばるこっちゃんによって無残にも崩され、残ったクローバーとダイヤだけ飾ってみた。

あとは市販の「きのこの山」なんかも乗せて、今年のは地味なりに、コンセプトは「実りの秋の森」ってことにしてみました。

娘、大きくなったらアイドルになりたいらしい。うわ~、人前に出て何かをするのが大嫌いな、私が産んだ子とは思えない(笑)。これからも元気に大きくなってね。

e0105846_20323277.jpg
今年も両親からは紀ノ国屋フルーツが届きました。ごちそうさまでした。いつもありがとう。

[PR]
by higumake | 2013-10-29 13:24 | おやつ

うれしいおすそわけ

土曜日はわたくし、ダウンしてました。疲れがたまってきたな~と思っていたところ、夜中に腹痛と気持ち悪さで眠れず、土曜日は一日布団に伏せておりました。こういうときって寝ても寝ても眠れる。これだけ昼間寝ちゃったら、もう夜は眠れないだろうと思うのだけど、夜は夜で爆睡し、こっちゃんの誕生日には復活。
e0105846_11245420.jpg
体調は戻ったんだけど、どうにも気持ちがブルーな月曜日。でも近所の友だちからうれしいおすそ分けをたーくさんいただきました。うれしい❤旦那様のご実家の畑で、たくさん収穫してきたのだとか。もう、見るからに新鮮です。いつもありがとう!

そういえば今週は幼稚園のお芋掘りもあるんだった。今週はさつまいも祭だな。お芋大好きだから、いくらあってもオッケー!

人間いつも気分がいいだけじゃない。低空飛行の時もあるけど、それでもたんたんと日常を続けていく強さは持っていたいです。さ、今週もぼちぼちいこーか。
[PR]
by higumake | 2013-10-28 13:18 | 日々のくらし | Comments(2)

週末コトリップ~軽井沢へ行ってきました

母が今年節目の年を迎えたので、今回は古希のお祝いということで、一族12名で軽井沢に旅行に行ってきました。

今まで孫たちには年をごまかしていた母でしたが、70歳になったところでカミングアウトすることに決めたらしい。もうおばあちゃんだから優しくしてね~って(笑)。

今回泊まったところは、会員制のグランドエクシブ・サンクチュアリヴィラというところ。オーナーではないのですが、つてがあり。定員5名の部屋が120㎡越えで、わが家より広いじゃないか(笑)!

e0105846_12544187.jpge0105846_13114482.jpg
ここはエントランスロビー。サロンではコーヒー・紅茶・ハーブティ・ジュースなどのセルフサービスコーナーがあって、おいしいコーヒーやカフェラテも自由に飲めたりしてすっごくよかった。

e0105846_12545060.jpge0105846_12585983.jpg
泊まるお部屋はこんな感じ。広いリビングにダイニングコーナー。

e0105846_12591213.jpge0105846_12592515.jpg
リビングの奥にはサンルームも。

e0105846_12593897.jpge0105846_130122.jpg
ベッドルームが一つと、和室もひとつ。

e0105846_1302786.jpge0105846_1303979.jpg
バスルームには大きな洗面台と、大きなジャグジーも付いています。無駄に広い!!!トイレもふたつ。テレビも数えたら4つありました。

e0105846_13245177.jpge0105846_1325473.jpg
e0105846_13344656.jpge0105846_13345886.jpg
このホテルは、「本館」他この「サンクチュアリ」「パセオ」「ムセオ」とコンセプトやデザインの違う建物があって、それがすべてつながっているのですが、漫然と歩いていると迷子になる!そして部屋はどこも満室な勢い。なんていうのかな、みんなこういうとこ来て遊んでいるんだな~って思った。

e0105846_13374926.jpge0105846_1338146.jpge0105846_13381439.jpg
e0105846_13401335.jpg
e0105846_13402655.jpge0105846_13404049.jpg
敷地内のお散歩だけでも楽しく、のんびりゆっくりできたのでした。
e0105846_1340537.jpg

晩ごはんは「日本料理 花木鳥」にて。

e0105846_1794080.jpge0105846_1795520.jpg
旬菜「蟹の菊花寄せ・柿の胡桃和え・秋刀魚の山葵和え」
お造り「マグロ重ね造り、鯛の松皮造り、烏賊」

e0105846_17102281.jpge0105846_17103453.jpg
焼きもの「鰆のウニ焼き」、台の物「牛肉と豚肉の焼きしゃぶしゃぶ、野菜添え、胡麻だれ」

e0105846_17104937.jpge0105846_17112392.jpg
じゅうじゅうと焼いては食べ・・・と忙しくしているところ。

e0105846_17114130.jpge0105846_17115753.jpg
食事「ごはん、キノコとマグロの山椒煮、香の物、留め椀」
水菓子「白ゴマブラマンジェ、チョコレートのわらび餅、洋ナシ、巨房」

