牛乳パックの使い道

牛乳パックはリサイクルの対象ですが、ひぐま家ではリサイクルには回さず、開いて箱に保存してあります。何に使うかというと、まな板代わりにこの上で魚をさばいたり、バット代わりにフライにするものに粉をまぶしたり、この上にペーパーを敷いて揚げ物を受けたりしています。使い終えたらそのままゴミ箱へ。洗い物も減るし、なかなか便利と使っています。

e0105846_14115865.jpg

また開かずにおいたパックもいくつかとってあります。これはたまに出る廃油をここに入れて捨てるため。新聞紙をまるめて一枚くらい入れた中へ油を捨て、鍋に残った油はトイレットペーパー等で拭って、そのペーパーもこの中に入れ口を2,3回折ってから捨てる。油漏れもしないし、キレイに捨てられて重宝です。

廃油処理には固める薬剤や吸わせるタイプのものなどいろいろありますが、結局ひぐま家はお金のかからないこの方法に落ち着きました。が一般家庭ではどうやって使い終えた揚げ油を処理しているのか興味はあります。そもそも揚げ物をしない、という家庭もあるようですが。
[PR]
by higumake | 2007-01-06 14:57 | 収納とくらしのアイデア


<< シデ(四手)の作り方(訂正版) 初挑戦ライスコロッケ >>