<   2017年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

バレンタインも女の子だけでやるらしい

新宿伊勢丹でこんな冊子をもらってきました。

”バレンタインが男の子にささげるイベントだって誰が決めたの?
ガールズが主役でわがままに過ごしたってそろそろ良いんじゃない?”
つまり、GAL+VaientineでGalentine

という新しいバレンタインの提案だった。

e0105846_11302858.jpg

いつからか、デパートのバレンタイン特設会場は
世界のチョコラティエたちが競い合う聖地になったけれど、
ここで女性たちが買うチョコで一番予算が高いのは、
自分へのご褒美チョコという統計を見たことがあります。
真剣に選ぶのは自分用。

以前次男が、「友」と書いてある友チョコを女子からもらってきたり、
ついには男子からもチョコをもらってきて、これには本人も
「ホワイトデーにはお返ししたほうがいいんだよね?男子にだけど・・・」
とかなり戸惑いを隠せずにいたけれど、
ついに時代は男子要らないというところまで来たのか!!!
と、その昔男子にチョコをあげるあげないで
キャーキャー言ってた時代を過ごした身としては
とても感慨深かったです(^-^)

余談ですが・・・
スパッツのことをレギンスと言うようになって久しいですが、
最近ようやく夫も、スパッツではなくレギンスと言うようになりました。

新宿デパ地下で夫がつぶやく。
夫「チョコをいつからかショコラとか言いはじめたでしょ。
もうそのあたりからそれは俺の物ではなくなった感じね。
違和感を感じるんだよ、ショコラには。」

私「じゃ、これもそうでしょ。
マシュマロのことをギモーブとかいうようになったこと。」

夫「・・・ギモーブに関しては、俺はまだ知らない。
知るところまで至ってはいない。」

42歳のおじさんは
日々流行から取り残されているようなのでした。

[PR]
by higumake | 2017-01-31 12:00 | 日々のくらし

持ち寄りごはん会覚書

昨年の暮れの友人宅での忘年会の写真なのですが、
持ち寄りごはんのネタは隠れた人気コンテンツ?のようなので
その時のテーブルをご紹介します。

e0105846_119224.jpg

手前から
豚バラと大根の煮物、キーマカレー、ジャガイモのサラダ、人参しりしり、
れんこんのきんぴら(おかか味)、人参ラペ、きのことジャガイモの炒め物、
スモークサーモンのマリネ、「コストコ」シュリンプ入りのグリーンサラダ、
シュトーレン、パン3種くらい、白い米


e0105846_119226.jpg

更に、鶏の丸焼き!
こういうものがあると、一気にテーブルが華やぎます。
場所やごちそうを用意してくれた友人、ありがとう!
ごちそうさまでした。



[PR]
by higumake | 2017-01-31 10:00 | おもてなしごはん

冷蔵庫内の3つのトレー

15年物の冷蔵庫とお別れし、新しい冷蔵庫を迎えた先月。
もうすぐひと月たつので、やっと慣れてきました・・・。

e0105846_10142606.jpg

※写真は、これから中身を詰めようという途中段階のもの。

今までは片開きだったのが観音開きに
野菜室と冷凍室が左右に分かれていたのが上下に
といろいろと規格が違うので当初は大変戸惑いました。
あ、ちがう、あ、ここじゃないっ、と。

そして冷蔵庫は今までも比較的すいていたので
ダウンサイジングしてもよいと思っていたのに
省エネ対応など、いろいろちゃんとしている
かつ、お値段が安いのは400リットル以上の物で
結局今までより20リットルくらい容量の大きなものになりました。
だからもう、中身すかすかで・・・。
収納庫として、缶詰とか瓶詰とか非常食も
入れてしまおうかと思ったりするくらいです(^-^)