そしてお部屋に戻ってからは、お祝いの会。

e0105846_17304026.jpge0105846_17305477.jpg
特に準備はしていなかったのですが、甥っ子とようぴは運動会でソーラン節を踊ったことがあるので、一緒に踊ってみたり、こっちゃんもプリキュアやミッキーパラパラを踊ってみたり、と出し物もあり、そしてプレゼントの贈呈。

e0105846_17352431.jpge0105846_17353773.jpg
e0105846_17354927.jpgプレゼントは物よりも思い出的に、母の料理や季節ごとの行事のしつらいをまとめた写真集とストールをあげました。

制作にはこちらのサイトを利用しました。→ 「フォトバック」 
お祝いの後は、ぞれぞれの部屋に戻ってジャグジーのお風呂に入って休みました。
e0105846_1050537.jpg
これは翌日の朝食。おかずがいろいろと、ごはんはお粥か白ごはんを選べて、それにお味噌汁が付きます。おひつごはんのお替わり付き。

腹ごしらえをして、ラウンジで食後のコーヒーを飲みゆっくりしてからチェックアウト。

e0105846_1051171.jpge0105846_1051318.jpg
e0105846_10514931.jpge0105846_1052368.jpg
向かうは「石の教会 内村鑑三記念堂」です。あいにくの小雨でしたが、雨の軽井沢も緑がきれいです。
e0105846_10521926.jpg

e0105846_180214.jpg「石の教会」ではちょうど結婚式も行われるところで、純白のドレスに身を包んだ花嫁さんが車で乗り付けるところも見ることができました。

e0105846_1801652.jpge0105846_1803078.jpge0105846_1804395.jpg

e0105846_1805585.jpg
ここからはちょっと別行動ありで、弟家族は近くの「とんぼの湯」へ。残りの私たちは「ハルニレテラス」に行ってきました。

e0105846_181834.jpge0105846_1812018.jpg
「カフェ&ブックス 丸山珈琲」では、きれいなハートの描かれたカフェラテとケーキでお茶。こちらでは絵本などを読みながらコーヒーが頂けます。

e0105846_18221394.jpg
続いては、日本のクラシックホテルの一つ「万平ホテル」へ。軽井沢に来たら、ここでお茶をしてから帰るのがひとつのステイタスだとか!?(タクシーの運転手さん談。)写真は正面玄関ではなく裏側なのですが、ホテルと言えども別荘風のデザインです。

e0105846_18222735.jpge0105846_18223950.jpg
軽井沢はジョン・レノン縁の地でもありますが、こちらのホテルにもよくいらしていたそうです。写真は資料室にあった、ジョン・レノンも弾いたと言われるピアノ。

e0105846_18225454.jpge0105846_1823692.jpg
喫茶室ではもちろんお茶も飲んできました。飲み屋のはしごならぬ、お茶のはしご(笑)!

e0105846_18232056.jpge0105846_18233393.jpg
ちなみに日本のクラシックホテルとしてホテル内に名前が挙がっていたのは、

東京ステーションホテル(東京)・・・横目では何度も見ているが入ったことはなし
ホテルニューグランド(横浜)・・・外観だけは見たかな?記憶にない・・・
金谷ホテル(日光)・・・写真で見たことがあるだけ
富士屋ホテル(箱根)・・・写真でみたことがあるだけ
万平ホテル(軽井沢)・・・今回お茶した
奈良ホテル(奈良)・・・今年、横を通り過ぎた(笑)

こんな感じで、なかなかご縁がありません。それにしても、万平ホテルのホテルマンはさすがでした。車に乗り込むまで傘をさしてくれたりと、気持ちのいいおもてなしをしてくださいました。

軽井沢の別荘街を走りながら、新緑の頃も紅葉の頃もきっときれいだろうな~と思いながら、そろそろ駅に向かいます。もっとみたいところはいろいろあったのだけど、今回は子連れ12人の旅、お楽しみはまた今度ということで!

