weckの保存瓶

イチゴマークでおなじみweckの保存瓶。ドイツ語読みだと「ヴェック」で、英語読みだと「ウェック」、どちらの読み方でも売られていたりするけれど、たしかドイツのものだから「ヴェック」が正解だと思う。近頃はジャムやコンフィチュールなどを、サイズ違いのこの瓶に入れて売られているのも見かけます。もちろん煮沸消毒できる耐熱性のものなので、プリンなんかもこれで作ったらかわいいだろうなあ。

e0105846_8185252.jpg

私が持っているのはこの1リットルサイズの保存瓶。パッキンと留め金もついていましたが、たいていはガラスの蓋をちょこんと乗せて使っています。中にはこうしてスコーンを入れたり、クッキーを入れたりして、おやつジャーとして使うことが多いかな。それをキッチンのカウンターにおいているので、洗い物しながら、お料理しながらついついつまんでしまうのですが・・・。でも瓶の中におやつが入っている状態、けっこう幸せなものがあります。

ジャム瓶サイズの使い勝手はどうかな?と小さいサイズにも興味がありますが、まだ手に入れるまでには至っていません。
[PR]
by higumake | 2007-06-25 08:42 | 収納とくらしのアイデア


<< こうちゃんの簡単料理レシピに挑戦! 手ぬぐいで文庫本カバーとコースター >>