さて、冷蔵庫中段の3つのトレー。
ここは朝用、昼(弁当)用、夜用といった感じに
用途別のものを分けて納めています。

左は晩ごはん用
刻みニンニクのオイル漬けや頂き物の唐辛子味噌やゴマダレ、
手づくりのタレなど、主に夕飯調理に使うものを。

中央は主にお弁当用
鮭フレークや梅干し、昆布の佃煮、ふりかけ、
仕切り用の大葉(水を1センチ張った瓶に入れてある)など。

右は朝ごはん用
ピーナツクリームやジャムを乗せています。
ちなみにその右横にある琺瑯容器にはバターが入っています。

使用時にはトレーごと出し、
使い終えたらそのまましまえるので便利です。
トレーはダイソーのステンレストレー。100円です。


[PR]
by higumake | 2017-01-30 21:00 | 収納とくらしのアイデア

持ち寄りメニュー~チリコンカンと人参サラダ

先日の持ち寄りごはん会に持って行ったもの。
ひとつめはチリコンカン。
男子のお腹も満たせるように、ごはんにもがっつり合いそうなものを。

e0105846_11330607.jpg


チリコンカンはちょっとラクをして、チリスパイスミックスを使用。

e0105846_17452757.jpg


裏面に作り方が書いてありますが、
そのままのレシピだと味が濃いので、私はそこにみじん切り玉ねぎを1個分プラス、
豆を1.5倍に増量して作りました。
子どもも食べるので、ちょっとマイルドにするためにケチャップも大さじ3ほど入れてみました。
上の材料はすべて「カルディ」で調達できます。

e0105846_11330385.jpg

二つ目は人参サラダ。

本当は買い物に行こうと思っていたのですが、あまりの寒さに断念。
家にあるものだけで作ったので、これもオレンジ色のもの(^-^)

千切り人参2本分を、オリーブオイル大さじ2、酢大さじ1、
粒マスタード小さじ2、砂糖小さじ1、塩少々で和えるだけ!
フライパンで炒ったクルミを加えて、フライドオニオンも乗せてみました。

e0105846_11330898.jpg

三つ目は大人おやつ用のビスコッティ。
なかなか使い道のなかったふすまを入れて。
まとめるのが難しく、作っている時にはボロボロになりそうでしたが
焼くとちゃんと固まりました。
ビスコッティの分量は、只今試行錯誤中です。

持ち寄りおかずのヒントになればうれしいです。


[PR]
by higumake | 2017-01-28 00:00 | おもてなしごはん

見本誌が届きました。

2月2日の発売を前に、見本誌が届きました。
e0105846_10135542.jpg

私が最後に見せてもらったものは、
印刷されたばかりのさらっとした紙質の表紙。
その後そこにつやっと加工(本当の名前は違うが失念)がなされ、
そうして出来上がった表紙は、キッチンで多少水がかかっても大丈夫そうです!

本の中には、ブログ内で検索の多いものをたっぷり詰め込みました。

ローストビーフ、鶏ハム、チャーシュー、
梅シロップに、秋刀魚ごはん、塩豚ポットロースト
牡蠣ごはんや牡蠣のオイル漬け、
塩麹から揚げもあるし、きつねちらしやイクラの醤油漬けも
誕生日ケーキのタルトからお手軽おやつわらび餅
餅ピザにおせち料理にお雑煮レシピなどなども入っています。

もう検索のお手間は取らせません(^-^)!

日々のごはんのつたない写真は私が撮りましたが、
コラムや季節ごとの扉の写真は
暮らしの本界で有名な方に撮っていただきました。

e0105846_10111232.jpg

さらに本のデザインは、大大大好きで全巻持っている
大橋歩さんの雑誌を担当されていたデザイン事務所にお願いすることができました。

e0105846_16315232.jpg
隣の家のごはんをのぞき見するように、楽しんでいただけたらと思います。
「amazon」で見てみる 「楽天ブックス」で見てみる
どうぞよろしくお願いいたします。

※パソコン?wi-fi?とにかくどこかのマシーン(←アナログ笑)の調子が悪いらしく、
たびたび突然ネットが切れてこのお知らせも一度きれいさっぱり消え書き直しました・・・
昨年、家電が次々壊れる惨事に見舞われ家電貧乏の我が家ですが
それ、まだ続いているのでしょうか・・・涙

[PR]
by higumake | 2017-01-27 12:00 | お知らせ

新年会ごはん

友人たちと新年会をしました。
今回は高校生になった子どもたちもいっしょに!ということで
夕方から開催。

e0105846_1132777.jpg

ケータイのカメラでは全貌が撮れない!