長いことお付き合いありがとうございました。今週はやっと金曜日。疲れた~。よい週末をお過ごしください。

[PR]
by higumake | 2013-10-25 21:00 | 日々のくらし | Comments(4)

林檎ケーキをおすそわけ

無農薬の紅玉が手に入ったので、とっても久しぶりにりんごケーキを焼きました。
e0105846_10225358.jpg
今回は、1台分のレシピで、小さめの型二つに分けて焼いてみました。

e0105846_1023212.jpg
一つは食べやすい大きさに切ってから、箱に詰めて友だちに。いつも行事の写真を下さるので、そのお礼として。

e0105846_10231167.jpgラッピングに使った箱は、スーパーの果物が入っていた箱。そこに「IKEA」の紙ナプキンを敷いてからケーキを詰め、透明袋に入れ、メッセージカードを付けました。10月なのでハロウィンバージョン。これも私がちょきちょき切って。

きれいな空き箱は取っておくと、大げさにならないラッピングとして使えます。


リンゴケーキの材料と作り方(直径20センチ前後の型一台分)
1:ボウルに卵2個を割り入れ、砂糖50グラム、溶かしバター60グラム、ラム酒大さじ1を順に加え,そのつど泡立て器で良く混ぜる。

2:薄力粉100グラムとベーキングパウダー小さじ1を合わせて振るい入れ、ゴムベラに持ち替えて全体を手早く混ぜる。

3:型に流し入れ、クルミを適量散らし、皮を剥いたリンゴ1個をくし形に切って、あればレモン汁を振っておき、生地の上に並べ全体に砂糖とシナモンを振る。

4:170度のオーブンで25〜30分間焼く。竹串を刺して生の生地がついてこなければ出来上がり。

[PR]
by higumake | 2013-10-22 10:24 | レシピ | Comments(2)

こどもボーダーTシャツ

気に入っていてヘビーローテで着ていた「NIMES(ニーム)」のボーダーT。シミをつけてしまい(涙)ちょっと着られなくなってしまったので、シミを避けてカットし、娘用のボーダーTに作り変えてみました。

e0105846_16402718.jpge0105846_1640437.jpge0105846_16405338.jpg
パターンは「CHECK&STRIPE布屋のてづくり案内」のもの。私のボーダーTには袖にボタン飾りがついていて、そこを避けたら長袖分のパターンが取れず、袖は8分丈くらいになりました。でもその方がすっきり着られそうでよかったかも?です。

e0105846_1649887.jpge0105846_16492227.jpge0105846_16493583.jpg
サイズは今年用にと100センチで。只今身長100センチのこっちゃん、ジャストサイズでございます。ただ首周りはボートネック型なのか、ちょっと開き気味で、下着の紐は見えてしまいます。

私はと言えば、「無印良品」で新しくボーダーTシャツを買いました。これ、オーガニックコットンで気持ちいい!しかも今なら2980円が2500円!「セントジェームス」とか「オーシバル」とか、ボーダーTシャツと言えばなブランドがあるけれど、無印で十分かも~と思ってしまいました。
[PR]
by higumake | 2013-10-21 21:13 | 手づくり | Comments(4)

ウインナー弁当

キャラ弁センスのない母ですが、ウインナーの飾り切りくらいは出来ます!
e0105846_9292260.jpg
タコと、魚と、カニさん。これしかできないとも言う(笑)。こうして出来た脱力弁当。炊き込みご飯に、ブロッコリーに、ウインナーと茹で卵に柿。
e0105846_929341.jpg
最近、一週間がびっくりするくらい速いです。今週は月曜が祝日で水曜日も休校だったりしたからかなぁ。やることがいっぱいあるのだけど、やるべき家事もいっぱいあって、ずーっと何かしています。夫は今、仙台。牛タン食べたりしているらしい。いや、一応仕事なんだけどいいな~。私もたまには出張したい。(ただの家出か!?)

若干疲れた今週・・・。でも明日から一泊で軽井沢に行ってきます。それを楽しみに今日もがんばります!
[PR]
by higumake | 2013-10-18 08:00 | お弁当 | Comments(2)

台風26号

e0105846_10293825.jpg10年に一度の規模といわれていた今回の台風。区内でも厳戒態勢が敷かれ、危険が予想されるからと、全小中学校は休校となってしまいました。

が!幼稚園はあるという(笑)。登園降園は親が責任を持てるからいいのかな。

休校が決まって、まっさきに「おれたちは何を食べそびれてしまうのか」と言わんばかりに、給食の献立表をチェックしていたわが家のカブトムシたちです(笑)。

こうして迎えた今日の朝でしたが、台風は大したことなく、電車も動いているし、雨もやんでいるしで夫は通常通り出勤。こっちゃんも通常通り登園してきました。

只今暇な息子たち・・・そうくんもようぴも勉強しています。・・・え、えらい。「暇なんだったら勉強すれば?」とずっと(10年間)言い続けてきた成果が今、出ております!母(=私)による一種の洗脳です。

写真は、今日の登園をこっちゃん、ようぴ、私の3人でしてきた帰り路に、ようぴと一緒に拾ってきたどんぐりです。暴風の影響で、まだ若く帽子をかぶったドングリがたくさん落ちていました。