e0105846_1132743.jpg

食べ盛りの男子高校生がくるとあり、
母達は萌え気味に!?料理。
炭水化物、多めです。

「ごはん日記」書籍内にもネタとしてある
「持ち寄り”逸品”会」の今回のメニューは

手ごね寿司、稲荷ずし、スパムおむすび、カレードリア、ただの白い米(笑)
タコとカリフラワーとトマトと胡瓜のマリネ、
スモークサーモンとアボカドの生春巻き、
小葱とハムの韓国風サラダ、人参サラダ、シーフードのバジルソース、
ハーブが香るローストポーク、ホタテのカルパッチョ、チリコンカン
カボチャのサラダに、茹で卵入りミートローフ
そして豚汁もある!

e0105846_1132735.jpg

e0105846_1132875.jpg

e0105846_1132869.jpg

ミートローフにはソースもついています。

このあとのデザートタイムには、シフォンケーキも出てきました。

18時から開催していましたが、部活のある子たちは
19時、20時くらいから合流。
男子たちなので、基本的に彼らはあまりしゃべらず(笑)
もっぱらしゃべっていたのは母たちなのですが、
この日も食べて飲んで笑って、本当に楽しい時間でした。



[PR]
by higumake | 2017-01-26 11:00 | おもてなしごはん

席順

わが家には部活がいくつかあります。
その中のひとつ将棋部には、夫、長男、次男の3人が所属しています。
この将棋部が最近新入部員の勧誘に成功したようで、
小1の娘も入部したようです。
まずは駒の動き方を覚え、今はいろいろな戦形を学んでいるところらしい。

e0105846_17194796.jpg

話は変わり、3学期になったので、最近クラスでは席替えがあった模様。
席は先生が決めるようなのですが、
娘「○○さんとはいつも席が隣とか後とかで近いんだけどね、
今回はちょっとだけ離れたの。
えーっと…私が桂馬なら、○○さんはその桂馬が進める場所、右の方ね!」
と説明されました。

将棋女子、クラスの席順が盤面に見えるようです。

そういえば・・・かつて長男からは
「升目を見ると詰将棋を書きたくなるよね?」と同意を求められたことがあります。
が。私の答えはもちろん「うーん、ない!」です(即答)。


[PR]
by higumake | 2017-01-23 15:00 | こども

新設部活動

今までにあったのは、前述の将棋部。(部員:夫、長男、次男、長女)
手芸(たまに洋裁)部(部員:私、次男、長女)
料理部(部員:私、次男、長女)

e0105846_14244515.jpg

昨年、新たに新設されたのが
「競技かるた部」(部員:私、長男、次男、長女)

小学校の百人一首大会に向け、その直前は娘、泣きながらの特訓もしていました。
とにかく100首覚えるために、45リットルゴミ袋を開いて油性マジックで100首書き、
お風呂用のポスターを作成する、という活動もしておりました。

かるた部は文化系の部だけれど、部長が娘なので、実態はかなり体育会系です。

他に新設されたのは、
「工芸部」(部員:夫のみ。結構本格的に活動しているのだが、誰も入部しない。)

「アコースティックギター部」(部員:長男)
毎月のお小遣いと将棋コーチのバイト代をつぎ込んでギターを購入していました。
学校の音楽の授業でギターをやらせてもらったようで
そこで火が付いたようです。
スピッツの曲から入り、
今は星野源の「SUN」や「恋」なんかも弾けるようになりました。
あと「積水ハウス」の曲(笑)。
ギターって、初心者でもそれなりに弾けるようになるまでが
とても早い楽器なのだなと思いました。


「美術部」(部員:次男)
一人で上野の美術館にゴッホ展を観に行ったり、
一人で「世界堂」に筆を調達しに行ったり、
週に一度は絵画教室で絵を描いたりしています。
美術館めぐりにはたまに夫、私、長女も混ぜてもらうのですが、
この3人は基本幽霊部員です(^-^)

[PR]
by higumake | 2017-01-23 14:00 | こども

「ひぐま家ごはん日記」 出ます!

「料理は嫌いじゃないのよね。でも好きか?と聞かれたら、好きとは言えない、
言いたくない(笑)!毎日じゃなければいいのにね・・・」

これは私がまだ子どもだった頃、大勢のお客様料理に腕を振るっていた母がふと漏らした言葉。
料理上手な母がそうつぶやいたことに当時は驚きましたが、母には及ばないけれど、
今同じ立場にはなって、その気持ちがよーくわかる私です。

そう!ごはん作り、せめて毎日じゃなければいいのにね、と。
e0105846_08414909.jpg


たまに愚痴をこぼしながらも、それでも続けてきた毎日の食事の準備。
そんな日々のごはんの記録が本になりました。

テレビや雑誌や書籍のお料理より、
ときには友達の家の晩ごはんの方が参考になる、ということがあります。
そんな風に、わが家のリアルごはん日記とそのレシピが、
言ってみれば「毎日がネタ切れ!」の食卓の一助となれば
とてもとてもうれしいです。


内容は・・・
「これでいいんだ!」と全国の母たちを脱力させたお弁当や
検索件数の多い塊肉料理「鶏ハム」「チャーシュー」や「塩豚のポットロースト」等
(↑私もいちいち自分のブログを検索して作っていた(^-^)
秋刀魚ごはんに、牡蠣のオイル漬けや持ち寄りおかず
お正月やクリスマスのテーブル、青梅や新生姜などの季節の仕事
その他、大学芋から誕生日ケーキまで、おやつのレシピもいろいろです。

さらに、うちのキッチンの間取りや
台所仕事の工夫などのコラムもいくつか挟んでおります。

e0105846_08523249.jpg

※図もキッチン眺めながら自分で起こしました。
すべて書き下ろし、写真もいくつかを除いてほぼすべて撮り下ろしましたので、
また新鮮な気持ちで眺めていただけるのではないかと思います。

e0105846_08415238.jpg
もう買っちゃう!というありがたくも稀有な方のために
こちらにリンクを張っておきます。

「amazon」で予約  「楽天ブックス」で予約

最後に・・・
こんな本を出させていただけるのは、
いつもブログを見てくださる皆様のおかげです。
この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございます!
本は2月2日に発売予定です。よろしくお願いいたします。

e0105846_9254016.jpg


毎日のごはん作りは決して楽な仕事ではありません。でも、
誰かのためにごはんを作ることは、
誰かの生きる力にはなっている、と思っています。


[PR]
by higumake | 2017-01-20 17:20 | お知らせ

おやつ日記~四角いパイの実

買い物に出ると余計なものまで買ってしまいます。なので
ちょっと足りないものがあっても買い物には行かず、
家にあるものでどれだけのものが作れるか
一人ひそかにチャレンジ中です。

e0105846_10414959.jpg

スーパーに行ってつい買ってしまう余計な物一位は
私の場合、お菓子なのではないかと思う。
というわけで、今お菓子の在庫が家にない。
でも無性に食べたくなり、
冷凍庫に眠っていたパイシートを使って、
娘と一緒に実験をするかの如く
ミニチョコパイを作ってみました。

e0105846_10522714.jpg

材料はこちら。
パイシートは19センチ角1枚、板チョコ、卵黄+ちょっと牛乳。

冷凍パイシートは半解凍して
縦横それぞれを八等分し、64枚の正方形を作る。
指で少し伸ばし、適当な大きさに砕いたチョコを乗せ、
端をフォークで潰して2枚を貼り合わせる。

卵黄にちょっと牛乳を混ぜたものを表面にしっかり塗る。
ここでしっかり塗っておいたほうが、
出来上がりの表面がツヤッとカリッとなっておいしい。

200度のオーブンで15分くらい焼く。
最後もう少し焦げ目が欲しくて、
うちのオーブンでは17分くらい焼いたかも。

e0105846_10414979.jpg

「これから帰ります」メールをくれた夫に写メしたところ
「すげー!明治の工場のようだ」と返信あり。
「パイの実のメーカーはロッテです。
今、全ロッテが泣いています」
と私は返信しておきました(^-^)

e0105846_10573963.jpg

中身のチョコはイケアのもの。
ビタータイプを入れたので、大人のパイの実になりました。

これ、生地に穴を開けなかったからか、
焼いている途中、パンパン爆発してどうしようかと思いました。
チョコは溶けないタイプのようで
中身が流れ出てしまうようなことはありませんでしたが、
フォークで生地に穴を開けてから作った方がいいのかな???
元から穴が開けてあるパイシートも見かけたことがあります。

次回、フォークで生地に穴を開けてから作る方法を試してみたいと思います。

観察し→仮説を立て→実験をし→考察する
これは科学の考え方。(「考えるカラス」最近見てないな)
お菓子作りも科学なのだなぁ。

[PR]
by higumake | 2017-01-18 19:00 | おやつ