幸いこちらの方は何もなく過ぎて行った台風でしたが、大変な地域もあるようです。これ以上被害が拡大しませんように・・・。
[PR]
by higumake | 2013-10-16 10:00 | 日々のくらし | Comments(4)

ちひろ美術館「長新太展」へ。

連休3日目、お昼ごはんを家で食べたら、家族揃って「ちひろ美術館」へGO~!
e0105846_1716588.jpg
現在公開中なのが、長新太展となれば、行かない訳にはいかず。・・・と強く思っていたら、新聞屋さんの無料チケットにも当たり(ラッキー)、それを携えやっと今日行くことができました。

e0105846_17171341.jpg
長新太さんの絵本は何冊も持っているけれど、どれもこれもそれぞれに魅力いっぱいで、わが家は夫も私もそうくんもようぴもこっちゃんも、それぞれにお気に入りを持っています。中にはぶっ飛びすぎていて、一般人には計りしれないところもあるのですが(笑)、それは彼が突き抜けているからだと思う。

新井良二さんの絵も魅力あるけれど、彼のは最近はもう、大人の絵本みたいな感じがする。でも長新太さんのものは、かつて子どもだった大人含め、全ての自由な心を持つ子どものための絵本と言う気がします。そしてナンセンスでびっくりな中にも、詩的な風がすーっと通っているのです。またいろいろと読みたくなってしまいました。
[PR]
by higumake | 2013-10-14 17:25 | 日々のくらし | Comments(4)

「手から手へ展」へ。

あれ?検索しても出てこない・・・と思っていたら、書き途中で公開してなかった!と、慌てて公開。子どもたちにもどうしても見せたくて、家族で「ちひろ美術館」へ行ってきたときの記録です。

e0105846_165361.jpg「手から手へ展」は、日本の絵本作家たちが中心となって、「3・11後の世界から私たちの未来を考える」というテーマで世界の仲間に呼びかけ、作品を募った展覧会です。主催者代表の降矢奈々さんのメッセージはこう。

子どもたちの未来のために
これ以上負の遺産を増やしてはならない。
誰かの犠牲の上に成り立つ
豊かさから決別したい。


絵本作家たちは、子どもたちの近くにいる人たちだから、だからその思いは、未来を生きる子を持つ母の気持ちにも近いのかもしれないと思います。人の親でも経済優先という考えの人もいるだろうけれど、私はやはり人の命はお金より重いと思いたい。子どもたちが生きる未来に、核のゴミを押し付けたくはありません。
入口には「手の木」があって、来場した人たちの手形と共に、メッセージも張り出されていました。私たち家族も観終わった後、5人それぞれに自分の手形をとり、メッセージを描いてきました。こっちゃんも自分の手型にたくさんの色を重ねてきました。
e0105846_1673162.jpg
私は、細かくは忘れてしまったのだけど・・・
「毎日温かいごはんを食べ、ふかふかのお風呂で眠り、子どもたちは外でいっぱい遊んで大きくなるんです。そんな日常をおびやかすものは、必要ありません」
と母の立場からの反原発メッセージを。

絵を愛する小学生のようぴは、
「僕は絵を見るのが大好きです。また大きな地震が起きても、また美術館へ来て、絵を見たいです」
と素直な気持ちを。

夫のが彼らしくて良かったんですが、後からふたりして思いだせなくて。でもこんな感じのメッセージでした。
「人間はうまく考えることができないから、一度無くしてみないとわからないことがあります。もう一度自分の頭で考えてみよう。」
そんな感じのことを、もうちょっと分かりやすく書いていました。

そして中学生のそうくんのがこれ。
「それでも 前を向いて 歩いていこう あなたも わたしも」

まさにこれからの世界を生きるこどもが、そんな前向きな気持ちを書いていたことに、私はとてもうれしかった。この子たちの未来は、今よりましなんじゃないかって。

私も子どもたちも原子力発電を選んだ覚えはありません。生まれた時にはもう既にそれがありました。3・11で日本人は変われると思ったのに、また元に戻ろうとしている日本。そのことに対して私の中には、残念ながら静かな怒りがあります。でもある絵本作家も書いていたように、

気づいた人から 声を出そう
そして一緒に 手をつなごう
そうすれば きっと きっと 変えられる

(原文はひらがなだったかな?)

そう信じていきたいです。

これ、7月中に書いていたのに、公開するのをすっかり忘れ、東京での展示もとーっくに終わってしまいました・・・!でもこの後島根、横浜、京都と日本を巡回していく予定のようです。興味のある方はぜひ足を運んでほしいです。

自分のこととして考えていこう!

[PR]
by higumake | 2013-10-14 17:20 | 日々のくらし | Comments(0)